グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジーwiki
ヴァルナ(神石)の評価/ヴァルナ編成の組み方・理想

【グラブル】ヴァルナ(神石)の評価/ヴァルナ編成の組み方・理想【グランブルーファンタジー】

最終更新 :
グラブル攻略からのお知らせ
【News更新】ハロウィン復刻ガチャ開催中!

ヴァルナの性能と評価、使い道を掲載。ヴァルナ編成における重要な装備やキャラなども掲載しています。ヴァルナを運用する際の参考にしてください。

目次

ヴァルナ・ディヴィジョンの詳細はこちら

理想編成の関連記事はこちら

ヴァルナの性能と効果

ヴァルナのステータス

レアリティ属性最大ATK最大HP
SSR2150800

ヴァルナの性能

オレンジ色表記は最大解放、紫色表記が最終解放時の性能を表しています。

召喚『アパーム・ナパート』
敵全体に水属性ダメージ(特大)
腐敗効果
召喚までの間隔:9ターン
加護効果
スキル「水」「渦潮」「霧氷」の効果が80%UP
加護効果(最大開放時)
スキル「水」「渦潮」「霧氷」の効果が120%UP

ヴァルナの評価と使い道

ヴァルナの評価

1:他属性に比べて運用しやすい神石

水属性の『通常枠』スキル「水」「渦潮」「霧氷」を強化する加護を持つ召喚石。強力な通常枠の武器を揃える必要があるため、本来は運用すること自体が難しい神石シリーズだが、水属性は無課金でも手に入る優秀な通常枠の武器が多い。神石の中でも運用しやすい部類といえる。

TIPS:『神石』
アグニス、ヴァルナ、ティターン、ゼピュロス、ゼウス、ハデスの6つの召喚石の総称。それぞれ属性に対応した、マグナ/コラボ系以外の武器スキル効果を増幅させる加護を持っている。現状、この神石による編成が最も火力を出せる場合が多いが、環境を整えるハードルも非常に高い。
▶武器編成の主なカテゴリについてはこちら


2:『霧氷の渾身』に加護が乗るため非常に強力

イベントで入手できるSSR武器『フィンブル』のスキル『霧氷の渾身』には、ヴァルナの加護が適用される。このスキルは通常攻刃と別枠かつ乗算されるため、ヴァルナ編成に入れることで比較的簡単に火力を上昇させることができる。

TIPS:『渾身』
武器スキルの1つ。HPが高いほど攻撃力が上がるという効果で、最大HPに対する残HPの割合に効果が一定の法則で比例する。フェンリル討滅戦から入手できるSSR弓武器『フィンブル』などについている。

ライターA無課金で手に入る武器でありながら、ヴァルナ編成で使うことで非常に強力な効果を発揮する武器です。どれだけ課金武器が揃っても編成からは抜けづらく、課金武器が少ない内からヴァルナ編成の優位性が高いのはこの武器のおかげといえますね。

3:他の武器も討滅戦などで入手可能

フェンリル討滅戦で入手できる『フィンブル』、『グレイプニル』を始め、四象降臨、マキュラ・マリウス討伐戦などで優秀な武器が入手しやすい。集めるのはそれなりに大変だが、無課金でも十分強力な編成が作れる。


4:入手難度は高いが代用召喚石が存在

ヴァルナの入手法はレジェンドガチャの排出のみで、サプチケで交換も不可なため入手難度が高い。しかしイベント『失楽園』で入手できるヴァルナ・ディヴィジョンがあれば加護は10%劣るものの十分代用として使うことができる。

ヴァルナ・ディヴィジョンの詳細はこちら

ヴァルナの運用方法

1:『ヴァルナ×ヴァルナ』が強力

自分のメイン召喚石に加え、フレンド召喚石もヴァルナを使う、通称『ヴァルナ×ヴァルナ』の編成が非常に強力。『渾身』と『通常攻刃』が乗算されることから生まれた特殊な編成で、火属性の敵に対して圧倒的な火力を誇る。


2:『属性×ヴァルナ』でもマグナ編成より強力

装備がしっかり整っていれば、自分かフレンドのどちらかがヴァルナでない場合でも『属性×ヴァルナ』編成の方がマグナ編成より強力。ヴァルナを持っていない場合でも、ヴァルナ編成自体を作っておくことに恩恵はある。

ヴァルナ編成の装備内訳とオススメ武器

召喚石の組み合わせ

ヴァルナヴァルナ

武器編成例

【課金編成】

メイン武器枠
二手/三手二手/三手二手/三手
SLv15SLv15SLv15
二手/三手技巧枠技巧枠
SLv15SLv15SLv15
渾身渾身天司
SLv15SLv15SLv10
ライターA上記はヴァルナ×ヴァルナ想定の編成例ですが、ヴァルナ×属性の場合も基本的にはあまり変わりません。DA/TAが少し下がってしまうので連撃枠を増やす、くらいでしょうか。ただし今後のことを考えるとミュルグレスの作り過ぎはリスクがあるため、オメガ武器などを上手く活用したいです。

【無課金編成】

メイン武器枠
二手/三手二手/三手二手/三手
SLv15SLv10SLv15
通常枠EX枠EX枠
SLv15SLv15SLv15
渾身渾身天司
SLv15SLv15SLv10

武器の必要本数

通常
攻刃
フィンブル
(渾身)
バハ
武器
方陣
攻刃
EX
攻刃
天司
4~7本1~2本0本0~1本0本~2本
(※)
1本

(※ダメージ軽減目的でローズ武器を入れるのはあり)

ヴァルナ編成で重要な装備

二手/三手

ミュルグレス【剣/レジェフェス】
攻刃III+三手(小)
4凸後、Lv150まで育成することでスキル『三手』というDA/TA率を両方上げる強力なスキルを習得する。現状のヴァルナ編成で最も強い武器であり、持っている数に応じて”二手”枠の武器と入れ替え。両面ヴァルナでの編成本数はオメガを考慮するなら2~3、しない場合は4~5本となる。
グレイプニル【斧/フェンリル討滅戦
攻刃(小)だが、二手(大)を持った強力な武器。なお二手(DA率UP)にはスキル枠ごとに50%の上限があるというのが通説で、上限に到達するためヴァルナ×ヴァルナでは最大2本。
オベロン【格闘/マキュラ・マリウス】
攻刃(小)に加えて二手(中)と技巧(中)を備えた、対火属性で強力な武器。また守護(小)がついている点も、高HPの維持しやすさに繋がる。最終的にグレイプニルと入れ替えで、ミュルグレスがなければ現状ではオベロン2/グレイプニル1が目標。
玄武甲槌・王【斧/四象降臨】
攻刃Ⅱに加えてSLV15の二手(小)を持つ武器。自分の二手/三手武器の所持状況に合わせて組み込もう。
スラーンド【斧/サプチケ・ムーン交換】
Lv120以上で攻刃II+二手(中)を持つ、通称『キャラなし武器』。所持しているなら上記の”二手”を持った武器と入れ替え候補だが、ミュルグレスの登場によって理想編成からは外れてしまっている。ダマスカスを使う場合はミュルグレスにしよう。

オメガ(二手/三手)

オメガ武器(スキル闘争)【特殊武器強化】
該当の得意武器のキャラのDA/TA率を20%上昇させるスキル"闘争"が強力。PTの得意武器をある程度揃えられれば二手/三手枠として運用可能で、両面ヴァルナ/ヴァルナ×属性どちらでも有用だが、連撃率の稼ぎづらいヴァルナ×属性での恩恵が特に大きい。

渾身

フィンブル【弓/フェンリル討滅戦】
霧氷の渾身+水の守護
スキル『渾身』が通常攻刃枠と乗算されるため、ヴァルナ編成の攻撃力を大幅に上げてくれる武器。HPをどの程度保てるかによって本数は前後するため、相手に応じて1~3本編成したい武器。

技巧枠

デュランダル【剣/サプチケ・ムーン交換】
Lv120以上で攻刃II+技巧(中)を持つ『キャラなし武器』。対火属性において非常に強力な武器で、1から作成するならスラーンドよりこちらがオススメだが、こちらもミュルグレスよりは優先度が下がる。
ヴィルヘルム【拳/グラニ】
暴君+技巧(中)という、デュランダルの互換となる武器。HPが減るデメリットは厳しいが、現状でも対火属性の攻撃力を高めてくれる武器で、最終解放が来れば更に優秀になる可能性を秘めている。

通常枠

玄武殻拳【格闘/四象降臨】
4番手のキャラに追加ダメージが発生する強力な武器。追加ダメージの割合にヴァルナの加護が乗るという特徴があり、ヴァルナ×ヴァルナなら4割超の追加ダメが発生するため、是非編成に入れておきたい。
シュヴァリエブージマグナ【斧/マグナ】
光属性だがスキルに水属性の通常攻刃(大)を持つマグナ武器。最終解放でスキルLv15まで強化も可能なため、入手した際は通常攻刃枠の繋ぎとして活用するのも選択肢。
(※ただし解放には光エレメントを使用するためあまり推奨されない。)

方陣/EX枠

真・氷逆天の戦棍【杖/ゼノコキュートス撃滅戦】
強力なEX攻刃(特大)を持つ武器。EX/方陣枠の中で最も優先度が高く、4凸していれば他の武器の揃い具合に応じて0~2本まで編成される。
レヴィアンゲイズマグナ【短剣/マグナ】
水属性のマグナ攻刃武器で、Slv15時点ではEX/方陣枠としてコキュ杖2本目より優先度は低い。5凸後Slv20まで育成するとコキュ杖2本目より優先して入るが、Slv15~20まで上げるコストがかなりかかる点には注意したい。
鶴丸国永
氷逆天の戦棍を持っていない場合の選択肢。リヴァ短剣より優先度は低く、通常攻刃やフィンブルなどの武器本数が足りない場合の編成候補。他には同じEX攻刃のぴにゃ短剣も候補

天司/上限

ワンド・オブ・ガブリエル
【杖/特殊武器強化】
ガブリエルの祝福II/神威(小)
水属性のセラフィックウェポンで、対有利属性においては必須級の最終ダメージを1.2倍するという脅威のスキル『ガブリエルの祝福II』を持っている。ただしフラムグラスなど、属性が変わる敵に対しては恩恵が少なくなる点に注意。
玄武甲槌・邪【斧/四象降臨】
攻刃IIの他に、水属性キャラのダメージ上限を7%上げるスキルを持った武器。通常攻撃で35万以上のダメージが出せるなら編成しよう。

ヴァルナ編成を構成する際の手順

手順1-1:最初にミュルグレスをあるだけ編成

ヴァルナ編成を作る際、まずは最終上限解放済みのミュルグレスを4~5本まで、あるだけ編成する。持っていないからといって無理に作成する必要はないが、3本程度までは攻撃力の上がり幅が非常に大きい。

手順1-2:上限を超えないように”二手”を編成する

ミュルグレスを考慮し終わったら、増やす恩恵は大きいが上限値がある『二手』を無駄がない範囲で編成する。以下の表から、パーセントの合計が50%を大きく上回らないように調節しよう。

武器ヴァルナ
×ヴァルナ
ヴァルナ
×属性
ミュルグレス
(三手)
約10%約6%
グレイプニル約24%約15%
オベロン約12%約7%
玄武甲槌(王)約11%約7%
スラーンド約17%約11%
オメガ武器
(無垢武器)
20%20%
ライターAヴァルナ×ヴァルナの前提になってしまいますが、無課金で最初に目指すべきはグレイプニル×2(約48%)もしくはオメガ+グレイプニル(約44%)です。グレイプニルが集めやすいというのが一番大きな利点ですね。
次はオベロンを1本、玄武甲槌(王)を1本揃えたら、グレイプニルを減らして『グレイプニル』1本+『オベロン』1本+『玄武甲槌(王)』1本(約47%)。もしくは玄武甲槌をオベロンに変えるパターン(約48%)。現状ではどちらかを目指すのがオススメです。

手順2:フィンブルの本数を決める

フィンブルの持つ『霧氷の渾身』は、HPの減少量に対しての攻撃力の低下がかなり顕著なスキル。基本的には2本と考えてHPが維持しづらい敵なら1本、余裕を持って戦えそうなら3本(ただし収集難易度は高い)というように、挑む相手によって調整していきたい。


手順3:通常攻刃の強力な武器を編成

次は攻刃+技巧や玄武殻拳といった、通常攻刃の中でも強力な第二スキルを持った武器を優先する。候補は以下。

武器注意点
ガブリエル杖通常攻刃ではないが、真っ先に編成
対有利属性で最終ダメを1.2倍にする
デュランダル通称”キャラなし武器”
最終解放が必要になるが技巧(中)を持ち
攻刃IIで素の攻撃力も高くなる
ヴィルヘルムHPが10%減る代わりに攻刃+技巧
複数本編成するとHPが減りすぎるため
HPと相談しつつ本数を決める
玄武甲槌(邪)通常攻撃が30万を上回る相手に
編成されやすい武器
こちらの攻撃/敵の防御次第では
恩恵がほとんど得られないため注意
玄武殻拳4番手のキャラの奥義ゲージが
増えづらくなる代わりに
最大で約4割の追加ダメージ
ライターAここに書いてある武器がなかったとしても、二手+フィンブルまででヴァルナ編成は十分強力なので気にしなくてもOKです。ただ玄武亀斧、玄武殻拳は四象で入手できるので、優先的に確保・育成しておきたいですね。

手順4:残りの武器を編成する

余った編成枠に通常攻刃武器やマグナ武器を編成する。編成が埋まらないようであれば、フィンブルを増やすなどで対応しても良い。

ヴァルナ編成と相性の良いキャラ

カタリナ
(リミテッド)
マウントと回復、ダメカを持った優秀な支援キャラ。またヴァルナ×ヴァルナ編成では属性バフの影響が大きいため、奥義の水攻撃UPが強力。下記のアルルメイヤとマウントの競合枠だが、他の効果が非常に相性が良く、同時運用も十二分に考えられる。
アルルメイヤ
(クリスマス)
カタリナと同じく、マウントと回復を持ったキャラ。ダメカがない代わりに25%の水耐性DOWNを持つためソロで有用で、またランダムで付与される”事象”による強化は、どの効果もヴァルナ編成と相性が良い。
アルタイル最終解放で奥義に味方全体へのクリティカル付与、更に1アビに味方全体の水攻撃UPを得たキャラ。どちらの効果もヴァルナ編成との相性が良く、敵弱体化の役割も合わせて火力支援キャラとして非常に高い水準を誇る。
水ユエルクリスマスアルルメイヤと同様に水属性防御25%DOWNを持つキャラ。また味方全体の連続攻撃率支援や弱体命中UPに加えて敵に狐火を付与することで味方全体に追撃効果が発生と、担える役割が多く幅広い場面で活躍できる。
ドランク片面枠の攻防25%DOWNなど、優秀な弱体効果を複数持つキャラ。回復量は控えめだがCTの短い回復で渾身の維持に貢献でき、自己強化でアタッカーにもなれ、玄武拳の対象にも適している。
イングヴェイ『タフガイモード』時に敵対UP+攻撃2倍+防御4倍という、高い攻撃力と耐久力を持つキャラ。味方全体の被ダメージを軽減できるため、主に強敵に対して有効。
水着ディアンサ連撃率が高いので『トレピリ』効果の維持がしやすく、二手が上限近くあれば80%以上のDA率を出せる。スキル『渾身』と1アビの組み合わせで戦闘開始直後に高火力の確定TAができる点も相性がいい。
リルル味方の奥義ゲージUPに加え、高い回復力を持ち味方のHPを高く維持できるキャラ。スキル『渾身』の維持に有効。
水着ナルメア自身の通常攻撃に最大7割以上の追加ダメを付与できるキャラ。DAの出やすいヴァルナ編成で強力で、更にブレアサも持っているため玄武殻拳との相性も◎
ロミオ英霊を維持すれば常時1.3倍という高い攻撃力に加え、奥義に追加ダメージを持つアタッカー。また敵に水耐性DOWNを付与できるため、ソロでも優秀。
アンPTのHPを維持することに特化したキャラ。『渾身』の維持に非常に有効で、高難度のボス戦で特に活躍。
(十天衆)カトルカタリナやカーバンクルの水攻撃UP、四天刃の奥義バフを延長できるキャラ。また奥義のスロウなどで敵の特殊技の遅延もできる。最終後は連続攻撃率の支援役としても優秀。
(十天衆)ウーノダメカ、かばうカウンターなどでPTのHP維持に貢献できる。特に最終解放後の4アビと『渾身』の相性が抜群で、火力面でも連撃のでやすいヴァルナと相性が良く、主力アタッカーとして活躍できる。玄武殻拳と組み合わせて4番手に配置するのがオススメ。
(番外)ヨダルラーハ確定TAからの奥義が強力。4番手に置くことで玄武殻拳の恩恵を受け、古戦場などの短期戦における最高火力を発揮する。

ヴァルナの入手法

レジェンドガチャで入手

ヴァルナの小ネタ

なぜか四象降臨には登場しない

1:四象の水属性EX+はネプチューン

四象降臨に登場するボスは『アグニス』『ティターン』『ゼピュロス』と、神石シリーズ(ゼウス系召喚石)がボスになっている。本来ならヴァルナが水属性のボスになっているはずだが、水属性はなぜかネプチューン。

2:実装された時期の問題

初回の四象降臨は最初の実装が『四象降臨 玄武』。当時はまだヴァルナどころか、神石が実装されていなかったため、ネプチューンがボスとして登場したという経緯がある。なおヴァルナは、神石の中でも実装は最後だった。

グラブルの他の攻略記事はこちら

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


あなたのヴァルナ編成

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

開催中のイベント/直近のガチャ

土有利古戦場(5/23~5/30)

ハロウィン復刻(5/24~5/28)

グランデフェス(5/21~5/24)

最終上限解放実装キャラ(5/17)

新EXIIジョブ(5/17)

大型バランス調整(5/15)

4周年アップデート関連

パンデモニウム最終階層攻略

アーカルムの転世

開催中のキャンペーン

リンクス交換チケット

キャラクター評価一覧

レアリティ別

属性別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中