グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジーwiki
エリュシオンの評価とオススメのアビリティ構成

【グラブル】エリュシオンの評価とオススメのアビリティ構成【グランブルーファンタジー】

最終更新 :
グラブル攻略からのお知らせ
【News更新】アルルメイヤの最終上限解放が発表!

グラブルのClass.IVジョブ『エリュシオン』の使いやすさを評価!リミットアビリティの構成や取得条件、簡単な運用方法についてまとめています。

目次

エリュシオンの特徴1

取得優先度4/5点(優先的に取得したい)
▶ジョブの取得順についてはこちら
評価点数5/5点
理由・楽器装備時に味方全体の火力を大幅UP
・主人公だけで敵の防御を下限まで低下
・弱体効果の命中も安定する
・ソロの弱体役なら短剣装備でも運用可

他のジョブの優先度/使いやすさはこちら
▶ジョブ評価一覧

系列/Class得意武器タイプ
ハーピスト系列
ClassIV
楽器/短剣特殊
マスターボーナス
OD中の敵からの被ダメージ減少+1%/回復力+1%

ゲーム内解説

爪弾かれた神秘的な旋律に夢と現実の境界は薄らぎ、聴衆は安穏な幻想に浸る。特殊タイプのジョブ。

アビリティ/サポート性能1

アビリティ/EXアビリティ

アビリティ1:『コンクルージョン』
効果
3ターンの間、参戦者の回復性能UP(累積)/自属性攻撃UP
★楽器装備時に性能UP
使用間隔:7ターン

リミットアビリティ

『ソング・トゥ・ザ・デッド』
効果
敵全体の防御DOWN(15%/両面枠)
自属性防御DOWN(20%)
使用間隔:6ターン
『解放の歌声』
効果
5ターンの間、味方全体に死の祝福/活性効果(最大250回復)HP満タン時は奥義ゲージ5%UP
使用間隔:8ターン
『コール・オブ・アビス』
効果
3ターンの間、味方全員の連続攻撃確率UP/奥義ゲージ上昇量DOWN(35%)
★楽器装備時に性能UP
楽器装備時はDA約80%UP/TA約30%UP
使用間隔:5ターン

サポート

『ミステリオーソ』
オーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少
味方全体に弱点属性の敵に対しての弱体成功率UP
『アパッショナート』
ソング・オブ・グランデのダブルアタック確率UP
コンクルージョン使用時、参戦者の数に応じて味方全体の攻防UP

アビリティの詳細効果1

アビリティ性能の詳細はコチラ
(タップで開閉)
『コンクルージョン』
参戦者の回復性能UP(累積):3ターン
非楽器装備:回復力10%UP/回復上限10%UP
 楽器装備:回復力20%UP/回復上限20%UP
※累積上限は最大25%
参戦者の自属性攻撃UP:3ターン
非楽器装備:属性攻撃力10%UP
 楽器装備:属性攻撃力20%UP
※「アビリティ枠」/同枠とは共存不可
使用間隔:7ターン
『ソング・トゥ・ザ・デッド』
防御DOWN:180秒
防御15%DOWN/基本弱体成功率:約90%
※「両面枠」/ミゼラブルミスト等とは共存不可
自属性防御DOWN:180秒
自属性防御20%DOWN/基本弱体成功率:約90%
使用間隔:6ターン

TIPS:弱体効果の命中率
『基本弱体成功率』と『敵の弱体耐性』で『命中率』が決まる。※付与回数による耐性上昇も有り

『解放の歌声』
死の祝福:5ターン
活性効果:5ターン
MAXHPの10%回復(最大250回復)
HP満タン時は奥義ゲージ+5%
使用間隔:8ターン
TIPS:『死の祝福』
毒・灼熱・腐敗などのターンダメージを回復に変換
※一部回復できない効果も有り
『コール・オブ・アビス』
連続攻撃確率UP:3ターン
非楽器装備:DA+約40%/TA+約10%
 楽器装備:DA+約80%/TA+約30%
※「アビリティ全体枠」/同枠とは共存不可
奥義ゲージ上昇量DOWN:3ターン
奥義ゲージ上昇量35%DOWN
使用間隔:5ターン

サポート

『ミステリオーソ』
オーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少
ダメージ15%カット
味方全体に弱点属性の敵に対しての弱体成功率UP
基本弱体成功率9%UP
※他「弱体成功率UP」系のサポアビとも共存可
『アパッショナート』
ソング・オブ・グランデのダブルアタック確率UP
ダブルアタック確率10%UP
コンクルージョン使用時、参戦者の数に応じて味方全体の攻防UP
『ハイボルテージ』を3ターン付与
TIPS:『ハイボルテージ』
参戦者1人につき攻防5%UP(攻撃別乗算枠/上限30%)
※自分以外の同ジョブは参戦者にカウントされない

エリュシオンの評価/運用方法

エリュシオンの強い点0

1:味方全体に高い連撃UP付与

楽器装備時は『コール・オブ・アビス』で3ターンの間、DA約80%TA約30%と高い連撃バフが付与でき、更にCT5とかなり短い間隔での回転が可能。奥義ゲージ上昇量はDOWNするが、連撃のお陰でほとんど気にならない程度。


2:敵の属性耐性DOWNも可能

『ソング・トゥ・ザ・デッド』により、敵の属性耐性を20%下げることもできる。同時に付与できる両面枠の15%防御DOWNは他アビリティで上書きされることが多いが、敵防御DOWN手段が欲しい際に非常に有効。


3:弱体成功率をサポート

サポアビにより、弱点属性の敵に対して味方全員のデバフ命中率が上昇する。味方の同種サポアビとも共存可能な為、特にソロ運用時は『ソウルピルファー』と併用する事で更に安定感が増す。


4:通常攻撃だけを回転させる運用も

かなり限定された運用法になるが、硬直時間が発生する奥義を使用するより、ひたすら通常攻撃を繰り返す方がダメージを稼げる場合は、『ソング・オブ・グランデ』『コール・オブ・アビス』を交互に使用して高い連撃率を維持できる。

エリュシオンの総合評価

1:弱体役/火力役ともに運用可能なジョブ

サポアビなどで従来のスーパースターと同じ弱体役としての運用が強化されていることに加え、リミットアビリティを利用した火力役としても運用可能な強力なジョブ。ソロ/マルチどちらでも活躍できる。


2:基本は楽器装備だが短剣でも運用可能

基本的にはメイン武器が楽器の時に強化されるアビリティが多く、運用は楽器装備で行われる。ただし短剣も装備可能なため、敵耐性DOWNを使いたい場合や、楽器に依存しない弱体効果の命中率を高めたい場合は短剣での運用もあり。


3:特に支援キャラが不足している属性との相性◎

中でもリミットアビリティ『コール・オブ・アビス』が非常に強力で、5ターン中3ターンの間、味方のDA/TA率を高めてくれるという破格の性能。主人公が味方支援として最適なため、味方支援役の不足している属性と非常に相性が良い。

オススメのEX/リミットアビリティ

HL等における弱体役としての構成

【この構成の特徴】
主にHLマルチなどでClass.III『スーパースター』から使用されている、『ソウルピルファー』『チャームボイスII』で弱体役を担う場合の構成。エリュシオンでこなす場合は従来と比べて火力と弱体命中率が上昇する。

ソウルピルファー
習得ジョブ:スーパースター Lv5
敵に弱体耐性DOWNを付与
敵の弱体耐性を下げ、弱体効果を命中しやすくするためのアビリティ。効果量が大きく、ある/なしで弱体効果の命中率に大きな差が出る。主に高難易度バトルや、長期戦になる敵に対して編成されやすい。
コール・オブ・アビス
習得ジョブ:エリュシオン Lv20
3ターン、味方全員の連続攻撃確率UP
奥義ゲージ上昇量DOWN
奥義ゲージ上昇量が減るデメリットはあるが、楽器装備時ならDA率+80%/TA率+30%という脅威の効果量を持つ、味方全体の火力UPに特化したアビリティ。従来のスーパースターが持つ『ソング・オブ・グランデ』と違ってTA率も上がるため、火力への恩恵が大きい。
チャームボイスII
習得ジョブ:ミンストレル Lv5
敵に魅了(180秒)を付与
主にハイレベルマルチなどで、敵の行動を阻害するために付与される弱体効果。特に楽器装備時の『チャームボイスII』の魅了発動率は、全アビリティ中でも最高クラスに位置する。

火力特化の構成

【この構成の特徴】
味方のDA/TAUPという強力な『コール・オブ・アビス』を中心に、エリュシオンで火力特化する場合の構成。『コール・オブ・アビス』以外のアビリティは比較的自由なのが特徴なので、敵に応じて自由に組み替えられる。

コール・オブ・アビス
習得ジョブ:エリュシオン Lv20
3ターン、味方全員の連続攻撃確率UP
奥義ゲージ上昇量DOWN
エリュシオンを火力運用する場合の基本となるアビリティ。基本はこのアビリティを使用間隔ごとに使い、通常攻撃でのダメージを出していく構成になっている。
クリアオール
習得ジョブ:クレリック Lv5
参戦者の弱体効果を1つ回復
主に『コール・オブ・アビス』で付与される奥義ゲージ上昇量DOWNを解消するためのアビリティ。特に奥義アタッカーの多い編成や、奥義ゲージを多く必要とするキャラを編成する場合に候補となる。
ソング・オブ・グランデ
習得ジョブ:スーパースター Lv15
3ターンの間、味方全体のダブルアタック率大幅UP
『コール・オブ・アビス』の使用間隔との兼ね合いでそれほど優先度は高くないが、火力に特化する際、ひたすら通常攻撃を繰り返す運用に有効。この枠は相手に合わせ、必要なEXアビリティに入れ替えていくことになる。

ソロで弱体効果の命中率を高める構成

【この構成の特徴】
ソロ用の構成で、主にサポアビの弱体命中率UPを利用して弱体効果の命中率を上げるためのもの。この構成はメイン装備が短剣でもOKというのが最大の利点となっている。

ソング・トゥ・ザ・デッド
習得ジョブ:エリュシオン Lv20
敵全体の防御15%DOWN(両面枠)
自属性防御20%DOWN
敵の防御力を下げることができる貴重なアビリティで、ソロや天司戦においては、20%の属性耐性DOWNが非常に役立つ。防御DOWNは両面枠なのでミストと合わせても下限(50%)にはならないが、20%の属性DOWNだけでも十分優秀。
ミゼラブルミスト
習得ジョブ:ダークフェンサー Lv5
敵全体の攻撃/防御25%DOWN
敵全体の攻撃/防御を25%低下させる、敵弱体の基本となるアビリティ。『ソング・トゥ・ザ・デッド』の防御DOWNは同じ両面枠なので上書きしてしまうが、耐性20%DOWNと合わせて45%の防御DOWNを高い命中率で付与できる。
コール・オブ・アビス
習得ジョブ:エリュシオン Lv20
3ターン、味方全員の連続攻撃確率UP
奥義ゲージ上昇量DOWN
主に楽器装備時のアビリティで、味方のDA/TA率を高め、火力を大幅に上昇させることができるアビリティ。短剣装備でもDA40%/TA10%と、運用できなくはないアビリティになっている。

入れ替え候補

アーマーブレイク
習得ジョブ:ウォーリアー Lv5
敵の防御力を20%DOWN(片面枠)
ミゼラブルミストの入れ替え候補。
ソング・トゥ・ザ・デッドは両面枠+属性防御DOWNなので、アーマーブレイクならどちらとも共存。敵の防御力を下限(50%)まで下げることができる。ただしミゼラブルミストと違い、攻撃デバフがなくなるのでかなり相手を選ぶ構成になる。
他心陣
習得ジョブ:賢者 Lv15
自身のHPを奥義ゲージに変換
コール・オブ・アビスの入れ替え候補。
短剣(主に『四天刃』)を装備する際のアビリティ。開幕から『四天刃』の奥義を撃てることに加え、HPを減らせるため背水PTとの相性が良い。

取得方法/入手条件

取得条件

  • トレジャー『吟遊詩人の証』を20個使用
  • 特定クエストをクリアして称号を獲得する
  • 2500JPを使用

各条件の解説

1:吟遊詩人の証を20個集める

トレジャー『吟遊詩人の証』を20個集めることが必要。入手方法は栄誉の輝き20個との交換が一般的(稀に共闘クエストのEX4でドロップするという情報有り)。


2:特定クエストをクリアして称号を獲得する

クエスト『受け継がれる意思』をハーピスト系のジョブでクリアすることで称号が獲得可能。

クエストはいずれかの英雄武器(ジョブマスターピース)を強化し、属性変更まで行うと出現。ザンクティンゼルの碧空の回廊(シュヴァリエ・マグナ討伐戦がある場所)から挑戦でき、主人公1人のみでのバトルとなる。

各ジョブマスターピースの詳細な評価はこちら▶ジョブマスターピース一覧
各ジョブマスターピースの作成方法はこちら▶ジョブマスターピースの効率のいい素材集め方法

クラスIVのジョブはこちら

グラブルの他の攻略記事はこちら

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

開催中のイベント/直近のガチャ

グラブル最新情報・速報

最終上限解放実装(2/22)

どうして空は蒼いのか
(2/22~27)

闇有利古戦場(2/14~21)

最終上限解放実装(2/14)

はじめてのバレンタイン(2/11~2/21)

アーカルムの転世

開催中のキャンペーン

リンクス交換チケット

キャラクター評価一覧

レアリティ別

属性別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中