グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジーwiki
プロトバハムート(プロバハ)HL攻略/ドロップと注意点

【グラブル】プロトバハムート(プロバハ)HL攻略/ドロップと注意点【グランブルーファンタジー】

最終更新 :
グラブル攻略からのお知らせ
24日19時から属性別スターレジェンドガチャ開催!

グラブルのプロトバハムートHLを攻略!ステータスや行動パターン、HPごとの特殊な行動から、自発条件、クエストの注意点などを掲載しています。

6/18のアップデートにてドロップに特別報酬(青箱)が追加予定です。

【クエスト情報】

【参加する前に確認しておきたい点】

【プロトバハムートHL攻略】

バハ武器/バハムート関連の記事はこちら
▶プロバハ攻略▶プロバハHL攻略
▶バハ武器評価一覧▶バハ武器作成/素材集め

プロトバハムートHL基本情報0

自発条件と出現場所

必要Rank101以上
参加人数18人
自発条件90AP消費
バハムートの角 1個消費
出現場所ザンクティンゼル/碧空の神域
解放条件プロトバハムートを自発してクリア済み

自発素材の集め方

バハムートの角
プロトバハムート戦でドロップ

参加するメリット

1:バハムート武器のフツルス化に必要

バハムート武器のフツルス化する際に使用する素材『バハムートの紫電角』を入手可能。1本フツルス化するためには5個必要となるため、積極的に挑戦して集めよう。

バハムート武器一覧はこちら

2:栄誉の輝き集めにも活用できる

プロバハHL戦では『栄誉の輝き』が救援で最大70、自発なら最大100まで入手可能。HL戦の中でも一度に入手できる数が多いため、クリアが安定する環境があれば栄誉の輝き稼ぎにもなる。

箱別ドロップ情報0

6/18のアップデートにてドロップに特別報酬(青箱)が追加予定です。

金箱
(くるりん)
バハムートの紫電角
覇者の証
究竟の証
碧空の結晶
赤箱ヒヒイロカネ(極稀)
バハムートの角
覇者の証
各属性の真なるアニマ
ソウルパウダー
バハムートの紫電角
金箱栄光の証
各種バハムートウェポン
各属性の真なるアニマ
銀/木箱なし

参戦前に覚えておくべき注意点/マナー0

絶対に覚えておくべき要点

  • 全体の攻略の流れを予習しておくことが必須
  • ダメージカットを数多く編成しておくこと
  • 戦力面のハードルもそれなりに高い
  • 18人全員が揃ったら攻略開始
  • とにかく全滅しない動きが重要
  • グラビティ/麻痺/ブレイクキープは特定のタイミングまで使用禁止
  • 敵HP50%までは弱体効果対策が必要
  • モードが切り替わるごとにCTMAXが発動する
  • 全体を通してブレイク明けに注意

(※特殊技に関しては『特に対策が必要な特殊技』の項目へ。)

全体を通して対策を覚えておく必要あり0

100%カット必須やチャージターンMAX、受けてはいけない特殊技が満載のボス。また特定の弱体効果を解禁するタイミングなども攻略によって決まっている場合があるため、各HPごとの対策を予習しておくことが必須。

ダメージカットが大量に必要になる0

18人マルチかつ、ホーリーセイバーが多めに参戦するためファランクスを頻繁に受けられるボスではあるが、100%カットが短いターンで複数回必要になるため自前でのダメージカットが数多く必須。他のボスよりも入念にダメカを準備する必要がある。

ライターA個人的には闇耐性を含めて30%以上のダメカが3個以上というのが目安だと思います。またファランクスと組み合わせて全属性100%カットが必要になる場面も多いので、自前でアテナ(もしくは水着レ・フィーエ)を用意しておくのがかなり重要です。
オススメはアテナ1個+3凸闇カーバンクル2個。これに満たない場合はキャラで補う必要アリ、というイメージです。

戦力目安は有利50万/トライアル5万ダメ0

HP50%以下では特殊技は常時対策が必要になるため、何度も受けていると召喚石やアビリティの使用間隔の問題でジリ貧になりやすい。そのため参戦者全体でそれほどターン数をかけずにOD/ブレイクさせる火力が必要になる。また通常攻撃を耐えられるHPも重要。

ライターA『全員がキッチリ動ける』という前提ならそれほど難易度が高いボスではありませんが、それでもある程度の戦力は求められます。火力は某計算機(個人的にお世話になっております)で有利50万以上、もしくはトライアルの闇属性の敵に対してバフ/デバフ無しで5万ダメージ以上というのがよく使われる指標です。HPも1万以上は用意しておきたいですね。

HLの基本だが特に意識すべきこと0

1:参戦者が全員揃ってから開始すること

プロバハHLは特に長期戦になりやすいHLマルチ。30分以上かかることも多々あるため、HLの基本ではあるが必ず18人全員が揃ってから攻略を始めること。一斉に攻略を始めることで、敵の弱体耐性を無駄にあげることがなくなる。

2:何がなんでも全滅しないこと

こちらもHL全般に言えることではあるが、プロバハHLは特に事故要素が多く、また役割が分担されているため1人が動けなくなるごとに攻略難度が上がりやすい。そのため危険な場合や動けなくなった場合は無理に動かず、安全に行動すること。特に主人公が戦闘不能になるのはNG。

グラビティ/麻痺/ブレイクキープの運用0

1:敵の耐性を上げないために温存

弱体効果『グラビティ』と『麻痺』、『ブレイクキープ』は、狙ったタイミングで付与できるかどうかが非常に重要で、攻略に大きな影響を与える。そのため、敵の耐性を上げないよう途中まで使用しないのが基本。

2:各弱体効果の解禁タイミング

グラビティ
土モードで解禁。
風モード中は無効なので、HP50%を切ったら再度付与する。
麻痺
HP50%以下で解禁。
特に50%以下のOD中、25%以下の通常時に狙うのが理想。ブレイク中はできれば控えておきたい。
ブレイクキープ
HP50%以下で解禁。
2度目の付与率が非常に低いので、HP50%以上での使用は厳禁。
ライターAあらかじめ打ち合わせを行ったうえでなら開幕から使うということも考えられますが、一般的には開幕は温存するという流れになっています。特に麻痺はHP50%以下で付与できることが非常に重要なので、ソーンを編成している場合などは不用意に奥義後に3アビを撃たないよう注意しましょう。

敵HP50%まではマウントが非常に有効0

HP50%まではプロバハから付与される弱体効果が非常に厄介。クリア役が居るためマウントが無くてもどうにかなる場面もあるが、睡眠/石化が特に致命的なのでなるべく用意しておきたい。

▲1ターン目の特殊行動にも有効。クリア要員なら編成しておきたいアビリティのひとつ。

ライターAなおセージならサポアビによってアビリティ封印を食らわないので、マウントなしでも大丈夫ではあります。ゼニスアビリティは基本ベールだと思いますが、準備中にマウントを貼っておける点、ゼニスアビリティをキュアーフェンやディスペル・シージにした際でも対応できるのが利点です。

モードが切り替わるごとにCTMAX0

プロトバハムートHLは特殊行動が少ない代わりに、各モードに切り替わるごとにCTMAXが発動する。特殊技の回数が多くなりやすいことに加え、特殊技を2回連続で食らうといったこともありえるため、モード切り替え直前は待機するといった動きも重要。

ブレイク明けの特殊技に注意しよう0

モードにもよるが、通常時の特殊技でも壊滅する危険あり。上記のようにチャージターンがMAXになる機会が多いボスなので、スロウを持ち込むことに加えてブレイク中にチャージターンが溜まった場合はかなり早い段階で攻撃を止める必要がある。

▲ブレイク中のスロウ効果が非常に有効。ブレイク明けまで攻撃し続けることができるようになる。

特に対策が必要な特殊技0

絶対に覚えておくべき要点

  • 土/風モードの特殊技はダメージカット推奨
  • 風モード『終末の風』はHP回復で対応
  • 敵HP50%以下の特殊技は基本100%カット
  • 『HP50%~25%のOD時』と『25%以下の通常時』は特殊技を受けないように注意
  • HP25%以下では通常攻撃に対してもダメカ推奨

特殊技/ダメカ対応表0

HP/モード通常時OD時
100~90--
--
--
100%カット推奨100%カット推奨
70%カット推奨70%カット推奨
50~2570%カット推奨受けない
(自動復活持ちのみ
チャレンジ可)
25~0基本受けない
(100%カット推奨
+HP95%以上)
闇100%カット必須

土/風モードの特殊技はダメージカット0

1:特に土モードは単体大ダメージ

土モードの通常/OD両方で使用する特殊技『アースグレイブIII』は単体に2万以上のダメージ。ガルーダ召喚の幻影などでも対処できるが、受ける場合は100%近いダメージカットが必須。


2:風モードはHPが少ないと危険

風モードの特殊技『ウィンドIV』も威力が高い。HPが多ければ対策無しで受ける選択肢もあるが、HP1万程度では危険なので基本的には70%以上のダメージカットで対策することが推奨される。

風モード『終末の風』は強制でHP10

風モードはこちらのHPを強制的に1にする無属性ダメージ『終末の風』が特に厄介。ダメージカット等は無効のため、受けた後は回復で対応するしかない。特にビショップ/セージはヒールオールを多く使用すること。

ライターA風モードでは通常/ODのどちらでも『ウィンドIV』と『終末の風』を使用するので、非常に立ち回りが難しい場所です。そのため、特殊技の発動を防ぐために風モードからパーシヴァルの恐怖を解禁する攻略も多いですね。

敵HP50%以下の特殊技は100%カットor受けない0

HP50%以降は、ダメージカット無しでは壊滅してしまう特殊技が多い。ここからは特殊技を受ける場合、100%カットを用意するのが基本となる。また、受けてはいけない特殊技も存在することは覚えておこう。

受けてはいけない特殊技0

(※重要)

1:敵HP50%~25%のOD中

HP50%~25%のOD特殊技『ハイパーディメンション』に要注意。最大HP55%分の無属性ダメージをランダムかつダメージカット/かばう無効で4回受ける。同じ対象に2回命中すると問答無用で戦闘不能になるため、主人公に自動復活が付与されている場合を除きOD中の特殊技を受けてはいけない。

▲運次第では誰も戦闘不能にならないこともあるが、無属性ダメージのため対策は不可能。”特殊技を受けない”というのが最も安全。


2:敵HP25%以下の通常時

25%~撃破までの通常特殊技『スーパーノヴァ』も非常に危険。全体に最大HP95%分の無属性ダメージを与えるため、少しでもHPが減っている状態だと戦闘不能になる。HPが最大なら受けても構わないが、受けた後の立て直しも大変なので基本的には受けない方がよい。

ライターA特殊技は『スーパーノヴァ』だけではないので、受ける場合はHP95%↑+100%カットが必要になります。OD中なら闇100%カットだけで良いので、ODまで待つのが得策です。

適正キャラ/ジョブ配分と立ち回り

適正キャラ表0

安定…自PTの生存力/攻略全体に与える恩恵の大きさ
火力…自PTの火力への貢献度

フュンフ安定:火力:×
非常に高い弱体耐性+クリアでマウントがほぼ不要になるうえ、主人公に自動復活を付与することで事故対策もできる。自PTの生存力を大幅に上げられる/本来動けないHP帯で動けるようになるという非常に強力なメリットがあるため、プロバハHL限定ではあるが貢献度レースにおいても選択肢となるほど。
ソフィア安定:火力:×
所持していれば確実にサブ1番手に編成。主人公が戦闘不能になった際の保険として編成しておくこと。
ソーン安定:火力:△
60秒麻痺で参戦者全員へ貢献できるキャラ。ただし編成した場合50%まで奥義後の3アビは禁止。
フェリ安定:×火力:
味方全体の火力を大幅に高めてくれるキャラ。火力特化のキャラではあるが、他のキャラを安定寄りにしても火力が出しやすく、敵を素早くブレイクさせるという意味でも火力UPは最適。編成枠に余裕があれば是非編成しておきたい。
ジャンヌ安定:○火力:○
火力もそれなりに期待できるうえ、敵に25%の防御DOWNを付与できるキャラ。常時防御DOWNを付与しておくことが非常に重要なため、参戦者全体のうちで何人かは編成しておきたい。
ジュリエット安定:○火力:○
常時高い火力に加えて、味方に25%の闇耐性を付与できるキャラ。30%には満たないため100%カットには使いづらいが、敵HP25%以下の通常攻撃の軽減に最適。
他の光SSRの評価(タップで開閉)
セルエル安定:○火力:△
弱体効果対策として有用なマウント持ちのキャラ。HP50%以下では役割がなくなるが、編成枠があれば入れておきたい。
光サルナーン安定:○火力:×
破局や通常攻撃のカットに。闇カーバンクル(3凸orファミ通)を用意できない場合はほぼ必須級。ただしブレイクキープは封印すること。
水着レフィーエ安定:○火力:×
40%の反射を持った優秀なキャラ。ファランクスと同時に付与できる全属性のダメカ手段として非常に有効。自前でアテナを持っていなければ最優先。
イオ安定:○火力:○
『魔力の渦』を溜めておくことで、減ったHPを一気に回復できる優秀な回復キャラ。『終末の風』対策にも。またサポアビによる味方の光攻撃UP/闇ダメージ軽減も有効。
アルベール安定:○火力:○
PT内にスロウ効果がなければ編成しておきたいキャラ。4属性の間はスロウの命中率は低めだが、闇モードにおける立ち回りやすさが格段に上昇する。確定DAも優秀な部類。
ルシオ安定:×火力:
高いDA/TA率に加え9倍という非常に高い倍率のダメージアビリティを持ち、単体で活躍できる強力なアタッカー。バリア等の要素も優秀だがその反面、自身に闇耐性DOWNが累積されるというデメリットもあるため、戦力/HPに余裕がない場合はあまりオススメできない。
水着ヘルエス安定:△火力:○
敵OD中に高火力を出せるため、ブレイクまでを多少早めることができるキャラ。火力枠として編成されやすい。
アーミラ安定:×火力:○
味方全体にDA/TAUPなどを付与できる優秀なダメージ源。ただし耐久面への貢献はほぼできないため、他のキャラ/召喚で十分対策ができている際に。
水着ゼタ安定:×火力:○
ブレアサは優秀な火力源だが、それ以外のメリットが存在しないため出番は火力特化に限られる。ブレイクキープは封印。
ロザミア安定:×火力:○
火力はそれなりに期待できるが、長期戦向きではないアタッカー。運用する場合敢えて50%以下で戦闘不能にし、サブのソーンと交代する、といった手法が考えられる。
ハロシャル安定:○火力:×
敵の攻撃が弱い前半のうちにポーションを生成し、後半で使うという動きが強力。断続的な回復は期待できないが、25%以下の通常攻撃対策に有用。
ゾーイ安定:△火力:△
敵対UP+幻影で攻撃の引きつけ役に、ということもできなくはないが、主にプロバハHLの討伐時間を短縮する際に『空間断裂』が使われることがある。ただし使用する際は事前の打ち合わせが必須。野良などでは絶対に使用しないこと。
レ・フィーエ安定:△火力:×
回復持ちのため耐久面への貢献はできるが、回復量はだいぶ物足りない。自身の生存力は高めだが編成入りは難しい。

編成しておきたいアビリティ/効果0

ダメージカット
光サルナーン(SSR)、水着レ・フィーエ(SSR)、アテナ(召喚石)、闇カーバンクル(召喚石)など。100%カットが多く必要となるボスのため、ダメージカットは複数求められる。召喚石は『アテナ/3凸闇カーバンクル×2/何か』の形が理想。
マウント
セルエル(SSR)やゼニスアビリティ『ベール』、アポロン(召喚石/4凸)など。HP50%までの特殊技に対して有効。
▶クリア/マウント持ちキャラ一覧
クリアオール
主人公のEXアビリティ。参戦者全体に効果があることが特徴で、プロトバハムートの特殊技/特殊行動に対して発動する目的。ビショップ/セージのEXアビリティのほぼ固定枠であり、余裕があれば他ジョブでも編成しておきたい。
スロウ
アルベール(SSR)、ダークフェンサー『ディレイII』、スパルタ『シールドワイア』など。チャージターンMAXの要素が多く、またブレイク明けの特殊技による事故が発生しやすいボスなので、編成しておくと立ち回りが安定しやすい。なおスロウ目的でオリヴィエを持ち込むのは、合体召喚でダメカ事故が起こるため絶対にNG。
麻痺
主にソーン(SSR/十天衆)が持つ、60秒麻痺のこと。HP50%から解禁される攻略が多く、主に特殊技が受けられないHP帯を一気に削りきるために使われる。HP50~25%のOD、HP25~0%の通常時などが代表的。
自動復活
ジョブマスターピース『ニルヴァーナ』を装備した状態でのヒールオール、もしくは十天衆の『フュンフ』によるもの。特にHP50~25%のOD中、本来は受けられない特殊技を復活で受け流しつつ削るためのもので、参戦者全体の火力が低いほど重要になる。また他のHP帯でも事故防止に有効。
恐怖
パーシヴァルなど。主に支援担当の参戦者が編成する枠。全体的に特殊技が厄介なボスなので、特殊技を抑制できる役割が非常に重要。主に風モードから解禁されることが多い。

攻略に必要なジョブ0

各ジョブの必要人数割合

ダクフェ
2人以上
ホリセ系列
5~7人
ビショ系列
4~6人
スパスタ
2人以上
ホーク系列
1~2人
自由枠
0~2人

各ジョブのEXアビリティ/立ち回り説明

ダークフェンサー
EX『ブラインド』
敵弱体化の要となるジョブ。基本的な立ち回り方は他のHLマルチと変わらないが、火~風モードでは弱体命中が安定しないため注意。なおグラビティの運用は「土モード」から解禁。使用する際はスタンプを撃つこと、外した際は報告を行うこと、また耐性を上げないために効果時間が切れる手前で効果を継続させることが重要。
スーパースター
EX『チャームボイスII』
『ソウルピルファー』で敵の弱体耐性を下げるためのジョブ。弱体効果の命中を安定させるために九界琴(真以上)が推奨。強力な魅了を付与できるため、敵の行動を阻害する役割も担う。
ホーリーセイバー/スパルタ
EX『アローレインIII』
orEX『デュアルインパルス』
orEX『クリアオール』

100%や70%以上のダメージカットが必要な特殊技が多いため、ファランクス要員として5人以上は用意したいジョブ。ファランクスは使用間隔ごとの使用を推奨。またファランクスを使う際は、(特に土モード以降では)『ファランクス使います(定形チャット)』→(ファランクス発動)→『ファランクス!(スタンプ)』の流れを行うこと。最初の定形チャットが他ホーリーセイバーと被った場合、先に発言した方が使用し、効果が被らないようにズラすこと。
スパルタで挑む場合、スロウ効果のあるシールドワイアを編成することで立ち回りやすくなる。
ビショップ/セージ
EX『クリアオール』
参戦者全体の回復と、クリアオールによる弱体回復、ディスペルによる光耐性UP対策ができる重要なジョブ。特に参戦者の回復は重要なので、ヒールオールは頻繁に使用すること。
ジョブマスターピース『ニルヴァーナ』を持っている場合、ヒールオールで主人公に自動復活を付与できるため、攻略が停滞した際に特殊技へのチャレンジが可能になる。なおそれを利用してHP50~25%までのODモードを削る役を担う場合、比較的高い火力が求められる。
ホークアイ/義賊
EX『ブレイクキープ』
HP50~25%の闇モード2でブレイクを維持するのが大きな役割。ここでブレイク時間を延ばせるかどうかで攻略に大きく影響するため、敵に耐性をつけないようこれより前でブレイクキープを使用するのはNG。他の役割は無く、基本的には火力役としての立ち回りとなる。ただしトレジャーハントLvはブレイクキープの効果時間に影響するため、できる限り上げておこう。
自由枠
キャサリン/パーシヴァル/ソーンなどを編成したサポート特化、もしくは火力特化。攻略難度の高いボスなので、戦力的な余裕がある場合を除き火力特化も上記のどれかのジョブを担当することが推奨される。

プロトバハムートのHP/攻略の流れ

行動パターンは下部の各モードごとに記載しています。

プロトバハムートの基本情報0

プロトバハムートの総HP

HP約1330,000,000(13億3000万)

攻略全体の流れ0

1ターン目特殊行動『ラグナロクフィールドII』
自発者以外は1回通常攻撃
(クリア役はマウントを発動してから)
→クリア後にスタート
100%
~91%
闇モード1
特殊技にはダメージカットがあると良いが
それほど気にせず攻撃してOK
90%チャージターンMAX
90%
~81%
火モード
特殊技をマウント/クリアで対処
対処しきれない場合はクリア役に要求する
80%チャージターンMAX
80%
~71%
水モード
特殊技をマウント/クリアで対処
対処しきれない場合はクリア役に要求する
特に睡眠に注意
70%チャージターンMAX
即座に100%カットが必要
ファランクス+ダメカで対応
70%
~61%
土モード
特殊技をマウント/クリアで対処
対処しきれない場合はクリア役に要求
特に石化に注意
特殊技は100%カット推奨
土モード中にグラビティを入れておく
60%チャージターンMAX
回復手段を残しておくと
対応しやすい
60%
~51%
風モード
特殊技をマウント/クリアで対処
対処しきれない場合はクリア役に要求
特殊技は70%カット以上推奨
恐怖役が居るならこのタイミングで付与
『終末の風』を受けたらヒールを貰う
50%チャージターンMAX
特殊技への対策が必須/注意が必要
スロウを残しておくと対応しやすい
50%
~26%
闇モード2
OD特殊技を受けない立ち回りが必要
麻痺(ODのみ)+ブレキで乗り切る
25%チャージターンMAX
対策必須
HP26%付近で元々CTが最大なら
発動を待つのも選択肢
25%
~撃破%
闇モード3
通常攻撃にもダメカを用意したい
通常時の特殊技はHP95%の割合ダメあり
OD中は破局(闇属性ダメカ100%必須)
終始HPを高く保つ必要あり

HP100%~91%/闇モード10

行動パターン

チャージ
ターン
◇◇◇(3)
特殊技『レギンレイヴ』(通常/OD)
全体に全属性の多段ダメージ
特殊行動(参戦者:1ターン目に発動)
(自発者:0ターン目に発動)
『ラグナロクフィールドII』
全体にラグナロクフィールド効果を付与
3ターンの間、アビリティ封印/奥義封印/
呪いを付与
(HP90%時に発動)
火属性モードに移行
チャージターンMAX

TIPS:『ラグナロクフィールド効果』
毎ターンHPが減少する弱体効果。効果量は参戦者の人数に応じて変動する。

1ターン目に特殊行動が発動

1:アビリティ封印を含んだ弱体効果

1ターン目には特殊行動で『ラグナロクフィールドII』が発動する。3ターンのアビリティ封印を含んだ4種類の弱体効果を付与してくるため、何も対策をしなければ防御DOWNなどの弱体効果を付与するタイミングが遅れることになる。

ライターA弱体効果は3ターンのみなので、3ターン攻撃することでも『ラグナロクフィールド』以外の効果は解除することができます。ただしその3ターンの間はアビリティを使えない状態になるので、できるなら全員で対処したいところですね。

2:攻撃してクリアオールまで待機

クリア役以外は参戦後に1回攻撃して『ラグナロクフィールドII』を発動させておき、クリアオールを待とう。マウントがあるなら自分で対処してもよいが、自発者の場合は開始直後に特殊行動が発動するため、クリアを待つしかない点に注意。


3:クリアオール持ち担当はマウントで対策

EXクリアオール担当の場合、参戦したらまず始めにアビリティ封印対策として必ずマウントを使おう。その後は特殊行動を発動させてから一旦待機し、全員が特殊行動を受けたことを確認出来たら、攻略を開始する際にクリアオールを使用すればOK。

▲開幕で発動する特殊行動。それほど脅威ではないが、対策はしておくこと。

特殊技はそれほど気にしなくてOK

HP100~91%で使用する特殊技は全属性の多段攻撃のみ。ダメージカットがあれば安全に切り抜けられるが、それほどダメージ量は多くはないのでダメージカット無しで受けても特に問題は無い。

▲ダメージ量は、HLではないプロバハの後半の特殊技程度。気になるようならファランクスをもらって受けよう。

HP90%~81%/火モード0

行動パターン

チャージ
ターン
◇◇◇(3)
特殊技『ファイアIV』(通常/OD)
全体に火属性ダメージ
灼熱を付与
『レッドライン』(OD)
全体に火属性ダメージ
アビリティ封印を付与
『アルカディア・エリュトロン』(OD)
全体に対象の効果からランダムで3つ付与
【対象の効果】
攻撃/防御DOWN、水属性攻撃DOWN、
火属性防御DOWN、火の楔、灼熱、
アビリティ封印
特殊行動(HP80%時に発動)
水モードに移行
チャージターンMAX

特殊技の弱体効果に注意

全体的に特殊技のダメージはそれほど高くないが、弱体効果に厄介なものが多い。放置しても致命的な効果はないが、参戦者がスムーズに立ち回れる様にクリア役は頻繁にクリアオールを発動することを心掛けよう。

▲『ファイアIV』のダメージ量。HPが少なければダメカを発動しておくと安全。(スタンプはありますがファランクスは乗ってないです。)

ライターAもちろん火モードでも特殊技を受ける際にダメージカットがある方が安全ですが、必須となる程のダメージ量ではありません。ちなみにここからの火/水/土/風モードでは、属性の関係で弱体効果が命中しづらくなるので、デバフ役は頑張りどころです。

HP80%~71%/水モード0

行動パターン

チャージ
ターン
◇◇◇(3)
特殊技『アイスIV』(通常/OD)
全体に水属性ダメージ
5ターンの間、氷結を付与
『ホワイトウェイブ』(OD)
全体に水属性ダメージ
7ターンの間、睡眠を付与
『アルカディア・キュアノエイデス』(OD)
全体に対象の効果からランダムで3つ付与
【対象の効果】
攻撃/防御DOWN、土属性攻撃DOWN、
水属性防御DOWN、青の楔、麻痺、毒、
睡眠、ハレーション
特殊行動(HP70%時に発動)
土モードに移行
チャージターンMAX
注意点グラビティ無効

TIPS:『氷結効果』
攻撃力/防御力/連続攻撃率DOWNに加えて、毎ターンHPが減少する弱体効果。効果中にアビリティを使用

することで他のキャラに感染することが特徴。

引き続き弱体効果が厄介

1:対策は火モードとそれほど変わらない

特殊技の内容こそ違うが、水モードは火モードと同じくダメージよりも弱体効果が厄介な段階。特にこちらでは行動不能+受けるダメージが増えてしまう”睡眠効果”に注意したい。

▲このモード中は他に比べ、特にマウントが重要。マウントはできるだけ貼り続けておきたい。


2:睡眠を受けたらクリアオールを要求

睡眠の効果時間が非常に長いので、対処できなかった場合はすぐにクリアオールを要求する必要がある。マウントを自前で持っていても間に合わないことはあるので、遠慮せずに要求してOK。

HP70%~61%/土モード0

行動パターン

チャージ
ターン
◇◇◇(3)
特殊技『アースグレイブIII』(通常/OD)
単体に土属性大ダメージ(2~4万程度)
『ランドスライド』(通常/OD)
全体に土属性ダメージ
石化を付与
『アルカディア・ポルトカリ』(OD)
全体に対象の効果からランダムで3つ付与
【対象の効果】
攻撃/防御DOWN、風属性攻撃DOWN、
土属性防御DOWN、大地の楔、混乱、強圧
特殊行動(HP60%時に発動)
風モードに移行
チャージターンMAX

TIPS:『強圧』
HPを回復できなくなる弱体効果。

土モードの特殊技は100%カット推奨

1:単体への特大土属性ダメージ

土モードの特殊技『アースグレイブIII』は単体へ特大ダメージ。対策なしでは2万~4万という非常に大きなダメージを受けるため、複数のダメージカットを組み合わせて100%カットしなければかなり危険。


2:他参戦者のファランクスをもらって受ける

『アースグレイブIII』は土属性ダメージなので、属性耐性ではないダメージカットが必要。ホリセ系列のジョブにファランクスを発動してもらうことに加えて、アテナの召喚効果を組み合わせてダメージを抑えよう。

▲ファランクス+アテナでの対策が一般的だが、ホリセなら50%以上のダメカ+”かばう”でも対処できる。


3:幻影などでも対処は可能

単発の単体攻撃であるため、ガルーダの召喚効果などの”幻影”でも対処はできる。これから先のモードでも通常攻撃を軽減する手段として有効なので、召喚石のガルーダを編成しておくのも選択肢。

TIPS:『幻影』
敵の単体攻撃や多段攻撃を、決まった回数だけ回避する効果。特殊技であっても、単体攻撃であれば回避することが可能(コロッサス・マグナの次元斬など)。全体攻撃は回避できず、攻撃を受けると幻影効果が消去される。

引き続き弱体効果への対策を

土モードではダメージだけでなく、ランダムに弱体効果を複数付与する『アルカディア』や、全体に石化を付与する『ランドスライド』も厄介。マウント、クリアでの弱体対策は引き続き行っていこう。

ダークフェンサーはグラビティを入れておく

この土モードに加え、次の風モードも全体的に特殊技が厄介。土モード中はグラビティへの耐性が解除されているため、ここでグラビティを使用して特殊技を受ける頻度を下げよう。

HP60%~HP51%/風モード0

行動パターン

チャージ
ターン
◇◇◇(3)
特殊技『終末の風』(通常/OD)
全体に無属性ダメージ(HPが1になる)
『ウィンドIV』(通常/OD)
全体に風属性の多段ダメージ
強化効果を1つ消去
『アルカディア・クローロン』(OD)
全体に対象の効果からランダムで3つ付与
【対象の効果】
攻撃/防御DOWN、火属性攻撃DOWN、
風属性防御DOWN、疾風の楔、呪い
特殊行動(HP50%時に発動)
闇モードに移行
チャージターンMAX
注意点グラビティ無効

『終末の風』でこちらのHPが1に

1:HP回復手段が重要

特殊技『終末の風』は、PT全体のHPを強制的に1にするという効果。ダメージカットなどで軽減することはできないため、HP回復での対策が必須。


2:ビショップ/セージはヒールオールを頻繁に

ビショップ系列のジョブはヒールオールで参戦者全体を回復できるため、特に風モード中は自PTに回復が必要無くてもヒールオールを発動することが重要。使用間隔毎に発動することが理想となる。

▲全モードで重要な要素だが、特に風モードでは意識してヒールオールを使っていこう。


3:終末の風を受けたら無理に動かない

終末の風を受けた後、HP1付近で戦うのは自らPTを壊滅させる行為となるため注意。終末の風を受けたら無理に動かず、ある程度回復するまでヒールオールを待とう。

その他の特殊技対策

1:弱体対策はここまで必要

ここまでと同様に、風モードでも『アルカディア・クローロン』への対策として弱体対策が必要。マウントでの対策に加えて、クリア役はクリアオールをこまめに発動しておこう。


2:特殊技へのダメージカットも重要

『終末の風』はダメージカット無効だが、同じタイミングで使用する『ウィンドIV』では大ダメージを受ける点に注意。どちらが来るか予測できないため、特殊技を受ける時は最低でも70%のダメージカットを発動しておきたい。

恐怖を解禁する攻略が一般的

風モードは全体的に特殊技が厄介なゾーン。特に『終末の風』はできる限り受けたくないため、ここから恐怖を付与して特殊技の発動を制限できれば風モードを楽に切り抜けやすくなる。

HP50%~HP26%/闇モード20

行動パターン

チャージ
ターン
◇◇(2)
特殊技『レギンレイヴ・レシディーヴ』(通常)
全体に全属性の多段ダメージ
『アブダクスフォース』(通常/OD)
全体に3000の固定ダメージ
プロバハにランダムの属性耐性UPと、
攻撃/防御/DA率UPの中から1つ付与
『ハイパーディメンション』(OD)
ランダムな対象に4回無属性ダメージ
(1回辺り最大HP55%分のダメージ)
特殊行動(HP25%時に発動)
闇モード3に移行
チャージターンMAX

通常時の特殊技は全属性ダメカで対応

1:70%以上のダメージカット推奨

『レギンレイヴ・レシディーヴ』は全属性/合計4万ほどのランダムダメージという、直撃すると危険なダメージ量。70%以上のダメージカットが付与された状態で受けることが推奨される。

▲70%カットでこのダメージ量の多段攻撃。対策なしでは1人あたり1万以上のダメージを受けると考えておこう。


2:敵の強化効果はディスペルで対処

『アブダクスフォース』によって敵に強化効果が付与される。特に光耐性がついたらダメージを与えづらくなるため、優先的にディスペルで消去するようにしたい。

OD中は特殊技を受けないこと

1:『ハイパーディメンション』は壊滅の危険あり

特殊技『ハイパーディメンション』では、最大HP55%分の無属性ダメージを4回受ける。ほぼ誰かが倒される上に、主人公が倒されるとその後の立ち回りに大きく影響するため、OD中に特殊技を発動させるのは絶対にNG。


2:OD中は麻痺で乗り切る

HP50%~26%までのODモードは、ソーンによる麻痺で乗り切るのが一般的。他の場面で麻痺を付与すると敵の耐性が上がってしまうため、基本的に麻痺はここから解禁となる。

▲左から3番目の黄色いアイコンが『麻痺』。敵が全く動かなくなるので、残り効果時間を確認しつつ攻撃しよう。


3:自動復活持ちなら挑戦してもOK

ジョブマスターピースのニルヴァーナや、フュンフの3アビなどによって、主人公に自動復活効果を付与できる状況であればOD中の特殊技に挑んでもよい。他のユーザーが動けなくなった場合、自動復活できるメンバーがブレイクまで削ることになる。

HP25%~撃破/闇モード0

行動パターン

チャージ
ターン
◇(1)
特殊技『スーパーノヴァ』(通常)
全体に無属性ダメージ(最大HP95%分)
『レギンレイヴ・レシディーヴ』(通常)
全体に全属性の多段ダメージ
『大いなる破局』(OD)
全体に闇属性の999999ダメージ
特殊行動(HP1%時に発動)
『スーパーノヴァ』
全体に無属性ダメージ(最大HP95%分)
真の力
解放
(HP2%以下で発動)
メッセージが表示される
(特殊行動などはなし)
(HP1%以下で発動)
チャージターンが1→5に増加
通常攻撃が数万ダメージに強化
注意点通常攻撃の威力が非常に高い(1万程度)

通常攻撃すら強力なモード

HP25%以下になると通常攻撃が1万ダメージほどの威力に強化される。対策無しの状態ではすぐにPTが壊滅するため、カーバンクルの闇耐性UPなど何かしらのダメージカットをほぼ常時付与した状態で立ち回ることが求められる。

▲対策なしでは1万オーバーのダメージ。闇耐性を常時付与しておく、暗闇/魅了を切らさないことが非常に重要。

通常時の特殊技は基本受けない

1:最大HPの95%の割合ダメージが凶悪

『スーパーノヴァ』は、最大HP95%分の無属性ダメージを受ける特殊技。少しでもHPが減った状態で発動されると倒されてしまううえ、食らった際の立て直しが非常に大変なので、基本的には通常時の特殊技を受けないようにしたい。


2:全属性の多段攻撃も壊滅級

また通常時の特殊技には、前段階でも使ってきた『レギンレイヴ・レシディーヴ』も含まれる。このモードではダメージ量が数倍に跳ね上がっているため、属性耐性ではないダメージカットによる100%カットが必須。


3:上記2個の対策ができるなら受けてもOK

通常時に100%カット+HP95%以上を用意でき、どちらの特殊技が来ても対応可能な場合であれば特殊技を受けてもよい。ただしODモードに移行するのを待った方が楽に動きやすい。

OD中は闇属性の100%カット

1:通常時よりは立ち回りやすい部類

OD中は特殊技が『大いなる破局』だけなので、通常時よりは立ち回りやすい区間になっている。とはいっても対策なしでは999999ダメージを受けるため、特殊技を受ける場合は必ず100%カットで対策しておこう。

▲HLではないプロトバハムートでも使用してくる『大いなる破局』。25%以下のOD中は常にこの特殊技になるため、100%カットは必須。


2:ダメージカットの使用間隔に注意

この段階はチャージターンが1、グラビティ込みでも2という特殊技の頻度が非常に高いHP帯。30%以上のダメージカットがないと動けない状況になるので、スロウのタイミングやカーバンクルの使用間隔を確認しつつ戦うこと。

HP1%以下で特殊行動が発動

1:『スーパーノヴァ』が発動

通常時だけでなく、HP1%時の特殊行動としても『スーパーノヴァ』を発動してくる。味方がHP95%以上無ければ壊滅するため、終盤はできるだけHPを高く保つようにしたい。


2:火力で押し切ってしまおう

特殊行動は厄介だが、ここまで来れば敵のHPは残り1%以下。全員で18人居るため、壊滅さえしていなければ特別な対策をしなくても火力で押し切ることができる。

ライターAなお余談になりますが、敵HP1%以下で通常攻撃を受けると単発で5~10万という面白い数字が見られます。この状態のプロバハと長く戦うことは基本的にありませんが、まともに戦うなら常時100%カットが必須というイメージです。
バハ武器/バハムート関連の記事はこちら
▶プロバハ攻略▶プロバハHL攻略
▶バハ武器評価一覧▶バハ武器作成/素材集め

グラブルの他の攻略記事はこちら

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

開催中のイベント/直近のガチャ

スターレジェンドガチャ
(6/24~)

2100万人突破CP(6/23~)

最終上限解放(6/21)

ペルソナ5コラボ(6/18~29)

グラブルサマーフェス2018

これグラ2018年6月号

パンデモニウム最終階層攻略

アーカルムの転世

開催中のキャンペーン

リンクス交換チケット

キャラクター評価一覧

レアリティ別

属性別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中