グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジーwiki
『四象降臨』ボス攻略/おすすめの武器交換順まとめ

『四象降臨』ボス攻略/おすすめの武器交換順まとめ

最終更新 :
グラブル攻略からのお知らせ
【新機能】グラブル仲間をSNSで見つけよう!

全四象降臨の報酬、ボス情報をチェック!各四象で入手できるSSR武器の交換優先度やおすすめの報酬などまとめて掲載しています。

目次

各四象ボスの攻略はこちら

朱雀/アグ
火属性
玄武/ネプ
水属性
白虎/ティタ
土属性
青竜/ゼピュ
風属性
黄龍
光属性
黒麒麟
闇属性
スポンサーリンク

四象降臨とは?0

開催期間7月25日(火)~7月30日(日)

ボスと戦って四象の輝き/報酬をゲット!

四象降臨とは、特定のボスと戦い『四象の輝き』や『討伐章』を集めて報酬と交換できるイベント。ヒヒイロカネの交換に必要となるクロム鋼や、SSR武器など様々な報酬が交換対象となっている。

4属性のボスが同時に登場!

4つの属性のボスが同時に登場するのが特徴。2時間おきにどれか1つのボスで得られる輝きがEXは1.2倍、EX+は1.5倍になる『ボーナスタイム』というシステムがあるため、期間中は複数のボスと戦うのが効率的。

TIPS『水晶の輝きとボーナスタイムは連動』
4つの属性のボスを自発して戦い続けると『水晶の輝き』が増していき、最大まで達するとボーナスタイム中のボスと同じ属性のEX+ボスが登場する。

黄龍/黒麒麟戦の解放アイテムを入手可能

輝きで4属性の印符を集めることでマルチボス『黄龍』『黒麒麟』への挑戦に必要なアイテム『四象金印』を入手できる。

▲レアなトレジャーや装備がドロップするが、ハードルが非常に高い。四象の他の目的を終えたら狙おう。

スポンサーリンク

四象武器の交換優先度表1

イベント期間中に『四象の輝き』を集めることで、限定SSR武器と交換できる。各武器の優先度とおすすめのポイントは以下の通り。
(武器以外のアイテムについては『四象降臨を効率よく攻略する方法』を参照)

【フローレンベルク】について
6月1日アップデートにより、貢献UP対象が『シナリオイベントのみ』へ変更。優先度を特大→大に調整しました。

武器名優先度/おすすめの点
各四象のSSR武器優先度:特大
種類:火刀/水斧/土拳/風槍
最初から3凸された状態で入手できる武器。全て各属性の理想編成に入る程の性能なので、育成している属性から優先して集めよう。
(▶各武器の評価はこちら)
フローレンベルク優先度:
装備時にシナリオイベントの獲得貢献度を10%UPする特殊なスキル持ち。シナリオイベントでは貢献度報酬にダマスカス骸晶など重要なトレジャーがあるので、効率良く貢献度を稼ぐ目的なら早めに確保しておきたい。ただしゲーム調整により古戦場の貢献度が対象外になっているため、以前ほどの重要度はなくなった。
各四象の
特殊なSSR武器
優先度:
種類:火琴/水拳/土杖/風剣
特定の位置に配置したキャラを強化するスキルが特徴の武器。序盤は優先度が下がるが印符とセットで入手できるなら交換したい。
(▶各武器の評価はこちら)
セプティアン
バーナー
優先度:中
アイテムドロップ率が上昇するスキル持ち。素材や武器集めに役立つが、『朱雀討伐章』を集めることでも入手可能。討伐章が足りないが、どうしても欲しい!という場合にのみ交換を。
ネプテゥヌスの槍優先度:小
Rank経験値を7%UPするスキル持ち。素材や武器集めに役立つが、『玄武討伐章』を集めることでも入手できるので、交換しなくてもOK。
アネモイの銀琴優先度:小
獲得経験値を5%UPするスキルを持つ。『青竜討伐章』を集めれば手に入るので、こちらも交換しなくてもOK。
大地の剣優先度:小
HPが500上昇するスキル持ち。奥義で味方にバリアを付与可能だが、序盤以外は使い道が少ないので交換はオススメできない。
スポンサーリンク

進める前に絶対知っておきたい仕様0

特殊な仕様のマルチバトル

四象のマルチバトルは、通常とは異なる仕様になっている。大きく違う点は以下の3つのため、イベントを進める前に仕様を理解しておこう。

1:敵の残りHPに応じて必要BPが変動

四象ボスの救援へ入るときに必要となるBPは、敵の残りHPに応じて変動することが特徴。HPが多いほどたくさんBPが必要となり、HPが減少すれば必要BPも少なくなる。

ボスの残りHP必要BP(EX)必要BP(EX+)
100~50%●●2●●●3
50~25%1●●2
25~0%11

2:参戦タイミングでボーナスあり

救援に参戦するタイミングによって、複数のボーナスを得ることができる。こちらも敵の残りHPに対応しており、HP/攻撃力UPや『四象の輝き』などの恩恵がある。

ボスの残りHPボーナス(EX)ボーナス(EX+)
100~51%HP/攻撃15%UP
四象の輝き+50
HP/攻撃50%UP
四象の輝き+50
50~26%なしHP/攻撃25%UP
25~0%なしなし

3:稼いだ貢献度が輝きの数に関係する

バトルで入手できる『四象の輝き』の数は、”宝箱から出現した輝きの数×貢献度による倍率”で算出される。貢献度を多く稼ぐことで”貢献度による倍率”は上昇する仕様となっている。

スポンサーリンク

四象降臨を効率よく攻略する方法1

【フローレンベルク】について
6月1日アップデートにより、貢献UP対象が『シナリオイベントのみ』へ変更されました。

イベントの目標

【四象降臨が始めてのプレイヤー】

  • フローレンベルクを手に入れる(重要)
  • メインで使っている属性のSSR武器を手に入れる(重要)
  • 余裕があれば他属性のSSR武器か、印符を手に入れる
  • デイリーミッションをできるだけこなす/理想は毎日

【2回目以降のプレイヤー】

  • 前回達成できなかった目標を達成する
  • 火刀/水斧/土拳/風槍を全て入手する
  • 全属性の印符を1枚ずつ手に入れる
  • 十天衆のためにクロム鋼を集める/目標は10個
  • デイリーミッションをできるだけこなす/理想は毎日
  • 必要に応じて他の四象武器の交換を目指す

1:どの四象に挑めばいいの?

挑むボスに悩んだ際はボーナスタイム中のボス、もしくは倒しやすい属性のボスに挑戦するのが基本的な流れ。

▲水属性の『玄武』は慣れないうちは他ボスに比べて討伐に時間がかかりやすいため、避ける選択肢もあり。

2:マルチで四象の輝きと討伐章を集めよう

1:ダメージがでないうちは質より量

四象イベントでは、『四象の輝き』と『討伐章』をいかに多く集められるかが重要。だが、火力が足りない内は長く戦っても入手できる数はあまり増えない。

2:BP1乱入は積極的に

そのため、BP1のマルチバトルが来ていたら積極的に参加するのをおすすめ。ヨダルラーハなど、固定ダメージや割合ダメージによって貢献度を稼ぎやすいキャラを編成すると、より効率的に集めることができる。

3:まずフローレンベルクの入手を

四象の輝きが10000集まったら、フローレンベルクを交換しよう。シナリオイベントで非常に役立つスキルを所持しており、最初から3凸状態で入手できるので攻撃力もそこそこ高い。特に序盤はシナリオイベントで貢献度報酬を入手するためにかなり役立つ。

4:非常に強力な『四象武器』を交換

次は輝きを30000集めて、SSR武器:朱雀光剣/玄武甲槌/白虎咆拳/青竜牙矛のどれかを交換しよう。こちらも最初から3凸した状態で入手でき、全てスキル『攻刃』付き。どれも余程のことがない限りほぼ装備編成から抜けることが無い性能となっている。

『攻刃』など、スキルの基本的な知識はこちら

初心者必見!武器とスキルの仕組みを解説!

5:武器の次は印符を集めよう

上記の武器は全て最終上限解放が可能。対応する印符1枚とエレメント20+ジーン100で解放できるため、必要なものから交換していこう。

各四象の印符各四象SSR武器の最終解放素材
四象の限定SSR武器の最終解放に必要となる素材。また、黄龍や黒麒麟に挑戦するために必要。
輝き:初回10000/2回目15000

6:武器が充分にあるならクロム鋼を集めよう

武器が充分に集まったら、十天衆の入手に必要な『クロム鋼』を集める方針に切り替えよう。イベント終了時点で10個集まっているのが目標。

十天衆のおすすめキャラ一覧はこちら

7:なるべく毎日デイリーミッション達成を

デイリーミッションを全て達成することで、『クロム鋼』が1つ手に入る。輝きで交換すると1つ1万以上するため、大変お得な仕様。期間中は毎日必ず達成するようにしよう。

ライターAクロム鋼の非常に簡単な入手方法なので、ヒヒイロカネ交換までの大幅な時間短縮になります。これに合わせ、クロム鋼の交換数の目標を『デイリーミッションと合計でヒヒイロカネ交換分まで』という方針で進めるのもありですね。

▲各EXボスを5回ずつ倒すことが達成条件。自発でも救援でも良いため、忘れず消化しておきたい。

8:ルピや栄光の証などがお得に手に入る!

四象イベントでは、ルピなどのアイテムは最初の1セットなら比較的少ない数の『四象の輝き』で交換できることがポイント。不足しがちなアイテムは優先して交換しておこう。ただし、こちらを優先しすぎて武器が交換できなくならないように注意。

エリクシール
ハーフ
APを50回復できるアイテム
イベント周回などで大量に使う。輝きを稼ぐ労力に対してお得なので全て取っておこう。
輝き:初回20個150/以降300
ソウルシードBPを1回復できるアイテム
交換に必要な輝きの数が少なく、四象中にも消費するためできれば補充しておきたい。
輝き:初回20個100/以降200
SR武器
ガチャ券
SR武器が手に入るガチャ券
キャラ解放武器も対象。手持ちキャラ次第では優先度が高くなる。またキャラが揃っていてもシルバームーンが出る、武器がエレメント化できるなどのメリットもあるため、余裕があれば交換しておきたい。
輝き:5000
10000ルピ進化などに必要となるお金
交換に必要な輝きの数が少なく、ルピ不足の人には嬉しい。ただしルピ稼ぎは共闘でできるため、本当に足りない場合だけにしておこう。
輝き:初回10個250/以降500
栄光の証上限解放に必要な素材
人によって優先度は異なるが、古戦場武器の属性変更など大量に必要となる場面が多いため、余裕があれば確保しておきたい。
輝き:初回5個500/2回目5個1000
   3回目5個1500/4回目5個2000
覇者の証上限解放に必要な素材
主にSSRキャラの上限解放に使われる。ゲーム序盤は足りなくなりやすいため、どうしても必要な場合は交換しよう。
輝き:初回3個2500/以降5000

9:黄龍と黒麒麟の挑戦素材は集めるべき?

1:ドロップが武器/召喚石と交換できる

黄龍と黒麒麟はボスから特殊なトレジャーがドロップし、武器や召喚石との交換ができる。武器はボスに対応した属性になっており、メイン武器やEX攻刃枠として有用なものが多いため是非入手しておきたい。

2:自発素材を集めたら連戦に参加しよう

金印の入手に必要な輝きを考えると、自分だけで自発して終わるのはもったいない。そのため自発できる人で集まって救援を出し合う『連戦』に参加しよう。イベント期間中~期間後にかけて、Twitterや掲示板、ロビーなどで募集がある。

ライターA連戦というのは簡単にいうと、『自発を流すので皆さんのマルチにも参加させてください』という集まりのことです。だいたい1回30連戦なので、大まかに言うと武器1.5本分ぐらいのトレジャーがドロップします。(※上下はします)
ちなみに連戦のルールですが、自発者MVP保証や、準MVP回数を制限するもの、逆にMVPフリーなど様々なものがあります。参加する時にどの形式なのかを確実にチェックしておきましょう。
スポンサーリンク

全四象武器評価

どの武器を交換するのがオススメ?0

1:4属性2種類のSSR武器がある

交換できる武器は、4属性でそれぞれ2種類の武器がある。片方はシンプルに強く、最終解放できなくても優秀な性能。もう一方はトリッキーで、真価は最終解放後という性能。

2:初心者はシンプルなスキル構成のものを優先で

初心者の場合は火刀/水斧/土拳/風槍のどれかの交換が推奨される。最初から3凸状態で入手できるため、序盤のうちから非常に役に立ってくれる。自分がメインに使っている属性のものをまず選択しよう。

3:特殊スキル付き武器はプレイヤーの環境次第

火琴/水拳/土杖/風剣は比較的環境が揃っていなければ真価を発揮できないので、十天衆入手に必要なヒヒイロカネより優先して入手するかどうかはプレイヤー次第。入手のタイミングに関しては下記を参照。

朱雀光剣(火属性/刀)0

HP…175
ATK…2530
奥義『四象天神之太刀・南朱』
火属性ダメージ(特大)
自身のアビリティダメージUP
(最終解放で効果UP?)
スキル『紅蓮の攻刃』
火属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv101で攻刃IIに変化)

優秀な火属性の通常攻刃枠

最終解放せずとも高い性能を持つ、火属性の通常攻刃枠の武器。刀武器のため攻撃力も高く、3凸状態で入手できるため、交換してスキルを上げるだけで十分強力。

マグナの理想編成に入る攻刃II

最終解放後はスキルが『攻刃II』になり、攻撃力も伸びるためイベント産の通常攻刃武器としては最高クラスの性能になる。非常に長く使えるため、優先的に解放+育成してOK。

朱雀翼弦(火属性/楽器)0

HP…220
ATK…2020
奥義『四象天神之一矢・南朱』
火属性ダメージ(特大)
自身攻撃UP
(最終解放で効果UP)
スキル『紅蓮の呪印・弐』
2番目に配置されたキャラのみ対象
火属性キャラの攻撃力上昇(大)
毎ターン自身に最大HP5%分ダメージ
スキル『紅蓮の攻刃』
火属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv101で習得)

デメリットが激しくあまりオススメできない

2番手のキャラのHPが毎ターン5%減少するというデメリットのわりに、恩恵は2番手のキャラの攻刃枠のみ。長期戦に対応できないなど難点も多いため、他に楽器がなければメイン武器のために交換候補という程度でOK。

効果を活かせるキャラ/武器も存在する

背水効果によって『HPが減る』ことをメリットにもできるため、特定のキャラ/装備があれば有効活用もできる。条件が揃っている+育成する余裕があれば、取得して運用を考えてみるのもオススメ。

活かせるキャラ/武器の例
ザルハメリナ(SSR/ハーヴィン)
サポートにより、HPが減ると味方の攻撃力UP
エッケザックス(SSR/剣)
スキル『背水』を持つためHP減少でキャラの攻撃力UP

玄武甲槌(水属性/斧)0

HP…180
ATK…2480
奥義『四象白空陵駆・北玄』
水属性ダメージ(特大)
防御UP
(最終解放で効果UP?)
スキル『霧氷の攻刃』
水属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv101で攻刃IIに変化)

メイン武器にもなる水属性の通常攻刃

高い攻撃力と水属性の通常攻刃を持つ、優秀な斧武器。一般的な水属性の理想編成に入りやすく、またウェポンマスターのメイン武器にもなる。優先的に育成しよう。

理想編成でもメイン武器でも活躍

最終解放後は朱雀光剣と同じくスキルが『攻刃II』に変化し、こちらもイベント産の通常攻刃武器としては最高クラスの性能。メイン武器としての出番も多いため、優先的に育成しよう。

玄武殻拳(水属性/格闘)2

HP…230
ATK…2130
奥義『四象白空克響・北玄』
水属性ダメージ(特大)
自身水属性追加ダメージ付与
(最終解放で効果UP)
スキル『霧氷の追牙・肆』
4番目に配置されたキャラのみ対象
攻撃に水属性追加ダメージ効果付与
奥義ゲージの上昇量が30%DOWN
スキル『霧氷の攻刃』
水属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv120で習得)

通常のマグナ編成ではデメリットが大きい

通常攻刃(大)に加えて4番手のキャラに追加ダメージが発生するが、奥義ゲージ増加量が30%減るデメリットに比べて、追加ダメージはSlv15でも12%程度。奥義ゲージの足並みが乱れやすくなるため、あまりオススメはできない。

『ヴァルナ』を使用した編成で強力

追加ダメージに召喚石『ヴァルナ』の加護が適用されるため、現状の理想編成『ヴァルナ×ヴァルナ』では40%以上という破格の追加ダメージを発生させる。非常に強力なため、ヴァルナ編成を組む予定があれば是非取得しておきたい。

TIPS:『ヴァルナ/ヴァルナ編成』
召喚石SSR『ヴァルナ』を使った装備構成。現状水属性の理想的な編成でもある。
要求される装備の難度、ヴァルナ自体はガチャから排出される確率が低く、サプチケでも交換できない点から、非常に上級者向けといえる編成。
▶ヴァルナ編成についてはこちらから

ヴァルナ編成での運用

(撮影がフィンブル修正前のため、装備構成の理想やダメージ量が今とは多少異なります。玄武殻拳の性能だけを見る動画としてどうぞ。)

▲ヴァルナ編成が組めればかなり強いです。ただしヴァルナ無しの場合はダメージ量が低いのであまりオススメできません。

白虎咆拳(土属性/格闘)0

HP…236
ATK…2210
奥義『四象大道王牙・西白』
土属性ダメージ(特大)
自身に1回分の幻影付与
(最終解放で幻影2回)
スキル『地裂の攻刃』
土属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv101で攻刃IIに変化)

攻撃力が低いため優先度が下がる

最終解放前は、ウォフマナフから入手できる通常攻刃『裁きの鳴雷』などと比べると攻撃力が低い。武器種も格闘と、メイン武器としても起用されにくいため最終解放できないなら優先度を下げてOK。

最終解放後は入手しやすい優秀な攻刃II

四象武器は印符1枚+エレメント20+ジーン100で解放できるため、他の武器に比べ最終解放のハードルが圧倒的に低い。Slv15まで育成すれば攻撃力が低いデメリットを補って余るため、手軽に手に入る攻刃IIの武器として活躍してくれる。

白虎牙杖(土属性/杖)0

HP…260
ATK…1960
奥義『四象大道帝杯・西白』
土属性ダメージ(特大)/自身奥義ダメージUP
(最終解放で効果UP?)
スキル『地裂の煽惑・参』
3番目に配置された土属性キャラのみ対象
自身の奥義ダメージUP
敵対心UP(精度は高め)
スキル『地裂の攻刃』
土属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv120で習得)

敵対心UPという特殊な効果

3番手に配置された土属性キャラが狙われやすくなる代わりに、そのキャラの奥義ダメージが上がるという特殊なスキルを持った武器。運用も複数考えられるため、少し特殊な武器だが余裕があれば取得しておきたい。

土属性には相性の良いキャラが多い

カウンターや背水効果を持ったキャラなど、攻撃を集めることがメリットになるキャラであれば性能を活かしきることができる。逆に他のキャラが狙われる確率が下がることを利用することも可能。

アイル(SSR/ヒューマン)
カウンターに加え、攻撃を集めると背水で強力に
パリス(SR/ヒューマン)
5回という回数の多いカウンターを持つため活かしやすい
ハレゼナ(SSR/ドラフ)
他キャラに攻撃を集めることでハレゼナの被弾を減らす

(※敵対心UPの仕様により相性の良いキャラを修正)

青竜牙矛(風属性/槍)0

HP…240
ATK…2180
奥義『四象雲流星昂・東青』
風属性ダメージ(特大)
自身ダブルアタック率UP
(最終解放で効果UP?)
スキル『乱気の攻刃』
風属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv101で攻刃IIに変化)

攻撃力は控えめだが優秀な槍武器

少し攻撃力は控えめだが、3凸状態で入手できるため育成しやすく、武器種も槍なのでビショップやホーリーセイバーのメイン武器として役立つ。たとえ他の通常攻刃を持っていても入手しておきたい性能。

解放後も変わらずメイン武器として活躍

マグナ編成では通常攻刃が7本目のティア銃に劣るため、最終的には編成から外れることも。ただし繋ぎの武器としては非常に優秀、また上記ジョブでのメイン武器は青竜牙矛が使われることから解放/育成して全く損はない。

青竜髭刃(風属性/剣)0

HP…220
ATK…2290
奥義『四象雲流嵐吹・東青』
風属性ダメージ(特大)/自身連続攻撃確率UP
(最終解放で効果UP?)
スキル『乱気の疾駆・壱』
1番目に配置された風属性キャラのみ対象
自身のトリプルアタック確率UP
攻撃力が15%DOWN
スキル『乱気の攻刃』
風属性キャラの攻撃力上昇(大)
(最終解放/Lv120で習得)

基本的には取る必要なし

トリプルアタックの上昇率は5%程度。ダメージが15%下がるデメリットが釣り合っていないため、運用は考えなくてOK。

メイン武器としての運用は考えられる

奥義は自身のDA/TA率UPと、攻撃力は下がってしまうがメイン武器としては運用できる。武器種が剣と風属性には非常に貴重なことから、他に剣武器がなければ取得してもOK。ただし輝き3万+印符1枚分の消費に見合うかは難しいところ。

『四象の試練』と追加スキルの評価0

スキル追加について

「秘文書」を使用してスキルを追加

トレジャー交換で入手できる「秘文書」を使用して、『朱雀光剣』『玄武甲槌』『白虎咆拳』『青竜牙矛』に第二スキルが追加できるようになる。追加できるスキルは3種類あり、どれか1個を選ぶ形式。

スキルは大まかに3種類

追加できるスキルはおおまかに3種類あり、優秀な第二スキル持ちの『王』、メイン装備時効果の『覇』、ダメ上限UPの『邪』となっている。

スキルの付け方

秘文書は、『アイテム』欄の育成アイテム内にある「秘文書」を選択することで使用可能。スキルを付けたい武器を選び、スキルを付与した段階で秘文書は消滅する。

「秘文書」の交換素材

秘文書の交換素材は、各『四象の試練』に加えて『黄龍』『黒麒麟』のドロップアイテムが必要。それぞれの交換素材は以下の通り。

南朱の秘文書
(朱雀光剣)
南朱の霊宝(朱雀の試練) 5個
黄金の札(黄龍討伐戦) 1個
北玄の秘文書
(玄武甲槌)
北玄の霊宝(玄武の試練) 5個
黒曜石の札(黒麒麟討伐戦) 1個
西白の秘文書
(白虎咆拳)
西白の霊宝(白虎の試練) 5個
黒曜石の札(黒麒麟討伐戦) 1個
東青の秘文書
(青竜牙矛)
東青の霊宝(青龍の試練) 5個
黄金の札(黄龍討伐戦) 1個

スキル追加に必要な『四象の試練』

比較的高難度なソロバトル

秘文書の交換素材であり、スキルを追加するために必要な『○○の霊宝』は、比較的高難度のソロバトル『四象の試練』に挑戦することで入手可能。1戦につき1~3個ドロップする。

挑戦には対応した印符を消費する

クエストにに挑戦する際、「朱雀の試練」では朱雀印符を1個消費する、といったように『四象の試練』では対応した印符を1個消費する。そのため四象の輝きに余裕がある層に向けたコンテンツ。

各四象ボスの攻略はこちら

朱雀光剣の追加スキル

マグナ編成の場合
「攻刃II」まで育つので編成には入りやすい。追加スキルに関しては全体的に得られる恩恵は控えめ。『邪』は性能としては優秀だが、十分な恩恵を得る為に要求される編成のハードルが非常に高い。

神石編成の場合
元々朱雀光剣を使用した編成であれば、アテナ槍の暴君のHP減少を補える『王』が優秀。そうでない場合は少し枠が厳しい。また敵の防御次第ではあるが、ダメージが上限に届くようであれば『邪』も選択肢として有り。

火の守護
火属性キャラの最大HPUP(小)
天神之翼
弱体効果「暗闇」無効/回避率UP
メイン装備時/主人公のみ
南朱の真髄
火属性キャラのダメージ上限UP
(SLv15:上限7%UP)

玄武甲槌の追加スキル

マグナ編成の場合
「攻刃II」まで育つので編成には入りやすい。メイン武器として使用する場合は『覇』が優秀だが、神石編成に移行する予定がある場合『王』『邪』両方が必要になるため作成は慎重に。

神石編成の場合
『王』はヴァルナ編成において優秀で、『グレイプニル』『オベロン』と共に運用できる性能。古戦場イベントなど、ダメージ上限に到達しやすい環境においては『邪』も有用。

水の二手
水属性キャラのダブルアタック率UP(小)
白空之殻
防御UP(50%)/敵対心UP/被ダメ時に攻撃力UP(累積10%/上限4回/攻刃枠)
メイン装備時/主人公のみ
北玄の真髄
水属性キャラのダメージ上限UP
(SLv15:上限7%UP)

白虎咆拳の追加スキル

マグナ編成の場合
追加スキルは加護は乗らないが4凸武器『アッキヌフォート』互換となる『王』が強力。背水編成であれば『邪』の恩恵も受けやすい。

神石編成の場合
クリティカルの恩恵を得たい場合は『王』、ダメ上限に届く場合は『邪』、と用途に応じて選択していきたい。どちらも非常に有用。

大地の技巧
土属性攻撃で弱点を突いた時
クリティカル確率UP(中)
大道之牙
毎ターン攻撃UP
メイン装備時/主人公のみ/被ダメージで解除
西白の真髄
土属性キャラのダメージ上限UP
(SLv15:上限7%UP)

青竜牙矛の追加スキル

マグナ編成の場合
追加スキルが全種類属性との相性が良く優秀。メイン武器になりやすい槍であり、更に背水属性であることから『覇』との相性が良く、またコルワ+背水で上限を出しやすいことから『邪』との相性も良好。加護は乗らないが『王』も決して弱くはなく、かなり選択が難しい属性といえる。

神石編成の場合
現状ゼピュロス編成は組みづらくはあるが、選択する場合はクリティカル率を高める事ができる『王』が優秀。

竜巻の技巧
風属性攻撃で弱点を突いた時、クリティカル確率UP(中)
雲流之逆鱗
自分のHPが半分以下の時、通常攻撃に追加ダメージ(20%追加ダメージ)
メイン装備時/主人公のみ
東青の真髄
風属性キャラのダメージ上限UP
(SLv15:上限7%UP)
スポンサーリンク

黄龍/黒麒麟のドロップと武器0

黄龍/黒麒麟のドロップ報酬

「震天の境界、黄昏の最果」の報酬

黄龍のドロップ報酬に「黄金の札」「黄金の札束」等が追加された。このトレジャーは「黄龍装備」や「秘文書」の交換に必要となる。

「震天の境界、紫電の黎明」の報酬

ドロップ報酬に「黒曜石の札」「黒曜石の札束」等が追加され、「宝晶石」が削除された。このトレジャーは「黒麒麟装備」や「秘文書」の交換に必要となる。

「黄龍/黒麒麟」の攻略はこちら

黄龍
光属性
黒麒麟
闇属性

「黄龍・黒麒麟装備」性能と交換素材

『黄龍』『黒麒麟』のトレジャーが変更され、交換に新武器が追加。交換時は3凸状態で取得可能。性能は以下の通り。

黄龍槍(SSR/槍)の性能

ステータス値ATK…2250/ HP…252
奥義『白召刃』
光属性ダメージ(特大)
参戦者の奥義ゲージ上昇量UP
スキル1『天光の攻刃』
光属性キャラの攻撃力上昇(大)
スキル2『震天の境界へと至りし者』
メイン装備時のみ
光属性キャラが弱体効果『奥義封印無効』/奥義ダメージ上限UP(約20%)
評価『槍のメイン武器として有用』
ジョブは限られるが、
メイン武器として使用する場合は有用な武器。奥義上限に届く場合は恩恵が大きい。

黄龍拳(SSR/格闘)の性能

ステータス値ATK…2300/ HP…242
奥義『白召刃』
光属性ダメージ(特大)
光属性耐性DOWN
スキル1『震天の雷鳴』
光属性キャラの攻撃力上昇(大/EX枠)
スキル2『震天の黄鱗』
闇属性ダメージ軽減
評価『光のEX攻刃武器』
EX攻刃武器を使用しているユーザーに
とっては上位互換となる武器

闇属性ダメ軽減がある為、闇属性敵に
挑む際はバトルで安定感が増す。

黄龍刀(SSR/刀)の性能

ステータス値ATK…2610/ HP…184
奥義『白召刃』
光属性ダメージ(特大)
ダメージ1回無効
スキル1『天光の暴君II』
光属性キャラの攻撃力上昇(特大)
光属性キャラの最大HP-20%
スキル2『震天の祈り』
回復アビリティを使用時に
味方全体の光属性攻撃力UP
(累積10%/最大5回)
評価『活かす編成が組めれば有用』
累積効果時間は4Tと短い間隔なので、
安定して維持するには2~3個の回復アビは用意しておきたい
暴君IIによるHP減少量が高めな点も注意。
TIPS:『回復アビリティについて』
HPを回復するアビのみではなく、状態異常回復や回復力を高めるアビ等、”回復”に関わるアビ全般が対象。

麒麟剣(SSR/剣)の性能

ステータス値ATK…2480/ HP…207
奥義『黒召刃』
闇属性ダメージ(特大)
闇属性耐性DOWN
スキル1『靂天の暗雲』
闇属性キャラの攻撃力上昇(大/EX枠)
スキル2『靂天の黒鱗』
光属性ダメージ軽減
評価『闇のEX攻刃武器』
EX攻刃武器を使用しているユーザーに
とっては上位互換となる武器

光属性敵に挑む際は、
ダメ軽減効果で背水編成との相性が良い。

麒麟弓(SSR/弓)の性能

ステータス値ATK…2465/ HP…220
奥義『黒召刃』
闇属性ダメージ(特大)
味方全体のクリティカル確率UP
スキル1『奈落の暴君II』
闇属性キャラの攻撃力上昇(特大)
闇属性キャラの最大HP-20%
スキル2『靂天の極致』
闇属性キャラのダメージ上限UP(約10%)
評価『活かす編成が組めれば有用』
上限ダメを出せるユーザーにとっては
恩恵が大きい

暴君IIのHP減少量も高く、活かす為に
求められる編成のハードルは高め。

麒麟弦(SSR/楽器)の性能

ステータス値ATK…2185/ HP…232
奥義『黒召刃』
闇属性ダメージ(特大)
参戦者の弱体効果を1つ回復
スキル1『奈落の攻刃』
闇属性キャラの攻撃力上昇(大)
スキル2『震天の境界へと至りし者』
メイン装備時のみ
闇属性キャラが弱体効果『アビリティ封印無効』
弱体成功率UP(約20%)/アビリティダメージ上限UP(約20%)
評価『優先して取得したい』
ジョブは固定されてしまうが、
各効果による恩恵が非常に高い為、
メイン武器として使用する場合は優先して取得したい。
スポンサーリンク

全四象ボス(+黄龍/黒麒麟)攻略

▼朱雀/アグ▼玄武/ネプ▼白虎/ティタ
▼青竜/ゼピュ▼黄龍▼黒麒麟

朱雀/アグニス【火】0

[朱雀戦]光属性ダメージに注意

朱雀はOD中の特殊技で光属性ダメージを与えてくる。カーバンクルなどの火属性耐性UPではダメージを軽減できないため、ダメージカット持ちのキャラを優先して編成することが重要となる。


[アグニス戦]マウント/クリアが必須

アグニスのHP50%時の特殊行動や、真の力解放後の特殊技で付与される弱体効果『裁きの炎』が厄介。効果中は毎ターンHPが10%減少するため、マウントやクリア持ちキャラで対策する必要がある。

攻略記事はこちらから

朱雀/アグニス攻略

玄武/ネプチューン【水】0

[玄武戦]帝公(土属性)から倒すのが得策

玄武戦の敵は全部で3体。一番下の帝公は、玄武のHP50%時に発動する特殊行動に反応してさらに特殊行動を発動してくる点が厄介。帝公を玄武より先に倒しておくとスムーズに攻略できる。


[ネプチューン戦]ルヴェリエを先に討伐

ネプチューン戦では、スロウ/グラビティを無効化するルヴェリエに注意。チャージが2つと短い上に特殊技/特殊行動ともに強力なため、最初にルヴェリエを倒すことが必須。

攻略記事はこちらから

玄武/ネプチューン攻略

白虎/ティターン【土】0

[白虎戦]かばう持ちキャラが有効

白虎は全ての特殊技が単体キャラを対象とした攻撃のボス。かばう持ちキャラが居れば特殊技を対処できるため、苦戦する場合は編成しておくと攻略しやすくなる。


[ティターン戦]OD中の特殊技が強力

OD中の特殊技『ティタノマキア』で大ダメージを受けるため、ダメージカットや召喚石を組み合わせて大幅にダメージを軽減することが大切。同時にHPが回復できなくなる強圧効果を付与されるため、100%カットできない場合はクリア/マウントがあると役立つ。

攻略記事はこちらから

白虎/ティターン攻略

青竜/ゼピュロス【風】0

[青竜戦]火属性ダメージにも注意

青竜は風属性ボスだが、OD中の特殊技で火属性ダメージを与えてくることが難点。また真の力解放後は通常時にも発動するため、討伐に時間がかかるならカーバンクル(火)を連れていくのもあり。


[ゼピュロス戦]遅延アビリティが活躍

チャージが2つと短いため、スロウ/グラビティに加えて恐怖が非常に有効。HP25%時の特殊行動『トラキアの風』で一番最後に付与した弱体効果が消去されるため、弱体化を付与する順番には気をつけよう。

攻略記事はこちらから

青竜/ゼピュロス攻略

黄龍【光】0

黄龍(召喚石)が低確率でドロップ!

黄龍戦にて撃破時の赤箱から極稀にSSR召喚石の『黄龍』がドロップする。加護効果に”全属性の攻撃力40%UP”と”戦闘開始時に奥義ゲージ20%UP”という珍しい効果を持っている。

黄龍(召喚石)の詳細はこちらから

黄龍(召喚石)の評価と入手方法

強力な弱体効果を複数付与してくるボス

黄龍は『麻痺』や『ショート効果』などの弱体化を使用するため、マウントやクリア等のアビリティで対策しなければならない。またこちらに付与された弱体効果などで特殊行動を発動してくるため、あらかじめ敵の行動パターンを把握しておく必要がある。

攻略記事はこちらから

四象降臨『黄龍』攻略

黒麒麟【闇】0

極稀に黒麒麟(召喚石)がドロップする

黒麒麟戦にて撃破時の赤箱から極稀にSSR召喚石の『黒麒麟』がドロップする。加護効果に”全属性の攻撃力40%UP”と”アビリティダメージ50%UP”を持ち、特殊な性能となっている。

黒麒麟(召喚石)の詳細はこちらから

黒麒麟(召喚石)の評価と入手方法

終盤の特殊行動が厄介なボス

黒麒麟戦ではHPが残り少なくなると強力な特殊行動を発動するため、ダメージを軽減する手段を用意しておくことが重要。バトル自体に特殊な制限が設けられていることもあり、挑む前に仕様や行動パターンを確認しておきたい。

攻略記事はこちらから

四象降臨『黒麒麟』攻略

他のグラブル攻略記事

あわせて読みたい攻略記事はこちらから!

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

GameWithからのお知らせ

攻略情報

開催中のイベント/直近のガチャ

決戦!星の古戦場(8/16~8/23)

開催中のガチャ(8/18~8/22)

新水着キャラ(8/15)

2017年水着キャラ

新実装マルチ/武器情報

注目の記事

グラブルのキャラ一覧

点数の基準

レアリティ別

属性別

種族別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

ショップ/トレジャー交換

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中