グラブル
グラブル攻略wiki|グランブルーファンタジー徹底解説
ハデス編成の組み方/必要武器|ハイランダー・渾身技巧・背水軸
グラブル攻略班

グランブルーファンタジー ハデス編成の組み方/必要武器|ハイランダー・渾身技巧・背水軸

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
ハデス編成の組み方/必要武器|ハイランダー・渾身技巧・背水軸

グラブルのハデス編成を徹底解説!ハデス理想編成に必要な武器本数や「ハイランダー編成」「渾身編成」「背水編成」「確定クリティカル編成」など掲載しています。ハデス編成の作成や移行を考える際の参考にどうぞ。

ハデス編成の組み方

※2022年1月上旬に闇有利古戦場が開催予定!
▶闇古戦場の開催情報はこちら!

目次

闇古戦場の肉集め編成例はこちら
※EX+のHPが2200万に引き上げ
EX(1556万)編成例EX+(2100万)編成例
フルオート編成例についてはこちら
▶闇古戦場フルオート周回編成例まとめ

【更新履歴】(※スクロールで確認できます)

(2021/9/16)理想編成/重要な武器を追記
・リッチ斧軸の編成例を追記
・リッチ斧(ペインアンドストレイン)を追記
(2021/9/6)重要な武器を追記
・『タアロ・マサラ』を追記
・理想編成例を一部調整/追加
・『アゴナイズ』を追記
(2021/5/6)重要な武器/編成例を更新
・渾身軸の確定クリハイランダー編成例を追記

理想編成の関連記事はこちら

ハデス編成とは?

ハデス
加護効果
(3凸時)
スキル「闇」「憎悪」「奈落」の
効果が120%UP
加護効果
(4凸時)
スキル「闇」「憎悪」「奈落」の
効果が140%UP
加護効果
(5凸時)
スキル「闇」「憎悪」「奈落」の
効果が150%UP

ハデス編成とは、召喚石「ハデス」の加護によるスキル効果UPの加護を活かせる武器を中心に組む編成のこと。理想編成を目指す場合はリミテッド武器など課金武器の有無が重要となり、「渾身軸」「背水軸」「技巧軸」といった多様な編成が存在する。

新リミ武器「リッチ斧」が実装!

ハイランダー・渾身技巧・背水堅守の画像

新たなリミテッド武器として『ペイン・アンド・ストレイン』が実装。条件無しの与ダメ上昇+ダメ上限UPと強力なスキル構成で、ハデス編成のダメージを引き上げる要素として非常に優秀な武器となる。

リッチ斧の評価/性能検証まとめ

一部武器スキルの上限枠統一/見直し

武器スキル調整が実施

実施日2021年8月20日(金)

一部武器スキルの上限統一/最大値引き上げ

武器スキル名変更内容
〇〇の三手
〇〇方陣・三手
・上限の枠を統一
・効果量の上限を75%に引き上げ
〇〇の技巧
〇〇方陣・技巧
・異なるスキルもクリ発生率を全て加算
・クリティカル発生の抽選は1回
・クリティカル倍率は一律50%
〇〇の守護
〇〇方陣・守護
・上限の枠を統一
・効果量の最大値を400%に変更
〇〇の治癒
〇〇方陣・治癒
・上限の枠を統一
・効果量の最大値を100%に変更
〇〇の必殺
〇〇方陣・必殺
・上限の枠を統一
・奥義ダメUPの最大値を120%に変更
イクシード・〇〇
〇〇の必殺
〇〇方陣・必殺
ガンマ・リベレイション
(※終末武器)
・上限の枠を統一
・奥義ダメ上限UPの最大値を75%に変更
オーバードロー
変幻自在の剣技
・アビダメUPの最大値を100%に引き上げ
〇〇・アーツ
〇〇の技錬
ベータ・リベレイション
(※終末武器)
・アビダメ上限UPの最大値を100%に引き上げ
チェインフォース
〇〇の英傑
デルタ・リベレイション
(※終末武器)
・CB上限UPの最大値を100%に引き上げ
ライターA今回の調整に関して少し補足すると、
①三手、技巧、CB上限
この3種は上限引き上げや、武器スキルの組み合わせやすさが改善される純粋な強化。
②奥義上限、アビダメ上限
この2種は元々「複数スキルの合算上限枠」と「終末枠」で上限が別扱いだった部分が統一され、既存の合算最大値に上限が変更となる形。
◆既存の奥義上限例(最大75%)
・合算60%枠(必殺30%+イクシード30%)+終末15%
◆既存のアビ上限例(最大100%)
・合算50%枠(アーツ45%+コロ銃20%)+終末50%
③守護、治癒
こちらは統一により、通常守護など今まで上限が無かった部分にも効果上限が設定されてしまった形。

終末武器に新要素『チェイン』が登場

ベリアルHLにて終末武器に新たなスキルを付与するアイテム『◯◯のチェイン』を交換できるトレジャーがドロップ。第3スキルの新たな選択肢として登場しており、既存スキルとは異なる特殊なスキルなども実装された。

ベリアルHL関連記事はこちら
ベリアルHL終末武器一覧「楽園崩壊」攻略

リッチ斧編成例

※実装直後のため、編成例は随時調整予定です

召喚石の組み合わせ

背水軸リッチ斧編成

背水編成

召喚石の組み合わせ
ハデスハデスハデスハデス
メイン武器
与ダメ枠与ダメ枠攻刃/背水枠
SLv15SLv15SLv15
技巧枠技巧枠攻刃/背水枠
SLv15SLv15SLv15
技巧枠終末枠天司枠
SLv15SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×1本(※メイン武器枠)
・リッチ斧×2本
・タアロマサラ×2本
・バブ斧×2本
・ブルトガング or 麒麟弓 or コスモス斧×0~1本
・永遠拒絶の太刀(アビ上限/誘惑or背水)×1本
・ベリアル斧×1本
ライターA修羅による自傷ダメを活かした背水運用でイベント周回や肉集めを想定したリッチ斧編成例。
確定クリにこだわらなければブルトガングの枠は自由枠となるため、目的に応じて組み換えたいところ。
六竜石実装後は自由枠となるため、上限目的で麒麟弓やコスモス斧が候補となりますね。

限界背水軸(短期向け)

召喚石の組み合わせ
ハデスハデス黒麒麟3凸黒麒麟
メイン武器
与ダメ枠与ダメ枠上限枠
SLv15SLv15SLv20
背水枠
攻刃/背水枠攻刃/背水枠背水枠
SLv15SLv15SLv15
方陣枠
方陣枠終末枠天司枠
SLv20SLv20SLv15
メイン枠の候補となる武器
方天画戟
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×0~1本(※メイン武器枠)
・リッチ斧×2本
・麒麟弓×1本
・タアロマサラ×2本
・グラシ×1本
・セレ拳(EX厳選推奨)×1本
・永遠拒絶の太刀(アビ上限/虚詐or誘惑)×1本
※メイン方天採用時は通常上限+誘惑のチェイン
・ベリアル斧×1本
ライターAより背水火力に特化させる場合は、技巧武器の枠に上限要素を持つ武器などがおすすめです。
リッチ斧でEX攻刃を確保できているため、メインに方天画戟が用意できるなら黒銀の滅爪と入れ替えとなります。その場合終末武器は通常上限+誘惑にしたいですね。

渾身軸リッチ斧編成例

召喚石の組み合わせ
ハデスハデスハデスハデス
メイン武器
与ダメ枠与ダメ枠渾身枠
SLv15SLv15SLv15
技巧枠技巧枠渾身枠
SLv15SLv15SLv15
技巧枠終末枠天司枠
SLv15SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×0~1本(※メイン武器枠)
・リッチ斧×2本
・フォールン・ソード×2本
・バブ斧×2本
・ブルトガング or 麒麟弓 or コスモス斧×0~1本
・ツヴァイシェーデル×0~1本
・終末武器(アビ上限/誘惑or渾身)×1本
※メイン方天採用時は通常上限
・ベリアル斧×1本
メイン枠の候補となる武器
方天画戟
ライターAこちらは渾身軸のリッチ斧編成例。
最大火力自体は背水に劣りますが、背水をかけなくとも火力を発揮できるのが魅力です。

アビダメ軸リッチ斧編成

召喚石の組み合わせ
ハデスハデスハデスハデス
メイン武器
与ダメ枠与ダメ枠アビ与ダメ
SLv15SLv15SLv15
技巧枠技巧枠アビ与ダメ
SLv15SLv15SLv15
技巧枠終末枠天司枠
SLv15SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×0~1本(※メイン武器枠)
・リッチ斧×2本
・アゴナイズ×2本
・ブルトガング or 麒麟弓 or コスモス斧×1本
・バブ斧×2本
・終末武器(アビ上限/渾身)×1本
・ベリアル斧×1本
ライターAアビダメを主体としたパーティで運用する際のアビダメ軸編成例。
リッチ自身が強力なダメアビアタッカーで、アゴナイズやリッチ斧といった与ダメ上昇要素を最大限活かせるのが強み。
中長期を想定したフルオートなどで強力な編成です。

背水ハイランダー編成例

召喚石の組み合わせ

背水軸の武器編成例

上限重視の短期向け編成例

EX枠メイン武器背水枠
背水枠背水枠アビ与ダメ
SLv15SLv15SLv15
上限枠
与ダメ枠EX枠上限枠
SLv15SLv15SLv20
方陣枠終末武器闇の子の歯牙
背水枠背水枠天司枠
SLv20SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪 Slv20×1本※メイン武器
・タアロ・マサラ×1本
・グラーシーザー×1本
・アゴナイズ×1本
・セレ爪×1本
・リッチ斧or虚空斧×1本
・ツヴァイシェーデル×1本
・アゴナイズ×0~1本
・麒麟弓or支配の天秤×1本
・方陣終末5凸(背水or誘惑/アビ上限)×1本
・ベリアル斧×1本
メイン枠の候補となる武器
方天画戟
ライターAアーカーシャの青箱狙いや光六竜連戦など、水着ゾーイとニーアによるHP1固定を活かして立ち回る短期向けの編成例。背水火力を最大限得られるため片面黒麒麟のハイランダー編成でも十分に火力を出せ、ダメ上限や追撃、与ダメ上昇など少しでもダメージを伸ばせる武器を採用しています。
アーカーシャHL攻略/編成例まとめ

背水ハイランダー編成例 (汎用向け)

メイン武器枠メイン武器背水枠ブルトガング
背水枠通常枠進境枠
SLv15SLv15SLv15
EX枠上限枠
EX枠EX/上限枠上限枠
SLv15SLv15SLv20
終末武器闇の子の歯牙
終末枠アビ与ダメ天司枠
SLv20SLv15SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×1本※メイン武器
・グラーシーザー×1本
・タアロ・マサラorブルト×0~1本
・シューニャ×1本
・ツヴァイ・シェーデル×1本
・支配の天秤×1本
・麒麟弓×1本
・終末5凸(誘惑or背水/アビ上限)×1本
・アゴナイズ×1本
・オメガ武器×0~1本
・ベリアル斧×1本
ライターAエピック武器「支配の天秤」を活用したハイランダー編成例。全て異なる武器を装備することで、EX攻刃20%UPに加えてダメ上限10%UPの恩恵を得られます。
ただし同じ武器を複数本積める背水特化編成に比べると、素の火力が低い点に注意。
キャラによる火力支援、背水維持のしやすさ、敵の防御値、古戦場の団バフなど武器以外の要素でダメ上限に届くかどうかで活躍機会が左右される編成ですね。

背水堅守ハイランダー編成例

メイン武器背水枠EX枠
背水枠進境枠EX枠
SLv15SLv15SLv20
マジェスタス上限枠
堅守枠EX/上限枠上限枠
SLv15SLv15SLv20
終末武器闇の子の歯牙
終末枠アビ与ダメ天司枠
SLv20SLv15SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・ジョン・ドゥ(天聖)×1本※メイン武器
・グラーシーザー×0~1本
・タアロ・マサラ×0~1本
・シューニャ or ブルトガング×1本
・黒銀の滅爪×1本
・マジェスタス×1本
・支配の天秤×1本
・麒麟弓×1本
・神終末5凸(背水/アビ上限)×1本
・アゴナイズ×1本
・オメガ武器×0~1本
・ベリアル斧×1本
ライターA中~長期戦向けの背水堅守編成例。堅守で低HPを維持しつつ、ターン数のかかるバトルでは進境を採用して終盤の火力を伸ばすのが有効。
この辺りは敵によってどの武器を採用するのか、臨機応変に調整したいですね。

背水軸のハデス編成例

召喚石の組み合わせ

背水軸のハデス編成例

▶リッチ斧有りの編成はこちら

背水+確定技巧の武器編成例

EX枠メイン武器背水枠
背水枠背水枠背水枠
SLv15SLv15SLv15
バブ斧バブ斧
技巧枠技巧枠技巧枠
SLv15SLv15SLv15
上限枠終末武器闇の子の歯牙
上限枠背水枠天司枠
SLv20SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪 Slv20×1本※メイン武器
・タアロ・マサラ×2本
・グラーシーザー×0~1本
・ツヴァイシェーデル×0~1本
・バブ斧×2本
・ルーリングペンorブルト×1本
・麒麟弓×1本
・方陣終末5凸(誘惑or背水/アビ上限)×1本
・ベリアル斧×1本
メイン枠の候補となる武器
方天画戟
ライターA背水火力+確定技巧で火力を高めた編成例。
修羅の効果で開幕からHPを40%減らせるため、ポチなしの周回などで活躍できます。
水着メグや、方天画戟を所持していない場合はサポ枠追撃を確保するためにツヴァイシェーデルを1本採用したいところ。

渾身ハイランダー編成例

召喚石の組み合わせ

確定クリの武器編成例

EX枠メイン武器バブ斧ブルトガングブラッディスカー
技巧枠技巧枠技巧枠
SLv15SLv15SLv15
フォールン
渾身枠EX枠EX/上限枠
SLv15SLv15SLv15
上限枠終末武器闇の子の歯牙
上限枠終末武器枠天司枠
SLv20SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪 Slv20×1本※メイン武器
・バブ斧×1本
・ブルトガング×1本
・ブラッディスカー×1本
・フォールンソード×1本
・ツヴァイシェーデル×0~1本
・虚空斧 or リッチ斧×0~1本
・シューニャ×0~1本
・支配の天秤×1本
・麒麟弓×1本
・通常終末5凸(背水/アビ上限)×1本
・ベリアル斧×1本
メイン枠の候補となる武器
方天画戟
ライターA確定クリの恩恵を得つつ、渾身火力を維持できる中期戦を想定した編成例。イベントなどの短期周回時に確定TAキャラを複数起用する場面では虚空斧も選択肢ですね。

確定クリティカル軸のハデス編成例

【確定クリ編成の特徴】
・渾身特化より被ダメによる火力減少が少なめ
・確保できるHP帯が高い
・有利属性/無属性などクリが発生する状況で有効

召喚石の組み合わせ

ライターA確定クリティカルがコンセプトとなるため、召喚石の組み合わせは技巧スキルの効果量を伸ばせる両面5凸ハデス推奨となります。

武器編成例(堅守背水+確定クリ軸)

メイン武器枠メイン武器バブ斧バブ斧
攻刃/技巧枠攻刃/技巧枠攻刃/技巧枠
SLv15SLv15SLv15
マジェスタスマジェスタス背水枠
堅守枠堅守枠背水枠
SLv15SLv15SLv15
終末武器EX枠
進境枠終末枠EX枠
SLv15SLv20SLv20
この構成で必要となる武器(例)
・パラゾニウム×1本 ※4凸/メイン武器
・バブ斧×2本
・ルーリングペンorブルトガング×0~1本
・マジェスタス×2本
・グラーシーザー×0~1本
・タアロ・マサラ×0~2本
・シューニャ×1本
・終末武器(背水)×1本
・黒銀の滅爪 or 虚空剣×1本
・ベリアル斧×0~1本 (対有利向け)
ライターA無属性の高難易度ボスを想定した、堅守背水軸の確定クリ編成例。
バブ斧2本+マジェ2本+終末1本と計5本でHPを非常に多く確保できるのが特徴。
HPが多い場面でも確定クリによりある程度火力が出せるのもポイントです。

武器編成例(渾身+確定クリ軸)

メイン武器枠メイン武器フォールンソードフォールンソードEX枠
渾身枠渾身枠EX枠
SLv15SLv15SLv20
バブ斧バブ斧ブルトガング
攻刃/技巧枠攻刃/技巧枠攻刃/技巧枠
SLv15SLv15SLv15
上限枠終末武器闇の子の歯牙
上限枠終末枠天司枠
SLv20SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・パラゾニウム×1本 ※4凸/メイン武器
・フォールンソード×2~3本
・黒銀の滅爪×0~1本
・シューニャ×0~1本
・ブルトガング×1本
・バブ斧×2本
・麒麟弓×1本
・終末武器(渾身)×1本
・ベリアル斧×1本
ライターA両面ハデス運用において「バブ斧2本+ブルト1本」を起用した確定クリ軸の編成例。
水着メグのクリ時追撃を最大限に活用する際に候補となります。
「クラフト」を持つ『ルーリングペン』など、与ダメ加算の要素もあるため、手持ちに応じて組み変えていきたいところ。
HPもそこそこ盛れるため、フルオート運用時にも安定して立ち回れます。

▲装備の+値なしでも4万程度のHPを確保可能。

渾身運用のハデス編成例

【想定する状況】
・高HPを維持したまま戦えるバトル
・オールポーションでHPを維持しやすい古戦場など

召喚石の組み合わせ

武器編成例 (渾身特化)

メイン武器枠メイン武器フォールンソードフォールンソードフォールンソード
渾身枠渾身枠渾身枠
SLv15SLv15SLv15
フォールンソードコスモス剣EX枠
渾身枠コスモス枠EX枠
SLv15SLv-SLv15
上限枠終末武器闇の子の歯牙
上限枠終末枠天司枠
SLv20SLv20SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×1本 ※メイン武器
・フォールンソード×4~5本
・ツヴァイシェーデル×0~1本
・コスモス剣4凸×0~1本
・麒麟弓×1本
・終末武器(渾身)×1本
※フォールン3本以下…神、4本以上…方陣推奨
・ベリアル斧×1本
ライターAフォールンソード主体の渾身編成。理想を求めると渾身枠が4~5本必要になります。他武器に関してはベース火力を高めるなら黒銀の滅爪、コスモス剣を活かす目的でEX枠に麒麟剣採用、また短期戦ではレスラー+虚空斧採用など、目的に応じて入れ替えたいところ。
渾身編成は水着ゾーイが居なくても火力を出せるため、キャラ枠に余裕ができる+超短期戦で強いといった点などが特徴ですね。

【渾身寄りのハイランダー編成例】

メイン武器枠メイン武器フォールンソードブルトガングウンハイル
渾身枠通常枠英傑枠
SLv15SLv15SLv15
虚空枠上限枠
EX枠EX/上限枠上限枠
SLv15SLv15SLv20
終末武器EX枠闇の子の歯牙
終末枠EX枠天司枠
SLv20SLv15SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・黒銀の滅爪×1本※メイン武器
・フォールンソード×1本
・ブルトガング×1本
・ウン・ハイル or ヘルマニビス×1本
・虚空武器 or ツヴァイ・シェーデル×1本
・支配の天秤×1本
・麒麟弓×1本
・絶対否定の太刀(5凸/渾身推奨)×1本
・ベリアル斧×1本
その他に編成候補となる武器例
ヘルマニビス麒麟剣麒麟剣ゼノディア刀

両面ハデスの技巧組合せ表(例)

※ハデス5凸時の組み合わせです。
▼ハデス4凸時の効果量はこちら

:TIPS:『両面ハデス編成の加護』
メイン召喚石・サポ召喚石の両方に5凸ハデスを採用することで、通常スキルに4倍の補正がかかる。

加護に応じた技巧のクリ発動率

無し片面
(150%)
両面
(300%)
技巧(小)
Slv15
3%7.5%12%
技巧(小)
Slv20
4%10%16%
技巧(中)
Slv15
6.5%16.25%26%
技巧(中)
Slv20
7.5%18.75%30%
技巧(大)
Slv15
10%25%40%
技巧(大)
Slv20
11%27.5%44%
技巧II/刹那II
Slv15
12%30%48%

確定クリ向けの武器組み合わせ例

バブ斧2+ブルトガング1

技巧II技巧小加護発動率
バブ斧
(12×2)
ブルトガングブルト
(3)
×4108%

バブ斧1+スカー1+ブルトガング1

技巧II技巧大技巧小加護発動率
ブルトガングバブ斧
(12)
スカー
(10)
ブルトガングブルト
(3)
×4100%

バブ斧1+スカー1+技巧中1

技巧II技巧大技巧中加護発動率
ブルトガングバブ斧
(12)
スカー
(10)
技巧中
(6.5)
×4114%

バブ斧1+技巧中2

技巧II技巧中加護発動率
ブルトガングバブ斧
(12)
技巧中
(6.5×2)
×4100%

ハデス4凸時の組み合わせ

ハデス4凸時の組み合わせ例

※ハデス4凸時の組み合わせです。

:TIPS:『両面ハデス編成の加護』
メイン召喚石・サポ召喚石の両方に4凸ハデスを採用することで、通常スキルに3.8倍の補正がかかる。

加護に応じた技巧のクリ発動率

加護に応じた技巧Slv15のクリ発動率

無し片面
(140%)
両面
(280%)
技巧(小)3%7.2%11.4%
技巧(中)6.5%15.6%24.7%
技巧(大)10%24%38%
技巧II12%28.845.6%

バブ斧2+ブルトガング1

技巧II技巧小加護発動率
バブ斧
(12×2)
ブルトガングブルト
(3)
×3.8102.6%

バブ斧1+スカー1+技巧中1

技巧II技巧大技巧中加護発動率
ブルトガングバブ斧
(12)
スカー
(10)
技巧中
(6.5)
×3.8108.3%

ハデス編成で重要な武器

各スキルの解説はこちら

TIPS:『三手』
武器スキルのひとつである『○○の三手』のこと。ダブルアタック率、トリプルアタック率の両方が上がる効果を持っているため、他の武器スキルに比べてダメージ期待値の上がり幅が非常に大きい。

TIPS:『背水』
武器スキルのひとつである『○○の背水』のこと。残りHPが低ければ低いほど攻撃力が上昇する。純粋に効果量が高いほか、攻刃などと別枠(乗算)される関係であるため、恩恵が大きい。

TIPS:『渾身』
武器スキルのひとつである『○○の渾身』のこと。背水とは逆に残りHPが多ければ多いほど攻撃力が上昇する。こちらも攻刃などと別枠(乗算)される関係であるため、恩恵が大きい。

TIPS:『技巧』
武器スキルのひとつである『○○の技巧』のこと。弱点属性でダメージを突いた時に一定確率でダメージが上昇する「クリティカル」が発動する。発動率を全て加算して抽選。クリティカル発生時は一律1.5倍。

TIPS:『暴君』
武器スキルのひとつである『○○の暴君』のこと。攻撃力が上昇する代わりに最大HPが減少する。攻撃力の上昇値は攻刃(大)と同等。他に優秀な第二スキルを持つ武器に攻刃の代わりとして設定されている場合が多い。

TIPS:『ニ手/三手スキルの上限について』
ニ手・三手スキルで上昇するDA/TA率は通常枠/方陣枠それぞれで50%が上限。
例1:通常枠30%+通常枠30%=50%(上限)
例2:通常枠30%+方陣枠30%=60%
※オメガ武器の”闘争”スキルは通常枠扱い
※バハ武器の連撃UPスキルは別枠(合算で50%以上可)

与ダメ上昇枠

リッチ斧(ペインアンドストレイン)
【斧/グランデフェス】
煉の約定/ボルテージオブアックス/煉の真髄
無条件与ダメ上昇5万+斧武器に応じたEX攻刃+ダメ上限と強力なスキルで構成された武器。ハデス編成の火力を底上げできる重要な要素で、所持していれば無凸からでも起用候補となる。
EX攻刃最大値を目指しつつ、与ダメの恩恵を最大限受けられる4凸2本が作成目安となる。

渾身枠

フォールン・ソード【剣/グランデフェス】
攻刃III/渾身(中)
渾身環境のハデス編成で重要な役割を担う武器で、渾身編成の火力に直結する。まずは渾身編成を作成する目安として4~5本程度を目標に進めたい。
フェディエル・スパイン【剣/フェディエルHL】
渾身(特大)/黒の誓約
HPが多いほど火力が強化される渾身スキルを持つ剣武器。(※第1スキルは加護対象外)
4凸後は闇キャラの奥義の与ダメを最大60万加算する「黒の誓約」を習得し、奥義周回編成などで奥義ダメ底上げ要素として起用候補。
奥義効果に全体ゲージUPや奥義性能UPがあるため、クリュサオルのメイン/CWとしても役立つ性能。

背水枠

タアロ・マサラ【格闘/季節限定キャラ武器】
攻刃中/背水小/修羅(攻刃)大
攻刃中+背水小+修羅大を持ち、ハデスの背水運用で重要となる。
開幕からHPを減らせる修羅持ちなのも背水軸ではメリットで、修羅の恩恵を最大限に得られる2本、ハイランダー運用では1本まで優先して作成したい武器。
グラーシーザーグラーシーザー【槍/サプチケ・ムーン交換】
攻刃II/背水(中)
ハデス編成の背水運用で重要となる武器。水着ゾーイなどの一部キャラと相性が良く、低HP時を維持した立ち回りをする際に高い火力を誇る。現状ではハイランダー編成向けに4凸1本作成が目安。
リボンリボン【格闘/グランデフェス】
背水(大)/攻刃(小)
水着ゾーイの解放武器であり、背水に特化した攻刃付きの武器。背水特化編成でのグラシの繋ぎとなる性能で、水着ゾーイ自身と相性がよく、無凸でも十分強力。
リミテッドシリーズとなり最終上限解放にも期待が持てる。
宿無し宿無し【槍/ガチャ】
背水(大)/アビダメ上限UP
コルルの解放武器。第1スキルに背水大を持ち、4凸後に闇キャラのアビダメ上限UPが追加。コルルやシスなど追加ダメを重視した運用において重要となる性能。

天司/上限枠

闇の子の歯牙闇の子の歯牙【斧/特殊武器強化】
堕落のすゝめIII/神威(小)
闇属性の天司武器で、対有利属性においては必須級の最終ダメージを1.23倍するスキル『堕落のすゝめIII』を持っている。通常神威(小)には守護(小)が内蔵されているため、麒麟弓のデメリットを補える点も優秀。
支配の天秤【杖/エピックウェポン】
グラファイトアーツ/ソール・イコーリティ
アビダメ上限UPに加えて、編成内の武器が全て異なる場合にEX攻刃20%UPとダメ上限10%UPの恩恵を得られるスキル持ち。編成自体の火力は落ちやすいが、キャラや敵防御値など他の要素でダメージ上限に届く火力を出せるバトルであればダメ上限値の高い編成として活躍できる。
ウン・ハイルウン・ハイル【楽器/レジェンドフェス】
奈落の英傑/憎悪の恩寵
必殺(大)+CBのダメージ/上限UPを併せ持つ『英傑』に加え、守護で最大HPを増加できるのも渾身/背水主体のハデス編成では嬉しい。攻刃が無く基本火力が下がるため、他武器で火力分を補えない内は汎用的な編成では採用しにくい。ただ、奥義特化編成では最優先で編成したい武器。
麒麟弓麒麟弓【弓/四象降臨】
暴君II/靂天の極致
黒麒麟戦などでドロップする「黒曜石の札束」と交換できる武器。HP減少のデメリットには注意したいが、ダメージ上限UPのスキルが魅力で、グラシ/フォールンを複数本編成しており、ダメージ上限に届きやすいなら優先的に編成したい。
麒麟弦麒麟弦【楽器/四象降臨】
攻刃(大)/靂天の境界へと至りし者
こちらも「黒麒麟の札束」で交換できる楽器武器。メイン装備時に闇キャラが弱体成功UPを活用して、重要な弱体付与の役割を担う場合の、エリュシオン系メイン武器として有用なほか、ハデス編成作成途中段階での通常枠の繋ぎとして役立つ。
ヘルマニビスヘルマニビス【斧/アヌビスHL】
神威(中)/イクシード
攻刃(中)+守護(中)に加えて奥義上限UPのスキルを持つ武器。主にメカニックによる開幕奥義運用や、奥義頻度の高いPT運用などの奥義を重視するPTで編成候補となる。四天刃と同様の優秀な連撃UP奥義を持っているため、ベルセルクなどのメイン武器としても使える。

終末武器

絶対否定の太刀【刀/終末の神器】
神威(大)+α
4凸時点で攻撃力とHP強化する「神威」と、任意の上限UPスキルを持つ武器。得意武器関係なく火力HPを確保しつつ、上限を確保できる武器として編成候補となる。
5凸解放をすると、加護対象の「渾身」や「背水」といった強力なスキルを付与可能。
ただし、オメガ武器の上限枠と共存しないため、同時編成する際は異なるスキルを付けておきたい。

オメガ武器

オメガ武器オメガ武器【特殊武器強化】
PT内の得意武器に応じて得られるスキルと、上限UP要素を確保できる武器。主に渾身や背水といった別枠スキルが候補。また得意武器が揃わない場合でも上限目的のみで採用する場合もある。

進境枠

フェイトレスシューニャ【楽器/レジェンドフェス】
進境大+背水中
経過ターンに応じて闇属性攻撃力を強化する進境持ちの武器。4凸で背水中を習得し、進境大+背水中と相性の良い長期戦での運用が主。両面ハデスで1本、最大を目指すなら2本編成候補となる。

技巧武器

バブ・エル・マンデブ【斧/グランデフェス】
技巧II+神威中
1本で技巧+攻刃+守護の3種を補える武器。技巧IIは1本でクリ率を12%確保でき、確定クリを狙う場合は両面ハデスにて2本まで編成に入れたい性能。また奥義の会心+バリア付与を活かしてメイン武器候補にもなれる。
ブルトガングブルトガング【剣/グランデフェス】
攻刃III/刹那(小)
攻刃III+攻刃(小)+技巧(小)というスキル構成の武器で、合計34%の攻刃でベース火力を高められる点が強力。またバブ斧2本+ブルト1本組み込むことで、両面ハデスにおいて確定クリを狙えるため、4凸1本作成できると幅広く役立つ武器。
ブラッディスカー【短剣/ガチャ】
技巧(大)+攻刃(小)+アーツ
技巧大+攻刃小+アーツ持ちの武器。
技巧編成でクリ率確保も目的でのパーツになる他、アビダメ上限を底上げできるアーツ目的での起用もできる。
奥義効果でスロウや味方全体吸収を持つので、メイン武器としても使える性能。
ルーリングペン【格闘/ガチャ】
攻刃大+技巧中+クラフト
攻刃大+技巧中+クラフトで構成された武器。
貴重な与ダメ上昇スキルを持ち、確定技巧編成のダメージを底上げできる。

二手/三手

ケルベロスオーダーケルベロスオーダー【銃/ケルベロス討滅戦】
三手(大)/背水(小)
Slv15の『三手』により、1本で味方のDA/TA率を大幅に上げることができる強力な武器。攻刃がなく背水(小)持ちというスキル構成のため高HP帯での攻撃力は低くなりやすいが、背水編成で繋ぎで1本程度編成候補に入る。
パラゾニウムパラゾニウム【短剣/グランデフェス】
攻刃III/三手(小)
奥義効果が四天刃と同等の連続攻撃強化(DA/TA率30%UP)に加えて15%の全体追撃効果を持つ。メイン武器として非常に強力な武器だがサブ編成には入りづらいのでメイン武器用に1本作成するのがオススメ。

虚空武器

虚空斧【斧/アーカーシャHL】
虚勢の巌/修羅の誓約
20%のEX攻刃に加えて、格闘/斧得意キャラのTA時に上限を超えて与ダメージを上乗せできるスキルが優秀。闇の格闘得意キャラはウフレニやシスなどの自身でTAを狙えるキャラがおり相性が良いので、それらの格闘キャラで統一できるなら優先的に編成しておきたい。
虚空剣【剣/アーカーシャHL】
虚脱の隻翼/災禍の誓約
剣/短剣得意キャラの弱体成功率を高めつつ、弱体数に応じて与ダメージを上乗せできるEX武器。闇属性は優秀な剣得意キャラが多く、またオリヴィエ、黒騎士などの弱体成功UPの恩恵を受けられるキャラも複数いるためこちらも相性○。剣得意PTを組む場合にEX枠に組み込みたい。

通常枠

マジェスタスマジェスタス【杖/ティアマト・マリスHL】
堅守(中)/神威(中)
攻撃力を稼ぎつつHPを上昇させる『神威』と、HPが少ないほど防御力を上昇させる『堅守』という2つのスキルでPTの耐久力を高められる武器。特にルシファーHLなどの長期戦になりやすい高難易度で活躍する性能。
ディアボロスボウディアボロスボウ【弓/ディアボロス討滅戦】
守護(大)/攻刃(小)
守護(大)を持つため、主に高HPを確保したい高難易度で編成される。ただし闇属性には神威+堅守を持つ「マジェスタス」があるため、編成の優先度は低い。
アゴナイズ【弓/アニマアニムスHL】
攻刃小+アビ与ダメ
攻刃小+アビ与ダメ10万加算を持ち、アビダメの火力を底上げできる。
特に多段ダメアビと相性が良く、ToT編成などで活躍できる。

方陣/EX枠

黒銀の滅爪黒銀の滅爪【格闘/アストラル武器】
EX攻刃(極大)
EX攻刃37%を持ち、EX枠としては最優先で起用候補となる。メイン武器時に終末/オメガ武器と同枠の通常上限UPがあり、振り分ける事で3種の上限UPの共存が可能。5凸強化でメイン縛りが無くなると、サブ枠では必須級の1本となる。
麒麟剣麒麟剣【剣/黒麒麟戦】
EX攻刃(大)/光属性ダメージ軽減
5凸まで上昇するEX攻刃(大)を持つ武器。ゼノ刀からそこまで火力を落とさずに耐久面もカバーでき、渾身維持/背水の安定化に役立つ。
普天幻魔普天幻魔【刀/ゼノディア撃滅戦】
EX攻刃(特大)
特大のEX攻刃を持つ刀武器。刀のためATKも高く、短期でダメージを稼ぐために火力を求める場合なら麒麟剣よりも優先度が上がる。
ディア槍ゼノディア槍【槍/ゼノディア撃滅戦】
EX攻刃(特大)
特大のEX攻刃+メイン装備時の全体背水が強力な武器。槍ジョブのメイン武器として優れた性能。
ツヴァイシェーデルツヴァイ・シェーデル【格闘/ブレグラ】
EX攻刃(大)/パープルブロウ
EX攻刃(大)+TA発動時の3発目に20%追撃が乗る特殊なスキルで+αのダメージを稼げる。ゼノディア武器や虚空武器を優先的に起用する場合が多いが、確定TAキャラやデス召喚などと組み合わせた運用で1本編成候補となる。
セレストクローマグナセレストクローマグナ【格闘/マグナ】
方陣攻刃/方陣背水
方陣枠の武器で、背水を重視するなら優先したい武器。特に開幕から水着ゾーイ2アビを利用した短期で稼ぐ背水運用なら1~2本程度まで候補となる。
アビススパインアビススパイン【杖/マグナII】
方陣神威II+方陣必殺
単純な火力面では上記の武器に劣るものの、奥義ダメ/上限を上昇させる「必殺」スキルを持つ。主に奥義重視の運用時や、他の武器で充分な火力を確保できており+αの火力が欲しい場合に選択肢となる方陣武器。

理想編成の関連記事はこちら

グラブルの他の攻略記事はこちら

この記事を書いた人

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶グランブルーファンタジー公式サイト

攻略記事ランキング
  1. SSRキャラ評価一覧
    SSRキャラ評価一覧
    1
  2. リッチ(リミテッド)の評価/性能検証まとめ
    リッチ(リミテッド)の評価/性能検証まとめ
    2
  3. 風属性マグナ理想編成/武器強化の流れ
    風属性マグナ理想編成/武器強化の流れ
    3
  4. 風古戦場2200万編成まとめ|マグナ/ゼピュ/通常軸肉集め
    風古戦場2200万編成まとめ|マグナ/ゼピュ/通常軸肉集め
    4
  5. 武器編成の強化手順|初心者向けに徹底解説!
    武器編成の強化手順|初心者向けに徹底解説!
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
開催中のイベント/ガチャ情報
SIEGFRIED(9/16~9/25)
バレンタイン復刻(9/15~9/30)
風古戦場(11/21~11/28)
これグラ9月号
2021夏キャンペーン
武器スキル調整(8/20)
新マルチバトル(8/6)
ぐらぶるTVちゃんねる
ベリアルHL
限界超越キャラ
レプリカルド・サンドボックス
六竜HLマルチ攻略
高難易度クエ『天上征伐戦』
『ルシファーHL』
『ベルゼバブHL』
アストラルウェポン
六竜シングル攻略
開催中のキャンペーン
十賢者の関連情報
フレンド募集
クイズ/小ネタ
パンデモニウム最終階層攻略
アーカルムの転世
リンクス交換チケット
キャラクター評価一覧
レアリティ別
属性別
ジョブ関連
その他一覧
グラブルの武器関連
武器総合
武器種一覧
テンプレパーティ一覧
召喚石関連
トレジャー関連
アイテム(トレジャー)
グラブル初心者向け記事
初心者指南記事
攻略情報
クエスト攻略
古戦場/十天衆情報
グラブル最新情報
イベント攻略/関連記事
ガチャ情報
その他のゲーム攻略
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×