グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジーwiki
闇属性の理想武器編成/構成の流れ(2017/6月)
グラブル攻略記事

闇属性の理想武器編成/構成の流れ(2017/6月)

最終更新 : シェア
グラブル攻略からのお知らせ
【News更新】新SSRバウタオーダ/新SRジャンヌが登場!

闇属性の理想武器編成を紹介!初心者から上級者まで各段階ごとに装備構成に必要となる武器の本数や、強化の流れなどを解説しています。

目次

【事前に知っておきたい知識】

【編成の強化の流れ】

理想編成の関連記事はこちら

スポンサーリンク

各段階の理想武器編成(簡易版)

この項目では各段階の理想武器編成を簡易的に掲載しています。強化の進め方や武器が不足している場合の構成など、詳しい解説はページ下部にある『各段階の強化の流れ』をご参照下さい。

1:通常攻刃を並べた構成

通常攻刃枠
Slv3
通常攻刃枠通常攻刃枠通常攻刃枠
SLv3SLv3SLv3
通常攻刃枠通常攻刃枠通常攻刃枠
SLv3SLv3SLv3
EX攻刃枠EX攻刃枠バハ武器枠
SLv3~5SLv3~5SLv1
この構成で必要となる武器(例)
・通常攻刃武器×7本 ※メイン武器も含む
・EX攻刃武器×2本(SRでも可)
・バハ武器(SR)×1本

ライターの所感

ライターA闇属性にはSR方陣攻刃が無いので、最初の段階では通常攻刃武器を多く編成していく流れになります。闇属性の攻刃武器は入手機会が限られているので、ケルベロス討滅戦やシナリオイベント等で積極的に武器を集めることが重要ですね。スキルレベルは上げておきたいですが、編成から外れやすいので3~高くても5まででOK。もしEX攻刃が無い場合は通常攻刃で埋めることになるかと思います。
▼詳しい解説はこちらから

2:マグナ武器を集めていく段階

通常攻刃枠
Slv3
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv3~5SLv3~5SLv3~5
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv3~5SLv3~5SLv3~5
EX攻刃枠EX攻刃枠バハ武器枠
SLv5SLv5SLv5
この構成で必要となる武器(例)
・通常攻刃武器×1本 ※メイン武器枠
・SSR方陣武器×0→6本(徐々に増やす段階)
・通常攻刃武器×6→0本(SSR方陣と入れ替え枠)
・EX攻刃武器×2本
・バハ武器(SR)×1本

ライターの所感

ライターA通常攻刃枠をセレ拳を中心としたSSR方陣と入れ替えていく段階。武器の集まり方で構成は若干変わってきますが、方陣武器は組み込む恩恵が大きいのでまずはマグナ編成の枠組みとなる6本分埋めることを目標に進めたいですね。
▼詳しい解説はこちらから

3:マグナ3凸構成

通常攻刃枠
Slv10
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv10SLv10SLv10
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv10SLv10SLv10
EX攻刃枠EX攻刃枠バハ武器枠
SLv10SLv10SLv10
この構成で必要となる武器(例)
・四天刃(属性変更)×1本 ※メイン武器枠
・SSR方陣武器×6本
・EX攻刃武器×2本
・バハ武器(ノヴム)×1本

ライターの所感

ライターASSR方陣を上限解放していく段階。セレ拳の本数が増えたらセレ槍の枠と入れ替えてOK。3凸時点ではよっぽど背水を重視しない限りセレ斧は残しておいても問題無いかと思います。
またEX攻刃枠は麒麟剣>ニバンボシ>カースドブレードの優先順で2本が理想となります。
(※ニバンボシは入手機会がかなり前のため画像からは除外)
▼詳しい解説はこちらから

4:マグナ4凸構成

【三手無し編成】

通常攻刃枠
Slv10
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv15SLv15SLv15
方陣枠方陣枠EX攻刃枠
SLv15SLv15SLv10
方陣枠方陣枠バハ武器枠
SLv10~15SLv10~15SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・四天刃(属性変更)×1本 ※メイン武器枠
・SSR方陣武器×7本
・麒麟剣×1本
・バハ武器(フツルス)×1本

【オールドコルタナ編成】

通常攻刃枠
Slv10
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv15SLv15SLv15
方陣枠方陣枠EX攻刃枠
SLv15SLv15SLv10
三手/方陣枠三手/方陣枠バハ武器枠
SLv10SLv10SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・四天刃(属性変更)×1本 ※メイン武器枠
・オールドコルタナ×2本
・セレ拳×5本
・麒麟剣×1本
・バハ武器(フツルス)×1本

ライターの所感

ライターA背水が強力な属性なのでセレ拳中心の構成となりますが、オールドコルタナの三手を活かした編成が強力なため、三手無しの編成でも次段階を考慮してセレ拳4凸の作成は5本で止めておくのが無難です。
またオールドコルタナの本数ですが、HP減少のデメリットがきついので多くても2本が限界、1本で妥協も選択肢になるかと思います。
ちなみにグラーシーザ―4凸を所持している場合は次の編成をご参照下さい。
▼詳しい解説はこちらから

グラーシーザ―がある場合の構成

通常攻刃枠
Slv10
方陣枠方陣枠方陣枠
SLv15SLv15SLv15
方陣枠通常攻刃枠通常攻刃枠
SLv15SLv15SLv15
三手/方陣枠三手/方陣枠バハ武器枠
SLv10SLv10SLv15
この構成で必要となる武器(例)
・四天刃(属性変更)×1本 ※メイン武器枠
・オールドコルタナ×2本
・セレ拳×4~5本
・グラーシーザ―×1~2本
・バハ武器(フツルス)×1本

ライターの所感

ライターAグラーシーザ―4凸を複数所持していれば最大2本が理想です。ただしHP40%付近まではグラシ1本編成と大差無いので、ハデス編成に移行する予定が無ければ1本で留めておいてもよいと思います。
もし2本組み込む場合、1本目はEX攻刃、2本目はセレ拳と入れ替えになりますね。

闇属性武器編成の特徴/流れ

大まかな装備の流れ

1【初心者】
通常攻刃武器を並べた構成
2【中級者】
マグナ武器を集めていく段階
パターン1:マグナ×属性 / パターン2:属性×属性
3【中~上級者】
SSR方陣3凸構成
パターン1:マグナ×属性 / パターン2:属性×属性
4【上級者】
SSR方陣4凸構成
5ハデス編成
(▶別記事で紹介)

最初の段階で武器編成を組みづらい属性

闇属性は他属性に比べて通常攻刃武器の入手機会が少ないことが難点。現状では入手方法がシナリオイベントやケルベロス討滅戦、ガチャなどに限られるため、攻刃武器で編成を組むこと自体が難しい属性といえる。

マグナ編成にも取り掛かりにくい

1:SR方陣攻刃の武器が存在しない(重要)

光/闇にはSRに『方陣攻刃』のついた武器がないため、SR時点ではマグナ召喚石運用ができない。SSRマグナ運用ができるようになるまでは、イベント武器やガチャ武器などの通常攻刃で埋めた編成を作ることになる。

2:SSR方陣攻刃も集めづらい

光/闇はそれ以外の4属性と比べてマグナ武器のドロップ率が低いというのが通説。闇属性は3種類の方陣攻刃を入手段階で編成に組み込めるので光属性ほどでは無いが、マグナ編成を進めづらい属性。

3:ただし完成すれば強力

マグナ編成に取り掛かりづらいものの、完成すれば非常に強力な編成となることが特徴。かなりの労力が必要だが、完成時の見返りも大きいため根気強く育成を進めていこう。

ライターA光と闇はマグナ武器集めが大変なため、完成するまでに時間がかかりやすい属性です。ただ光のシュヴァ剣と異なり、セレ拳は武勲の輝きで毎月2本ずつ交換可能なのは嬉しい点ですね。
闇属性を重点的に育成したい場合は、最優先で毎月確保しておきましょう。

マグナ編成の推移

1:優先度の基本は拳>斧>槍

闇属性のマグナ武器は、拳が最優先、少し下がって斧、最後に槍という優先度。どの武器も優秀ではあるが、中でも拳はスキル『攻刃』+『背水』と2個のスキルを持っており、最終的には拳で編成を埋めることになる。


2:”背水を重視しない場合は”拳と斧の差は大きくない

拳はスキル『背水』を持っているが、斧は素の攻撃力が高いため、どちらにも編成するメリットがある。背水を重視しなければ拳と斧でそれほど大きな差はつかないので、斧も編成で使っていくことになる。

ライターAセレ斧とセレ拳の関係は、スキル自体は風属性のティア拳とティア銃の関係に近いですが、攻撃力が斧の方が高いので、HP次第では斧の方が優秀という場面もあります。理想形はセレ拳を並べることになりますが、斧も”繋ぎ”と呼ぶのがはばかられるほどの優秀な武器です。

3:水着ゾーイを持っている場合は拳が最優先

ただし水着ゾーイを持っている場合、開幕からHPを減らせるためセレ拳の『背水』の恩恵を受けやすい。この場合に限り、斧に比べて拳の優先度がかなり高まることになる。

バハムート武器をメインで使用可能

全属性で使い回せるバハ武器だが、属性が闇なので闇編成ではメイン武器としても使える。最終的にメイン武器としては使わなくなるが、途中までダークフェンサーなどのメイン武器に困らない。

ハデス編成について

1:手数が増やしやすい属性

通常攻刃にスキル『二手』や『三手』といった、連続攻撃率を高める要素が多い属性。ケルベロス・オーダー(ケル銃)やコルタナなどを集めれば、DA/TAが出やすい装備を作ることができる。


2:ハードルは高いが背水が非常に強力

入手手段がサプチケ/金ムーンのみ、更に4凸が必須になるため収集するハードルは非常に高いが、スキル『背水』を持ったキャラなし武器『グラーシーザー』が強力。水着ゾーイとの相性も良く、集めることができれば爆発力/継戦能力を兼ね備えた非常に強力な編成になる。

ハデス編成を目指す場合はこちらを参照

ハデス編成の作成方法/オススメ武器

メイン武器の考え方と装備構成

メイン武器の優先度

1.まずは『強力な奥義効果を持った武器』を優先

まずは装備できるメイン武器の中で、奥義効果が優秀な武器があればそれを装備する。メイン装備時のスキル効果が優秀な武器も含まれる。

候補となるメイン武器(タップで開閉)
武器武器についての解説
四天刃
(属性変更)
武器種:短剣
入手場所:『星の古戦場』
奥義:味方全体の連続攻撃UP
九界琴
(属性変更)
武器種:楽器
入手場所:『星の古戦場』
奥義:味方全体を回復(ただし背水と相性×)
六崩拳
(属性変更)
武器種:格闘
入手場所:『星の古戦場』
奥義:味方全体にカウンター効果
麒麟弦武器種:楽器
入手場所:『四象降臨』
奥義:参戦者の弱体効果を1つ回復
メイン装備時に闇キャラがアビ封印無効
その他
古戦場武器
入手場所:『星の古戦場』
七星剣など
どれも強力な奥義効果を持つ
キャラ
解放武器
最終解放によって
特殊なスキルが付く場合がある

2.次に『もともと編成にある武器』で探す

奥義効果が強力なメイン武器がない場合、次はもともと装備している武器の中でメインで装備できる武器を探すのが良い。バハ武器やマグナ武器、アンノウン武器に装備できる武器種があれば理想。

3.後は『装備できる武器』でOK

もし上記ふたつに当てはまる武器がなかった場合は、装備できる武器を探していけばOK。複数あった場合、より攻撃力が高くなる方を選びたい。

ライターAもちろん育成済みの攻刃があれば優先したいですが、装備できるなら未育成でも守護でも構いません。最適なジョブを使えないデメリットの方が大きいです。

メイン武器を含めた装備構成

少しマニアックなので興味がある場合だけでOK

理想編成における『メイン武器』について
(タップで開閉)

1:基本的にメイン武器は『通常攻刃枠』

『四天刃』や『九界琴』など、強力な奥義効果を持つ武器は通常攻刃枠であることが多い。またマグナ/UNK武器は武器種が限られるため、様々なジョブに対応することが難しく、そのため理想編成においてはメイン武器は通常攻刃として考えられることが多い。

2:マグナ/UNKをメイン武器にする場合

元々装備しているマグナ/UNK武器をメイン武器にする場合、基本的には元の配分のままでOKだが、通常攻刃を削った方が良い場合もある。
(※記事内では理想本数の表の下部に追記を行っている。)

スポンサーリンク

1:通常攻刃を並べた構成

【この段階の特徴/要点】
・闇の通常攻刃武器で編成を埋める段階
・光属性よりさらに通常攻刃を集めづらい
・セレマグが確定できるようになったら次のステップへ
・武器の優先度は考慮しなくてOK
・手早く強くなるにはバハ武器の作成を目指そう

この構成で使用する召喚石の組み合わせ

組み合わせと得られる効果(タップで開閉)
バハムートバハムート闇属性攻撃
+240%
ディアボロスバハムート闇属性キャラ攻撃
+50%
闇属性攻撃
+120%
イベント
闇属性50%石
バハムート
 
闇属性攻撃
+170%

武器の構成については考えなくてOK

明確な装備構成が存在しない段階(重要)

光/闇は他の4属性と違って、SR方陣攻刃が存在しない属性。”方陣枠”の武器を集めること自体難しいため、この段階においては明確な武器構成が無い。まずは”闇属性の攻刃武器で編成を埋める”ということを目標に作成しよう。

ライターA”一応”の話をすると、この段階では『通常』と『方陣』と『UNK』を1:1:1で集めるのが良いのですが、実現は難しいです。そのため方陣攻刃とUNK攻刃は入手できた分だけ編成すると考えておけば良いと思います。

光属性よりもさらに武器を集めづらい属性

闇属性は方陣武器だけでなく、通常攻刃の入手機会も限られていることが厄介。現状入手できるのはイベントやガチャのみなので、他属性に比べると通常攻刃で埋めた編成を作ることも難しい。闇属性を重点的に育てる場合はすぐに次のステップへ移行しよう。

ライターA光属性はコロゥ討滅戦で恒常的にSR攻刃武器を入手できますが、闇属性は討滅戦でも手に入らないので序盤は特に作成が難しいです。
セレマグ確定流しの難易度が高いのでこの段階に長く留まる場合もありますが、あくまでも繋ぎのため確定流しが出来る様になればこの段階を飛ばしてすぐにステップ2へ移行した方が良いです。

この段階でやるべきこと

1:イベント報酬の攻刃を集める

タイミングにもよるが、シナリオイベントなどで闇属性の通常攻刃が入手できることがある。繋ぎ武器ではあるが貴重な3凸SSR攻刃が入手できる機会なので、できれば集めておきたい。

ライターA最近ではイベント報酬がアンノウン武器となっていることもあるため、もしアンノウン枠だった場合は全力です。入手機会が限られるうえ、非常に長く使うので絶対に入手しておきましょう。

2:SRの闇攻刃があれば編成

ここまでで編成が埋まっていなければ、ガチャ産でも良いのでSR闇攻刃があれば編成しよう。上限解放できるとなお良いが、繋ぎなので育成はほぼ不要。


3:バハ武器を作成

他属性と連動する事柄だが、作成できるならバハ武器(短剣)を作っておきたい。全属性で使いまわせることに加えて、闇属性ではダークフェンサーのメイン武器として使えるのも大きな利点。

編成候補となる主な装備と解説

通常攻刃
奈落の攻刃
イベント、もしくはガチャ産のSSR武器が候補。短剣/剣の攻刃を持っていた場合は、ダークフェンサーのメイン武器にしよう。
SR通常攻刃
憎悪の攻刃
ケルベロス討滅戦、イベント、ガチャなどで入手可能。優先して集めるほどではないが、通常攻刃が手に入りづらいため使用頻度は高くなる。ただし育成は最小限に留めておきたい。
アンノウン武器
UNK・ATK II等
入手機会がかなり限られるため、この時点では入手していない、もしくは数が揃えられていない可能性が高い。もしSRがあればSRでも良い。
▶アンノウン武器一覧はこちら
バハ武器バハムート武器はスキルを上げなくても強力なため、作成したらすぐに編成してOK。1本目は短剣、2本目は剣がオススメ。ダークフェンサーのメイン武器として使用してもOK。

育成する順番

武器解説
【1】
アンノウン
この段階で持っていれば最優先
SRのSlv5ほどまででも恩恵が大きい
【2】
SSR
通常攻刃
Slv3程度まで上げておけばOK
この段階に長く留まる場合は
Slv5まで上げる選択肢もあり
【3】
SR
通常攻刃
Slv3を目指したいが
レベルを上げておく程度でも構わない
【4】
バハ武器
Slv1でも強力かつ育成は必要な餌が膨大
後々育成するが、まだSlv1でOK
スポンサーリンク

2:マグナ武器を集めていく段階

【この段階の特徴/要点】
・SSR方陣武器を集めてマグナ編成を目指す段階
・3凸のセレストマグナの召喚石が必要
・セレ拳/斧/槍を入手したら通常攻刃と交換
・バハムート未所持の場合、マグナ攻刃SLv3以上が4本集まるまでは属性石を使用
・無凸バハムート所持の場合、マグナ攻刃Slv5が6本揃うまでは属性石を使用

この構成で使用する召喚石の組み合わせ

組み合わせと得られる効果(タップで開閉)
バハムート
 
セレスト
マグナ
闇属性攻撃
+120%
黒霧方陣
スキル効果2倍
(+100%)
バハムートバハムート闇属性攻撃
+240%
イベント
闇属性50%石
セレスト
マグナ
闇属性攻撃
+50%
黒霧方陣
スキル効果2倍
(+100%)

各武器カテゴリ必要本数

必要本数

理想構成自体は各武器の攻撃力によって変動していくが、この段階ではまずマグナ編成の枠組みを作成することが最も重要。マグナ武器を入手したらスキルレベルを上げて通常攻刃枠と入れ替えよう。

通常方陣UNKバハ
1621
ライターA方陣枠の構成は最終的にセレ拳を並べることになりますが、セレ斧/槍も優秀な武器です。セレ拳は武勲交換で進めることができるという点を加味すると、無凸を敷き詰める段階では拳/斧/槍の割合は3本:2本:1本ぐらいがオススメですね。
枠組みが完成した後は徐々に武器を重ねていきましょう。

アンノウン武器が無い場合の装備構成

必要本数

アンノウンが無い場合、1段階目の通常攻刃をそのまま残しておこう。理想形はマグナ武器を増やすことだが、集めづらいので7本目の作成は余裕が出たらでOK。

通常方陣UNKバハ
2~36~7-1

編成候補となる主な装備と解説

セレ拳
方陣 攻刃/背水
攻刃/背水を持ったマグナ武器。最終的には編成に並べるべきだが、無凸時の攻撃力が低いことに加えて代用となるマグナ武器のスキルが優秀なため、この段階では無凸を敷き詰める必要はない。
セレ斧
方陣 攻刃II
闇属性の方陣攻刃IIを持つ武器。ステータスが高く、同じスキルを持つセレ槍よりも優先的に編成に入る。セレ拳の3凸が増えてくると外れやすいが、収集に時間がかかるため非常に長く使える。
セレ槍
方陣 攻刃II
セレ斧より攻撃力は低いが同じスキルのため、繋ぎの武器として役立つ。装備が揃うにつれて入れ替わるが、集まるまでに時間がかかるのでセレ斧と同様に長く編成に残る場合が多い。なお2本目は作成しても入れ替わりやすいので作らなくてOK。
ガチャSSR攻刃
奈落の攻刃
装備が育つにつれて減らしていくべき枠。なお3凸まで進んでいる場合は、余裕があれば育成してもOK。
アンノウン
UNK・ATK II等
SSRアンノウン攻刃は2本まで、入手できるたびに編成に入れていこう。3本目以降も有効だが、すぐに外れる点、労力がかかる点から多くても3本までを目安にしたい。
▶アンノウン武器一覧はこちら
バハ武器強力な通常攻刃枠であるバハムート武器。Slv10の通常攻刃があればバハ剣は入りにくいが、バハ短剣は常に入れておいてOK。

育成する順番

武器解説
【1】
セレ拳
マグナ召喚石運用をするために重要な武器
Slv5ほどまでは上げておきたい
【2】
セレ斧
セレ槍
こちらもマグナ召喚石運用の鍵となる
数を揃えたうえで、Slv5ほどまで育成
【3】
アンノウン
SSRを入手できていれば最後まで育成したいが
マグナ武器よりは優先度は下
【4】
バハ武器
大量の餌が必要だが、全属性で使える
ひとまずSlv5まで上げよう
ノヴム化を目指すならSlv10へ
【5】
通常攻刃
武器が揃うにつれて本数が減る枠
古戦場武器なら育成する価値はあるが
他は余裕があればでOK

この装備構成を作るうえで必要なこと

1:SSR方陣攻刃3種で編成を埋める

闇属性のマグナ攻刃武器はセレ拳/セレ斧/セレ槍の3種類。後々でセレ拳と入れ替わることにはなるが、この段階ではセレ斧/セレ槍も繋ぎとして使えるため、入手したものから編成してまず方陣枠の6本分を埋めていこう。

2:セレストマグナを倒そう

セレストマグナを確定流しできるなら、APに余裕がある時にどんどん挑戦してSSRマグナ攻刃を集めよう。またこの編成に必要なマグナ召喚石もドロップするので、救援でも良いので積極的に挑戦しておきたい。

セレストマグナ攻略はこちら

3:武勲の輝きで交換もできる

武勲の輝き5000で、月2本までSSRマグナ武器を交換できる。最終的な編成からセレ斧/セレ槍は外れやすいため、もし交換する場合は必ずセレ拳を選ぼう。

ライターAセレ拳をドロップで収集するのにはかなりの労力がかかるため、武勲の輝きで交換できる武器の中でも特に優先度が高い武器です。他に優先して強化したい属性が無ければ、とりあえず毎月2本ずつセレ拳を交換しておくのがオススメですね。

4:スキルレベルがあがっていないうちは属性石

方陣攻刃のスキルレベルが低いうちは、召喚石にセレストマグナを使う必要がない。基本的にはSSRが揃えばマグナ運用が可能になるが、セレストマグナ召喚石が3凸でない場合は、闇属性攻撃UPの召喚石を使おう。

スポンサーリンク

3:マグナ3凸構成

【この段階の特徴/要点】
・SSRマグナ武器3凸を完成させていく段階
・セレ拳/セレ斧/セレ槍合計6本で埋めたらこの段階
・セレ拳/セレ斧の3凸で編成を埋めることが目標

この構成で使用する召喚石の組み合わせ

組み合わせと得られる効果(タップで開閉)
バハムート
 
セレスト
マグナ
闇属性攻撃
+120%
黒霧方陣
スキル効果2倍
(+100%)
イベント
闇属性50%石
セレスト
マグナ
闇属性攻撃
+50%
黒霧方陣
スキル効果2倍
(+100%)

各武器カテゴリ必要本数

必要本数

SSRマグナ武器を3凸まで進めていく段階。まずは編成しているマグナ武器を3凸しよう。編成分の3凸が終わったら、セレ槍の枠をセレ拳3凸と切り替えていくことになる。

通常方陣UNKバハ
1621
ライターA背水運用を前提にするとセレ拳3凸で方陣枠を埋めることが理想ですが、収集に時間がかかるのでまずは敷き詰めたマグナ武器の3凸作成、そのあと編成中のセレ槍を全てセレ拳3凸に入れ替えるまでを目標にしましょう。
セレ斧に関しては、スキル方陣攻刃IIに安定感がある点、セレ拳より攻撃力が高い点などから背水運用を考慮しなければ大きな差が無いため、この段階では編成にセレ斧3凸を残しておいてもOKです。

アンノウン武器が無い場合の装備構成

アンノウンが無い場合、代わりに方陣枠を増やす形が理想。ただし、マグナ武器が不足しているなら無理して作成せず通常攻刃枠で補う選択肢もあり。

通常方陣UNKバハ
2~36~7-1

編成候補となる主な装備と解説

セレ拳
方陣 攻刃/背水
方陣攻刃/背水を持ったSSRマグナ武器。背水運用を重視する場合はこの段階で3凸6本完成が理想。ただしセレ斧もスキル/攻撃力ともに優秀なため、背水運用にこだわらなければセレ拳とセレ斧を混ぜた構成でもOK。
セレ斧
方陣 攻刃II
方陣攻刃IIに加えて、セレ拳より高い攻撃力を持っていることが特徴。背水を重視しない運用ならセレ拳との差があまり無いため、この段階では3凸で編成に残しておくのも選択肢。
セレ槍
方陣 攻刃II
セレ拳/セレ斧で埋まるまでの繋ぎという立ち位置だが、槍を使うジョブのメイン武器としても有用。入れ替えるタイミングはスキルLvなどを踏まえた攻撃力との兼ね合いになる。セレ拳と凸状況が同じになったら、セレ拳側のスキルLvが上回った段階で入れ替えたい。
アンノウン
UNK・ATK II等
SSRのアンノウン攻刃は、2本目までは入手できるたびに入れ替えていこう。マグナ武器3凸が完成するまでなら3本目も有用だが、3凸が揃うと編成から外れるため優先度は低い。
▶アンノウン武器一覧はこちら
ケル短剣
通常 攻刃/二手
ケルベロス討滅戦で入手できる最終解放実装済みの武器。最終解放素材を集めるハードルが低いことに加えてSLv15まで強化できる点が優秀なため、アンノウン武器が無い場合などの通常攻刃枠を埋めやすい。また、短剣なのでダークフェンサーのメイン武器として使えるのも利点。
バハ武器様々な属性の編成で使える武器なので、この段階ではスキルを上げてSSR(ノヴム)化しておきたい。

育成する順番

武器解説
【1】
アンノウン
この時点で2本Slv10でない場合は最優先
【2】
セレ拳
最後まで強化しておきたい武器
アンノウン2本が終わったらSlv10まで
【3】
セレ斧
セレ拳が揃うまでの繋ぎとなる武器
背水重視でなければ編成に残りやすい
できればSlv10まで育成しよう
【4】
セレ槍
セレ拳が揃うまでの繋ぎとなる武器
攻撃力の兼ね合いからセレ斧よりも
優先度は下がるがなるべく育成したい
【5】
バハ武器
ノヴム化のためにSlv10が必要
バハ角が揃ったら優先して育成
【6】
ケル短剣等
編成に入っている場合は育成
アンノウン武器がない場合は優先度UP

この装備構成を作るうえで必要なこと

1:セレストマグナを倒そう

この段階になると、装備を進める方法はひたすらマグナボスを倒し続けることのみ。SSR攻刃が揃うまでセレストマグナと戦おう。


2:武勲を集めてセレ拳を毎月交換

セレ拳は”武勲の輝き”で毎月2本まで交換可能。闇属性のマグナ武器はドロップする確率が低く収集に時間がかかるため、闇編成を重点的に強化したい場合は毎月必ず交換しておくことが非常に重要となる。


3:上位のマルチバトルからもドロップする

『Dエンジェルオリヴィエ討伐戦』や『リッチ討伐戦』、更には『セレストマグナ討伐戦HL』からも、マグナ武器はドロップする。特にセレストマグナHLはこの後の最終解放に必要になる素材をドロップするため、積極的に挑戦していきたい。

マルチバトル一覧
スポンサーリンク

4:マグナ4凸構成

【この段階の特徴/要点】
・闇マグナ武器の最終解放を進めていく段階
・オリヴィエHLに挑戦できるようになったら移行
・まずは『三手なし』の編成を目指す
・装備がある程度揃ったら『三手あり』へ

この構成で使用する召喚石の組み合わせ

組み合わせと得られる効果(タップで開閉)
バハムート
 
セレスト
マグナ
闇属性攻撃
+120%
黒霧方陣
スキル効果2倍
(+100%)
イベント
闇属性50%石
セレスト
マグナ
闇属性攻撃
+50%
黒霧方陣
スキル効果2倍
(+100%)

スキル『三手』がある編成とない編成

1:理想形は”三手あり”だが難度は高め

闇属性のマグナ編成は、オールドコルタナのスキル『三手』を使った編成が最終形。ただ『三手』は非常に強力だが、オールドコルタナは装備するとHPが減るため、マグナ編成がある程度揃ってからでないとデメリットが非常に厳しい。

ライターA少なくとも全3凸+バハ武器フツルス化ぐらいは済ませておきたいですね。更にオールドコルタナは収集する労力が大きいので、手をつけ始めると闇編成が停滞しやすい、といったデメリットもあります。
なおマグナ編成においてもケル銃(ケルベロス・オーダー)でオールドコルタナの代用をすることもできますが、こちらも攻撃力が低くなりやすいのである程度装備が揃ってからを推奨します。

2:まずは”三手なし”の編成へ

オールドコルタナは上記のようにデメリットがある武器なので、まずは三手なしの編成を目指し、装備に余裕が出たら途中で三手入りの編成に目標を切り替えるという動きがオススメ。そのためこの段階では2パターンの構成を紹介している。

各武器カテゴリ必要本数(三手なし)

まず目指すべき『三手なし』の編成。セレ拳を最優先に最終解放し、闇エレメントに余裕があればセレ斧も解放していく。

通常方陣UNKバハ
1~26~71~21
ライターA全4凸完成時の理想形はマグナ7本になるので、一応方陣は6~7として載せていますが、途中で次の『三手あり』に移行するので7本目は作らなくてOKです。強めの通常攻刃かアンノウンを入れておきましょう。

セレ拳/セレ斧の解放について

セレ拳/セレ斧を最終解放する場合、どちらを優先するかについて。

解放する優先度について(タップで開閉)

1:基本的にはセレ拳を優先

セレ拳/セレ斧の比較は、背水の関係でHP82%を下回るとセレ拳が有利で、それ以降のHPはどんどん差がついていく。こちらの編成や敵次第ではセレ斧の方が有利な場面もあるが、基本的には4凸セレ拳を集めていくことになる。


2:ただし斧解放も十分あり

とはいえセレ斧も十分優秀な武器なので、最終解放しておけば4凸セレ拳で編成が埋まるまで十分使う。武勲交換があるといえど、セレ拳も集めるのには時間がかかる武器なので、セレ斧の最終解放も積極的に行っていきたい。

ライターA背水を重視する場合(特に水着ゾーイ持ち)は拳が最優先ですが、そうでない場合は他の属性の攻刃と違い、拳と斧の優先度はほとんど変わらないと考えています。解放に使う闇エレメントは不足しがちなものではありますが、セレ拳は光属性のシュヴァ剣ほど優先すべきものでもないので、「この後すぐに拳4凸が控えてる」という場合でもない限りは4凸してしまっていいと思います。

各武器カテゴリ必要本数(三手あり)

味方のDA/TAを上昇させるスキル『三手』を持ったオールドコルタナを使った編成。ただし1本編成するごとにHPが10%減るため、編成する数を増やしづらく、1~2本程度に収めておくのが良い。

通常方陣UNKバハ三手
16~70~111
15~60~112

(※HP80%ほどの場合はアンノウン1。より背水を重視する場合は方陣を1増やす。)

オールドコルタナについて

『三手あり』の編成で使用する武器『オールドコルタナ』や、代用になるについての解説。

三手枠の武器についての詳細(タップで開閉)

1:DA/TAを上昇させる強力な武器

オールドコルタナのスキル『三手』は、味方のダブルアタック率/トリプルアタック率を同時に上昇させる効果。ダメージ期待値の上昇幅が大きく、オリヴィエ討伐戦ででドロップ、もしくは栄誉の輝き2500で交換できる。


2:ただしHPが10%減るため本数は増やしづらい

上記のように強力な武器なので本来は複数編成したい武器だが、スキル『暴君』のデメリットによって1本編成するごとにHPが10%減ってしまう。最大HP量は好みによる部分もあるが、2本程度に収めておくのがオススメ。


3:背水寄りならケルベロス・オーダーで代用も

ケルベロス討滅戦で入手できる『ケルベロスオーダー(ケル銃)』はSlv15まで伸びるので、マグナ召喚石の効果は乗らないが『三手』の枠として代用することができる。オールドコルタナのHP減少が気になる際の編成候補。

マグナ編成での効果量

武器スキルDA/TAUP
オールド
コルタナ
方陣攻刃(大)
HP-10%
10%UP
ケルベロス
オーダー
通常背水(小)7%UP
ライターA私はHPが気になるので、オールドコルタナ1ケル銃1を採用しています。一応オールドコルタナ2でも主人公のHP1万程度は確保できるはずなのですが、2本目を作る労力を考えると1:1に落ち着きました。

アンノウン武器が無い場合の装備構成

アンノウンがない場合、セレ拳作成時に余った他のSSR方陣を入れておこう。なお三手入りの編成ではアンノウンが0になる装備構成もあるので、それを目指すというのも手段のひとつ。

理想武器編成

セレ拳
方陣 攻刃/背水
闇方陣の『攻刃』+『背水』を持った、風属性におけるティア銃のような武器。最終的に方陣枠はこの武器で埋めることになるため、武勲交換で進めていくのがオススメ。
セレ斧
方陣 攻刃II
方陣攻刃IIを持ち、素の攻撃力も高い優秀な武器。最終的にはセレ拳に入れ替わっていくことになるが、セレ拳が揃うまでは時間がかかる、攻撃力はそれほど変わらないなどの点から、こちらも2本程度までは最終解放を進めていってOK。
セレ槍
方陣 攻刃II
斧よりも優先度は下がるが、こちらも方陣攻刃IIを持った優秀な武器。基本的には解放する必要はないが、編成で使わなくなって以降もメイン武器としては有用なため、他の武器の揃い具合が悪ければ1本解放してしまうというのも選択肢。
オールド
コルタナ

方陣 暴君/三手
オリヴィエ討伐戦でドロップ、もしくは栄誉の輝き2500で交換できる武器。HPが10%減るデメリットの代わりに、方陣攻刃(大)とDA/TA率が5%上昇する『三手』を持っている。マグナ召喚石の加護によって効果量は10%まで上がるため、1本編成することによるダメージ期待値の上昇効果が大きい。
ケルベロス
オーダー

奈落の三手
闇の背水
ケルベロス討伐戦でドロップする武器。攻刃はないがSlv15まで上昇する『奈落の三手』を持っており、通常攻刃武器でありながらマグナ編成でもオールドコルタナの代用として機能する。オールドコルタナの『暴君』のデメリットが気になる際に編成候補。
麒麟弓
奈落の暴君II
靂天の極致
黒麒麟戦などでドロップする黒曜石の札束と交換で入手できる武器。暴君IIのHP減少がきついのは難点だが、ダメージ上限UPを持ち合わせているため頻繁にダメージ上限付近の火力を出せる編成では強力。
アンノウン
UNK・ATK II等
方陣攻刃が優秀な属性なため、この段階では本数が減りやすい。またスキル『三手』を編成するようになると、更に本数が減り場合によっては0本になることも。
▶アンノウン武器一覧はこちら
バハ武器フツルス化すれば種族縛りも緩和されるため、パーティの種族に応じて作成。一般的にはバハ剣の使用頻度が高め。また特に他属性と比べてHPを伸ばしづらい属性なので、フツルス化によるHPUPの恩恵も大きい。

育成する順番

武器解説
【1】
『三手』武器
『三手あり』の編成に移行している場合
最優先でスキル上げ
【2】
アンノウン
新規入手や最終解放の実装などで
育成が終わっていなければ最優先
ただし使わない編成では不要
【3】
セレ拳
解放するごとにスキルを上げていきたい
ただし必要な餌が多いため注意
【4】
通常攻刃
基本的にはメイン武器となる箇所
最終解放のある武器なら
最大まで育成すれば通常攻刃枠になる
【5】
バハ武器
フツルス化は優先、育成の必要は無し
餌にかなり余裕が出たらSlv.11以降へ

この装備構成を作るうえで必要なこと

1:HLマルチで素材集め

セレ拳の最終解放には、HLマルチであるセレストマグナHL、オリヴィエHLを倒す必要がある。素材を栄誉の輝きで交換することもできるが、他に用途があるためオススメはできない。


2:オリヴィエHLは6人HLの中では中程度の難易度

最終解放に3個必要な『闇のプシュケー』をドロップするオリヴィエHLは、それほど難易度は高くないが、参戦者全体での回復量が求められるボス。立ち回り/準備が重要となるので、しっかりと予習をしてから挑戦したい。


3:マグナ武器が揃ってきたらオールドコルタナ

マグナ武器集めがある程度落ち着いたら、闇属性で次にやるべきはオールドコルタナ集め。オリヴィエ討滅戦、もしくは栄誉の輝き交換で集められるため、ここで最終的な編成の形を決めてから収集を始めよう。

ライターA現状オールドコルタナに最終解放はないので、スキル10まで上げてしまえば無凸でも十分強力な武器です。ただし、召喚石マルチにおけるオールド武器のドロップ率は非常に低い点には注意です。個人的にはオールドではない武器(オリヴィエではコルタナ)よりドロップ率は低いと考えています。そのため、時間はかかりますが栄誉交換での収集を強くオススメします。
スポンサーリンク

属性×属性の構成

【この段階の特徴/要点】
・主に有利属性以外の敵に対して有効な編成
・バハムート(召喚石)/UNK武器の所持が前提条件
・強化段階としては2~3段階目に相当
・対有利属性の場合、マグナ攻刃のSlv5が6本集まったらマグナ石に移行

この構成で使用する召喚石の組み合わせ

組み合わせと得られる効果(タップで開閉)
バハムートバハムート闇属性攻撃
+240%

マグナ構成との違いと利点

1:優秀な属性加護のバハムートを活用した構成

バハムートは属性枠を強化する加護を持つ召喚石。効果量が高く優秀なため、メイン/サポーター枠の両方にバハムートを使う属性×属性の構成が存在する。

2:主に他属性の敵に対して有効

対有利属性では弱点補正が入るので恩恵は少なくなるが、有利属性以外には弱点補正が入っていない属性枠を強化できるので恩恵が大きい。そのため、主に有利属性以外の敵に対して有効な構成となる。

3:方陣武器の必要本数が少ない

この構成では全ての枠をバランス良く強化するのが理想。通常攻刃やアンノウン枠の必要本数が増えるため、マグナ構成に比べて方陣武器が少ない本数で作成できるのは嬉しい点。

各武器カテゴリ必要本数

必要本数

マグナ武器の3凸完成までは各武器をバランス良く並べる形を目指そう。召喚石が武器スキルに影響の与えないため、理論上は通常:マグナ:UNK枠を1:1:1にするのが最適。

通常方陣UNKバハ
2~33~431

アンノウン武器が無い場合の装備構成

アンノウン武器を所持していなければ、方陣枠を増やすことになる。だがこの場合はセレマグ×属性石の構成の方が上回るため、マグナ構成の項目を参考にしよう。

編成候補となる主な装備と解説

マグナ攻刃
方陣・攻刃II
方陣 背水/攻刃
方陣枠の攻刃を持つ武器。マグナ召喚石の加護は無いので、マグナ構成に比べると必要本数は少ない。
セレ斧/セレ拳の優劣はHP70%以上ならセレ斧、69%以下ではセレ拳となるため、自身の戦い方に合った方を選びたい。
通常攻刃
奈落の攻刃
基本的には2本編成しておきたい枠。ただしケル短剣4凸かつ育成済みの場合に限り、方陣枠と入れ替えて3本入ることになる。
アンノウン
UNK・ATK II等
入手機会は限られるが必ず編成すべき武器。作成途中の段階を考慮するなら5本近く編成に入るが、最終的には外れる上に集めるのも大変なので多くても3本までにしておきたい。
▶アンノウン武器一覧はこちら
バハ武器優秀な通常攻刃枠のスキルを持つ武器。所持している場合はなるべくスキルレベルを上げておこう。

育成する順番

この段階では、どの武器を育成しても攻撃力の上昇幅にほとんど差がない。そのため、武器のスキルは均等に上げていけばOK。

この装備構成を作るうえで必要なこと

1:バハムートの所持が前提

召喚石バハムートの高い属性加護を前提とした構成のため、目指せるのはバハムートを所持しているユーザーに限られる。バハムートを持っていなければ、マグナ構成を目指すのが基本となる。

2:アンノウン武器も必須

この構成ではアンノウン武器の役割が非常に大きく、アンノウンが無ければではセレマグ×属性石に構成に劣ることになる。もしアンノウンを入手できる機会があれば、全力で複数本確保しておこう。

3:基本的に進め方は2段階目と同じ

この段階の進め方は2段階目と同様に、セレマグ戦や武勲交換にてSSR方陣武器を集めることになる。火/水/土/風の4属性に比べてマグナ武器がドロップしづらいため、積極的にマルチバトルへ挑戦しよう。

各属性の段階順理想編成
火属性水属性土属性風属性光属性闇属性
各属性の段階順理想編成
アグニスヴァルナティタゼピュゼウスハデス
各属性のテンプレPT
火PT水PT土PT風PT光PT闇PT

グラブルの他の攻略記事はこちら

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

  • シェア
ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

お知らせ

攻略情報

開催中のイベント/直近のガチャ

決戦!星の古戦場(6/22~29)

新キャラ(6/19登場)

注目の記事

グラブルのキャラ一覧

点数の基準

レアリティ別

属性別

種族別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

ショップ/トレジャー交換

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4PSVRスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中