グラブル
グラブル攻略 | グランブルーファンタジーwiki
ティターンの評価/使い方と装備編成

【グラブル】ティターンの評価/使い方と装備編成【グランブルーファンタジー】

最終更新 :
グラブル攻略からのお知らせ
【News更新】新クリスマスキャラ「マリー」「フィーナ」登場!

ティターンの性能と評価、使い道を掲載。ティターン編成における重要な装備なども掲載しています。ティターンを運用する際の参考にしてください。

目次

理想編成の関連記事はこちら

ティターンの性能と評価

※攻略記事へのご意見、ご指摘はこちら

ティターンのステータス

レアリティ属性ATKHP
SSR1940920

ティターンの性能

オレンジ色表記は最大解放、紫色表記が最終解放時の性能を表しています。

召喚『ティタノマキア』
敵全体に土属性ダメージ(特大)
HPが0になるダメージを耐える(※最大HP25%以上の時)
召喚までの間隔:9ターン
加護効果
スキル:土/大地/地裂/黄星の効果が80%UP
(最大時:効果120%)

ティターンの評価・使い道

1:労力はかかるが専用の編成を組めれば強力

加護効果で「土/大地/地裂/黄星(通常枠)」の武器スキルを強化する『神石』。専用の編成を組むことで、要求されるハードルは高いが、マグナ編成よりも強力な編成を作ることができる。


2:マグナ編成を上回るまでが長い

ティターン編成の連続攻撃UPを担う重要な武器『マイムールヴィジョン』は、強力ではあるが最大HPが減るデメリットがあるため本数が増やしづらい。その分『二手』が少ないので、ダメージ期待値が上がりづらく、他属性よりマグナ編成を上回るまでの労力がかかる。


3:召喚効果も実は優秀

ティターンの召喚効果は、HPが25%以上であれば即死級のダメージを受けてもHPが1で止まるというもの。優先してサブ召喚石に編成するような効果ではないが、強力な特殊技に対してダメージカットなどが用意できない時、召喚しておくことで全滅を免れることができる。

ライターAちなみに非常に限定的ではありますが、HP1で止まることを利用して強力な特殊技に合わせ、背水のトリガーにするという運用も存在します。その後の維持がだいぶ大変ではありますが、六崩拳(全体カウンター付与)などとの相性が良く、敵ブレイク直前などにこれを行うことで背水PTでは爆発的な火力を得ることができます。
実際に運用できる場所は、最初にも言ったようにめちゃくちゃ限定的ですけど…。

ティターン編成の装備内訳とオススメ武器

武器編成例

メイン武器枠
二手/三手背水枠背水枠
SLv10SLv10SLv10
背水枠背水枠技巧枠
SLv10SLv10SLv15
上限EX枠天司
SLv15SLv15SLv10

武器の必要本数

通常
攻刃
バハ
武器
方陣
攻刃
アンノウン天司
7~8本0本0~1本1本1本

ティターン編成で重要な装備

二手

マイムールヴィジョン【銃/バアル】
攻刃(大)/HP-10%/二手(中)/技巧(中)
土属性キャラのDA率+クリティカル率を上げる強力な武器だが、HPが10%減少するデメリットが厳しい。この武器を入れた分だけ守護でHPを補う必要があるため、本数は2本から、多くても4本まで。

背水/技巧枠

ソロモンドライブ【斧/バアル】
攻刃(大)/背水(小)
HPが減るほど攻撃力が上がる『背水』を第二スキルに持った武器で、アイル、サラーサといった背水系アタッカーとの相性が非常に良い。ティターン編成では、空いた枠には基本的にこの武器を入れることになる。
ストラトゥムバンカー【銃/ガチャ】
背水(大)/攻刃(小)
土SSRであるユーステスの解放武器で、ソロモンドライブをより背水に特化させたような性能。ソロモンドライブとの入れ替え枠で、比較するとHP最大時の攻撃力が下がる代わりに、HPが減った際の攻撃UPがより強力になる。背水を重視するならこちら。
アッキヌフォート【弓/サプチケ・ムーン交換】
攻刃II/技巧(中)
通称”キャラなし武器”。Lv120以上で技巧(中)を得るため、水属性の敵に対してダメージ期待値を大きく上昇させることができる。キャラなし武器を1から作成するなら、パラシュかこの武器がオススメ。
白虎咆拳・王【格闘/四象降臨】
攻刃II/技巧(中)
白虎咆拳にスキル「王」を追加した武器。攻刃II+技巧中なので、ステータスは劣るがアッキヌフォートの互換として活用できる。

通常枠

裁きの鳴雷【銃/ウォフマナフ討滅戦】
攻刃(大)/守護(小)
入手しやすい守護付きの攻刃であり、マイムールヴィジョンの本数に応じて、HP減少のデメリットを打ち消せる本数を編成していく武器。最大HP量は好みによる部分が大きいが、ウリエル武器と合わせてマイムールの本数-1を用意できると良い。
パラシュ【斧/サプチケ・ムーン交換】
守護II/攻刃(中)
通称"キャラなし武器"。Lv120で取得する攻刃は中と控えめだが、守護IIという非常に珍しいスキルを持つ武器であり、1本で暴君のデメリットをほぼ完全に改善することができる。
カルンウェナン【短剣/サプチケ・ムーン交換】
守護II/攻刃(中)
こちらもパラシュと同じスキルを持つ”キャラなし武器”であり、マイムールのデメリットを打ち消すことができる。パラシュとの差はほとんどないが、最大攻撃力の差でパラシュが優先されやすい。
白虎咆拳【格闘/四象降臨】
攻刃II
無課金でも入手できる攻刃II。攻撃力は低めなのでそれほど強力ではないが、枠が余っていたら編成候補。

EX/方陣枠

裁考天の鳴弦【琴/ゼノウォフマナフ撃滅戦】
EX攻刃(特大)/裁考天の教理(※真化時)
別枠のUNK攻刃枠であり、扱いは方陣と同じだが、効果量が(特大)と高い為、方陣枠よりは優先される。真化の場合はメイン武器としても有用だが、奥義効果に全体回復がある為、背水編成との相性は良くない。メインサブどちらの運用でも1本は編成に入る。
マルメテルハンマー【斧/モバマスコラボ】
EX攻刃(大)
別枠の攻刃のため、扱いは方陣と同じ。ウォフ琴未所持時の選択肢の一つ。ユグ剣とどちらか1本で良いという人も居れば、両方入れる人も居る。好みによる部分が大きいが、武器枠が余っているかどうかを考えるのが良い。
世界樹の晶剣マグナ【剣/マグナ】
方陣攻刃II
方陣枠で、通常攻刃と別枠で計算される。ウォフ琴未所持時の選択肢の一つ。マルメテルハンマーと比較すると、ATKはこちらが上回るため、どちらか1本ならこちらを推奨。

天司/上限

グローブ・オブ・ウリエル
【格闘/特殊武器強化】
ウリエルの祝福II/神威(小)
土属性のセラフィックウェポンで、対有利属性で最終ダメージを1.2倍にする強力な『ウリエルの祝福II』を持っているうえに、神威によって守護(小)を内蔵しているため、マイムールヴィジョンのデメリットを補完できるという優秀さ。対水属性なら必須級の武器。
白虎咆拳・邪【格闘/四象降臨】
攻刃II/西白の真髄
白虎咆拳にスキル「邪」を追加した武器。土キャラのダメージ上限を最大7%上昇するスキルを持つため、上限付近のダメージを出せる編成では組み込む価値あり。
宝剣アンダリス【剣/ガチャ】
攻刃(大)/賢者の加護
Lv120で邪と同じ効果量のダメージ上限UPが追加。白虎邪に比べて攻刃では劣るが、Lv150ならATKの差でこちらが優先される。また重複するため同時運用も可能。

簡単な武器割合の一例

マイムールヴィジョンの本数別の、簡単な武器割合の一例。背水を活かすためにもHPはある程度確保しておきたいので、マイムールヴィジョンを増やすごとに『守護』付きの武器も増えていくことになる。

マイムール
ヴィジョン
守護背水方陣
UNK
天司メイン
204~51~211
13~41~211
312~31~211
411~21~211
20~11~211
ライターAティターン編成で一番好みが分かれるのは『マイムールヴィジョンを何本入れるか』というところでしょう。マイムールは二手なので限界まで積みたいところなのですが、スキルに暴君がついている影響で守護で補う必要があり、簡単に言えば『マイムールを1本増やすと守護も増えるので、1本分の恩恵を得るために武器枠を2個埋めてしまう』ということです。かといって入れないのは強力な武器を手放すことになるので、どこでバランスを取るか、ということになります。
セラフィック後の個人的な結論としては「マイムール2本、守護をウリエル拳に任せて背水に寄せる」ということになりましたが、戦う相手、短期戦/長期戦、使うキャラにもよります。私は守護を削りましたが、守護でHPを盛ると背水が効きやすいという利点もありますね。
ちなみに武器を集める方法はひたすら召喚マルチのバアルを周回するだけ。武勲で交換しても良いですが、ドロップする武器は両方とも使うのでどちらかに偏るまでは周回がオススメです。

他の武器編成の配分オススメはこちら

武器編成のオススメ配分/組み合わせ

ティターンの入手法

レジェンドガチャで入手

グラブルの他の攻略記事はこちら

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

あなたのティターン編成

十天を総べし者、時計塔のマリア
301455

【武器編成】
召喚:ティターン×ゴッドガード・ブローディア3凸
詳細は画像参照

【キャラ編成】
レスラー(ファイティングスピリット+他心陣+瞑想)
アイル
サラーサ(最終)
火ソシエ
オクトー(最終)orネモネ
エッセル

【解説】
・対非有利
画像は対非有利戦を想定したもの
よって技巧や天司は除外
背水を最大限重視するため、ユグ弓を採用

回ればハデスをも上回る火力を叩き出せることも
そのため通常フラムやHLでの火力役に向く

HLの場合はリヴァイヴを積む
このときサブは2人とも外しておくのもよい
背水維持の事故が起きた際、速やかにスタメンを復活させることが可能となる

・対有利
火ソシエが加速を補うため、マイムールは不要
ソロモンとユグ弓を抜き、ウリエル拳、および白虎拳王を追加するとよい

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

GameWithからのお知らせ

攻略情報

開催中のイベント/直近のガチャ

12月バランス調整 (12/21)

新クリスマスキャラ実装(12/15~)

新実装ジョブ

クリスマスイベント(12/15~25)

サプチケ販売期間 (12/8~12/15)

進撃の巨人コラボ(12/8~)

アーカルムの転世(11/29~)

開催中のキャンペーン

グラブルフェス2017

リンクス交換チケット

キャラクター評価一覧

レアリティ別

属性別

種族別

得意武器別

ジョブ関連

その他一覧

グラブルの武器関連

武器総合

武器種一覧

テンプレパーティ一覧

グラブルの召喚石関連

トレジャー関連

アイテム(トレジャー)

ショップ/トレジャー交換

グラブル初心者向け記事

初心者指南記事

攻略情報

クエスト攻略

古戦場/十天衆情報

グラブル最新情報

イベント攻略/関連記事

ガチャ情報

新情報・アップデート情報

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中