グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジー徹底解説
アグニス(神石)の評価/アグニス編成の組み方・理想

【グラブル】アグニス(神石)の評価/アグニス編成の組み方・理想【グランブルーファンタジー】

最終更新 :
グラブル攻略からのお知らせ
【News更新】9月バランス調整内容が発表!!
おすすめの関連記事

アグニスの性能と評価、使い道を掲載。アグニス編成における重要な武器や課金編成/無課金編成の編成例なども掲載しています。アグニスを運用する際の参考にしてください。

目次

理想編成の関連記事はこちら

アグニス・ディヴィジョンの詳細はこちら

アグニスの性能と効果

アグニスのステータス

レアリティ属性最大ATK最大HP
SSR2270770

アグニスの召喚/加護効果

オレンジ色表記は最大解放、紫色表記が最終解放時の性能を表しています。

召喚『裁きの炎』
敵全体に火属性ダメージ(特大)
灼熱効果
召喚までの間隔:9ターン
加護効果
スキル「火」「業火」「紅蓮」の効果が80%UP
加護効果(最大解放)
スキル「火」「業火」「紅蓮」の効果が120%UP

アグニスの評価と使い道

1:上級者向けだが大当たり枠の石

加護効果で「火/業火/紅蓮(通常枠)」の武器スキルを強化する『神石』。該当する武器で一定の編成を組むことで、現状最も火力を出せる編成になることが多い。ただし要求されるハードルも非常に高いため、上級者向けといえる召喚石。

TIPS:『神石/主神系/ゼウス系召喚石』
アグニス、ヴァルナ、ティターン、ゼピュロス、ゼウス、ハデスの6つの召喚石の通称。それぞれ属性に対応した、マグナ/コラボ系以外の武器スキル効果を増幅させる加護を持っている。
▶武器編成の主なカテゴリについてはこちら

ライターA初心者の方にはあまり良さが分かりにくい性能なのですが、大当たりの枠です。サプチケ等で交換もできないですしね。
ただし、ほとんどの方が入手した時点では使えないほど要求ハードル高いです。序盤に引くとほぼ確実に倉庫番にはなりますが、誤っても砕かないようにしましょう。

2:オッケマグナを超えるには課金武器が必要

まず初めに目指す段階として、アテナ槍+エッケザックスの無課金編成がある。基本的にこの段階でコロ杖4凸編成を上回るものの、オッケを並べたマグナ編成には劣る場合が多い。確実にマグナ編成を上回っていきたい場合はクリムゾンフィンガーやイクサバ、ベネディーアなどの投入を検討したい。

ライターAスキルの性質上通常技巧より方陣技巧の方が安定する、オメガ武器の登場で相対的に三手武器の強みが薄れてきたなどの点から、現状ではオッケマグナ>無課金アグニスな場合が多いです。確実に超えるにはクリフィンやイクサバなどの武器を増やす必要がありますね。

3:完成までの道のりは非常に長い

運用可能な段階から完成まで持っていくには、召喚マルチ武器『エッケザックス』の複数本完成が必須。ただし、ドロップ率が低く設定されていることから、熱心に周回したとしても所要期間は非常に長いものになる。

ライターAエッケザックスを集めることで徐々に無課金アグニス編成が完成していきます。交換もあるので地道にやっていればいつかは集まるのですが、直ドロップはかなり低確率なので根気良く集めることが必要になります。

アグニス編成の編成例

召喚石の組み合わせ

アグニスシヴァ

渾身編成

【想定する状況】
・高HPを維持したまま数ターンで決着する短期戦
・オールポーションでHPを維持しやすい古戦場など

【理想編成例】

メイン武器枠
渾身枠渾身枠渾身枠
SLv15SLv15SLv15
渾身枠渾身枠三手枠
SLv15SLv15SLv15
オメガ枠上限枠天司
SLv10SLv15SLv10
この構成で必要となる武器(例)
・ゼノイフ武器×1~2本 (※メイン武器枠含む)
・イクサバ×4~5本
・アテナ槍×1本
・オメガ武器×1本
・朱雀光剣・邪×1本
・ミカエル剣×1本
ライターAイクサバを主軸とした渾身特化編成。HPが減るにつれてどんどん火力が落ちてしまうため、オールポーションを複数使用できる古戦場などの常にHPを最大値付近で保てるバトルを想定した編成です。
ここではイクサバを5本としていますがあくまで最終的な理想のラインで、3~4本でも十分な恩恵を受けられます。例えば4凸ベネを既に作成している場合はベネ1/イクサバ4などの形も良いと思います。
メイン武器枠
渾身枠渾身枠攻刃+守護枠
SLv15SLv15SLv10~15
三手枠方陣枠EX枠
SLv15SLv15~20SLv15
オメガ枠上限枠天司
SLv10SLv15SLv10
この構成で必要となる武器(例)
・ゼノイフ武器×2本 (※メイン武器枠含む)
・イクサバ×2~4本
・パラスの剣×0~1本
・アテナ槍×1本
・オメガ武器×1本
・コロ杖×0~1本
・朱雀光剣・邪×1本
・ミカエル剣×1本
ライターA上記の渾身編成を作成する途中段階の一例です。追加のイクサバを用意でき次第アテナ剣/コロ杖あたりと入れ替えていきましょう。

渾身/背水両立編成

渾身編成渾身/背水両立背水編成

【想定する状況】
・ある程度HPを削られる中~長期戦
・場面を選ばず運用しやすい

メイン武器枠
渾身枠渾身枠渾身枠
SLv15SLv15SLv15
背水枠背水枠三手枠
SLv15SLv15SLv15
オメガ枠上限枠天司
SLv10SLv15SLv10
この構成で必要となる武器(例)
・ゼノイフ武器×1本 (※メイン武器枠含む)
・イクサバ×2~3本
・クリフィン2~3本
・アテナ槍×1本
・オメガ武器×1本
・朱雀光剣・邪×1本
・ミカエル剣×1本
ライターAこちらはイクサバ/クリフィンを両採用し、渾身と背水を両立させた形です。ピーク時の火力は特化編成に劣ってしまいますが、HP帯に関わらず一定以上の火力を出せるのが強みですね。

背水編成

【想定する状況】
・水着ゾーイ+レスラーなどの超短期決戦
・強力な攻撃を持つボス戦など、HPを減らされやすいバトル

【課金編成例】

メイン武器枠
背水枠背水枠背水枠
SLv15SLv15SLv15
背水枠二手枠三手枠
SLv15SLv15SLv15
オメガ枠上限枠天司
SLv10SLv15SLv10
この構成で必要となる武器(例)
・ゼノイフ武器×1本 (※メイン武器枠含む)
・クリフィン4~5本
・ベネディーア×0~1本
・アテナ槍×1本
・オメガ武器×1本
・朱雀光剣・邪×1本
・ミカエル剣×1本
ライターAこちらはイクサバ4凸実装前から使われていた背水軸の編成です。爆発力に優れており、水着ゾーイやシヴァと組み合わせることで初ターンから大ダメージを狙うことができます。

【無課金編成例】

メイン武器枠
背水枠背水枠背水枠
SLv10SLv10SLv10
背水枠背水枠三手枠
SLv10SLv10SLv15
オメガ枠EX枠天司
SLv10SLv15SLv10
この構成で必要となる武器(例)
・ゼノイフ武器×1~2本 (※メイン武器枠含む)
・エッケザックス×4~5本
・アテナ槍×1本
・オメガ武器×1本
・朱雀光剣・邪×1本
・ミカエル剣×1本
ライターAこちらは無課金で入手可能な武器のみで組んだ形で、背水を重視した編成になります。ただしリミ武器なしだと神石/マグナ間の技巧スキルの仕様の違い、通常枠の攻撃UPの恩恵の受けやすさなどから、オッケ染めマグナの方が強力な場合が多いです。ただエッケはオッケよりも集まりやすいので、オッケが揃うまでの背水編成というポジションで活躍できると思います。

アグニス編成で重要な武器

TIPS:『三手』
武器スキルのひとつである『○○の三手』のこと。ダブルアタック率、トリプルアタック率の両方が上がる効果を持っているため、他の武器スキルに比べてダメージ期待値の上がり幅が非常に大きい。

TIPS:『背水』
武器スキルのひとつである『○○の背水』のこと。残りHPが低ければ低いほど攻撃力が上昇する。純粋に効果量が高いほか、攻刃などと別枠(乗算)される関係であるため、恩恵が大きい。

TIPS:『渾身』
武器スキルのひとつである『○○の渾身』のこと。背水とは逆に残りHPが多ければ多いほど攻撃力が上昇する。こちらも攻刃などと別枠(乗算)される関係であるため、恩恵が大きい。

TIPS:『技巧』
武器スキルのひとつである『○○の技巧』のこと。弱点属性でダメージを突いた時に一定確率でダメージが上昇する「クリティカル」が発動する。複数本装備した場合、1つずつに発生判定があり、同時に発動する場合もある。

TIPS:『暴君』
武器スキルのひとつである『○○の暴君』のこと。攻撃力が上昇する代わりに最大HPが減少する。攻撃力の上昇値は攻刃(大)と同等。他に優秀な第二スキルを持つ武器に攻刃の代わりとして設定されている場合が多い。

二手/三手

エリクトニオス【槍/アテナ】
暴君+三手
HP減少のデメリットはあるものの、PTの連撃率を大きく上昇させられる三手武器。連撃を確保したいならHPやオメガ武器などの兼ね合いを考慮しつつ1~2本編成したい。
ベネディーア【銃/レジェフェス】
攻刃III+克己(技巧/二手)
アテナ槍との選択で連撃枠の候補となる武器。アテナ槍と比べてTA率は上昇しないが、HP減少の心配がない点と攻刃III+技巧により火力面で上回る点が魅力。

オメガ(二手/三手)

オメガ武器(スキル闘争)【特殊武器強化】
PTの得意武器を揃える必要はあるが、スキルを闘争に変更することで1本で20%のDA/TA率を稼げる優秀な連撃武器として運用できる。
第2スキルは渾身や背水で高火力を出しやすいため、通常上限UPがオススメ。

背水枠

エッケザックス【剣/フラム=グラス】
攻刃(中)+技巧(中)+背水(小)
武器攻撃力は低いため素の火力は下がるが、スキルが優秀なのでダメージの期待値は高い。クリフィンとは明確な火力差があるものの、こちらは無課金武器としてある程度はクリフィンが足りない場合の代用として機能する。エッケ染めの編成では4~5本。
クリムゾンフィンガー
【格闘/サプチケ・ムーン交換】
攻刃II/背水(中)
ムーン/サプチケ交換で入手できる”キャラなし武器”の1つで、攻刃II+背水という優秀なスキル構成を持つ。編成本数は背水特化編成の場合最大4~5本で、イクサバと同時に組み込む渾身/背水両立編成の場合は2~3本。
コロッサスブレードマグナ【刀/マグナ】
方陣背水II
攻枠を持たず背水大のみというスキル構成のマグナ武器。スキルは方陣枠なのでアグニスの加護は受けられないが、水着ゾーイを使用時などの極端な背水状態を想定するなら1~2本まで編成候補になる。

渾身枠

イクサバ
【刀/グランデフェス】
攻刃III/渾身(中)
攻刃IIIに加えてHPが多いほど別枠で攻撃力を上昇させる強力なスキル「渾身」を持つ。渾身/背水両立軸を組む場合、理想本数としては最大4~5本まで編成に入るが、作成難易度は非常に高い。
また4凸後は自身に攻撃大幅UP(1回)という強力な奥義効果を持つため、ジョブは限られるもののメイン武器としても活躍できる。

通常枠

ファイア・オブ・プロメテウス【杖/プロメテウス】
攻刃(大)+攻刃(中)+二手(中)
2つの攻刃と二手(中)という強力なスキルを持つ武器。毎ターン全体のHPが減るというスキルを併せ持つが、それを活かして背水編成に組み込むのが主な運用法となる。編成本数は背水運用なら1本程度、超短期戦想定なら強力なW攻刃目的で複数本編成候補となる。
梵天添甲【格闘/レジェンドガチャ】
攻刃大+先制の炎刃
攻刃大に加えて、開始8ターン限定で発動する攻刃スキルを持つ武器。先制に加護は乗らないが、8T間は攻刃IIIよりも攻刃量が高いため、8ターン以内の戦闘なら優秀な通常攻刃枠として活躍する。ただし先制スキルは2本目以降の恩恵を得られないため、編成本数は1本。
パラスの剣【剣/アテナ】
攻刃大+守護中
最終解放まで強化でき、第二スキルでHPを補える武器。アテナ槍のデメリットを抑えるなど、HPを確保したい場面において有効で用意したいHP量に応じて編成される枠。
バルムンク【剣/救国の忠騎士】
守護(大)/背水(小)
こちらもパラスの剣と同様HPを補える武器だが、HP補正が大きい代わりに攻刃がなく、背水(小)になっている。HP量と背水を重視する場合はパラスの剣よりこちら。
イフリートハルベルト【槍/イフリート討滅戦】
攻刃(大)/技巧(小)
討滅戦で入手できる『攻刃+技巧』ではあるが、技巧は小なので発動率は低め。「編成枠が空いていれば」という武器だが、最終解放や集める手間などを考えるとメイン武器として1本確保しておく程度でOK。
朱雀光剣【刀/四象降臨】
攻刃II
入手が簡単な攻刃IIであり、イベント入手の中では攻撃力もかなり高め。編成枠が余っていれば入れておいてOK。
朱雀光剣・王【刀/四象降臨】
攻刃II/守護(小)
朱雀光剣にスキル「王」を追加した武器。武器枠が厳しいので基本的には不要だが、HP確保手段としてはアテナ剣との選択肢となる。
朱雀翼弦【楽器/四象降臨】
呪印・弐/攻刃(大)[
2番目のキャラのHPが5%ずつ減少する代わりに、攻刃1個分の補正が乗るという武器。HPを自ら減らせるという点がスキル『背水』と相性が良く、中でも『自身のHP量に応じて背水を付与』のサポアビを持つザルハメリナなどに効果的。

方陣/EX枠

灼滅天の刃鎌【斧/ゼノイフ撃滅戦】
EX攻刃(特大)/灼滅の赤爪(※真化時)
別枠のEX攻刃枠であり、扱いは方陣と同じだが、効果量が(特大)と高いため方陣枠より優先される。イフ刀の方が若干ATKが高いため、編成内のEX枠としてイフ刀が優先だがメイン武器として非常の優秀なので最低でも1本は必ず確保しておきたい武器。編成本数は刀/斧合わせて1~2本
極マリシ烈火ノ太刀【刀/ゼノイフ撃滅戦】
EX攻刃(特大)/灼滅天の憤怒
ゼノイフ斧と同じくEX攻刃特大持ちの刀武器。斧と合わせて1~2本編成に組み込みたい武器で、EX枠としてはイフ斧より優先度が高い。グローリーなど刀ジョブの場合はメイン起用も選択肢となる。
ブラックアックス【斧/モバマスコラボ】
EX攻刃(大)
別枠のUNK攻刃枠であり、扱いは方陣と同じ。イフ斧が無い場合で方陣/UNKどちらか1本という状況ではコロ杖よりも優先される。スキル枠は違うが、どちらかというとオールドエッケザックスとの選択枠。
オールドエッケザックス【剣/フラム=グラス】
方陣攻刃(中)+方陣技巧(中)+方陣背水(小)
エッケザックスの方陣バージョンで、コロ杖と比べると素の攻撃が低く、方陣攻刃の%も劣る代わりに、技巧に加えて別枠の背水が乗るという利点がある。通常のエッケザックスと同じくHPが高いという特徴を備えている点も注目したい。
(※スキルは厳密には『方陣刹那』であり、通常技巧とは違う挙動をするが、影響はほとんどないので割愛。)
コロッサスケーンマグナ【杖/マグナ】
方陣攻刃II
通常攻刃とは別枠となる方陣枠であり、全体のスキル倍率を高めるために編成される武器。オールドエッケザックスと比較するとHPや敵の属性によってパフォーマンスが変わらないのが長所だが、ブラックアックスの方が攻撃力が高いため、編成に入るのは方陣1+UNK1かつオールドエッケザックスを使わない時のみ。

天司/上限

ソード・オブ・ミカエル【剣/特殊武器強化】
ミカエルの祝福II/神威(小)
火属性のセラフィックウェポンで、対有利属性においては必須級の最終ダメージを1.2倍するという脅威のスキル『ミカエルの祝福II』を持っている。また通常神威(小)には守護(小)が内蔵されているため守護武器として扱うこともでき、アテナ槍のデメリットの緩和になる。
朱雀光剣・邪【刀/四象降臨】
攻刃II/南朱の真髄
朱雀光剣にスキル「邪」を追加した武器。火属性キャラのダメージ上限を最大7%上昇するスキルを持つため、上限付近のダメージを出せる編成であれば組み込む価値あり。

アグニスの入手法

レジェンドガチャで入手
(※サプチケ交換不可)

グラブルの他の攻略記事はこちら

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 2018年9月バランス調整キャラまとめ
    2018年9月バランス調整キャラまとめ
    1
  2. SSRキャラ評価一覧
    SSRキャラ評価一覧
    2
  3. グラブル速報/最新ニュースまとめ
    グラブル速報/最新ニュースまとめ
    3
  4. 光ゾーイ(SSR)の評価/9月バランス調整内容
    光ゾーイ(SSR)の評価/9月バランス調整内容
    4
  5. ベアトリクスの評価/9月バランス調整内容
    ベアトリクスの評価/9月バランス調整内容
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


あなたのアグニス編成

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

開催中のイベント/直近のガチャ

グランデフェス(9/16~9/19)

四象降臨(9/16~9/22)

これグラ2018年9月号

Z.O.E (ANUBIS)コラボ(8/24~9/25)

グラブルクイズ

パンデモニウム最終階層攻略

アーカルムの転世

開催中のキャンペーン

リンクス交換チケット

キャラクター評価一覧

レアリティ別

属性別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
3
攻略トップへ